俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』(121218)
こんな本出てたらほっておけないー

『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』
阿久津 聡 (著), 谷内 宏行 (著), 金田 育子 (著), 鷲尾 恒平 (著), 野中 郁次郎 (監修, その他)
2012年

ざっと見ただけですが、
これは要は、最近の日本の消費行動が、今まで個人の好きなものを単に買うだけーの個人消費から、
もっと誰かを巻き込んだプロセスを含めたものを求める消費に変っている、ということらしい。
例としてAKB45から初音ミクからB-1グランプリから、いくつか出てました。以下メモ的に内容をば。


●p.12 B-1グランプリのこと
「仕掛ける側も仕掛けられた側も「和となって参加する」という構造。
…つまり出展者も参加者も、一体感があり、お祭りみたい。
従来の消費者・生産者が市場で単に交換を行うという、無機質な関係性以上のものがある、という感じ。


●p.54 「欲望のカタチのパラダイムシフト」が起きているとのこと。
欲望の形として、
①「育て愛」・・・「未完成なものを、より完成なものにするプロセスを味わいたい」(p.53) 
(例:AKBとかだっけ?応援しながら、消費する。バーチャル上のキャラクターを育てるゲームもはいるのかな。)

②「連帯愛」・・・「好きな人同士が好きな人同士で、「共に創造・育成・消費することで得られる一体感」を味わいたいと願う欲望のカタチ」
(例:忘れましたが、同好会的なので集まってイベントやって飲む、一連の消費、たしか。)


●口絵カラーの解説
「いきなりの消費より和の共創費を狙う」
…ようは、上記に述べたように、いろんな人とつながりながらのプロセスも含めた消費を最近の人はもとめてるし、
これからビジネスやるひとは狙い目だということ。
つづきを表示
スポンサーサイト

TrackBack0 Comment0 page top


モース『贈与論』
マルセル・モース『贈与論』

単に、「昔の○○島では、貝でできたネックレスの、こんなしくみの贈与のしくみがあってね~」

という、話ではナイ。

確かに、各地域の詳細な贈与ネットワークの記述が長くって、運悪くそこだけちらっと読んだ人は、そう思うかもしれませんが。。。

でも、ちょこちょこ、訴えてくる。

そして第4章で、たたみかける感じです。

モースがこれを書いた1920年代の、経済状況もしくは経済学の状況に対する、切なる訴えが聞こえてくる気がしました。
社会って、人々の関係って、そんなもんかい?・・・つまり、功利とか、個人の欲望とかだけで語れるもんかい?と。

つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top


日本NPO学会賞
日本NPO学会の学会賞が決まったらしいですね。

永田さんの『ローカル・ガバナンスと参加ーイギリスにおける市民主体の地域再生ー』は、非常に面白そうです!
最近は、NPOだとかサードセクターだとかをそれ単体で考えるのではなく、それらを含めてどのように社会をガバナンスしてゆくのか、という点が気になっているので、絶対読もうっと!

特にイギリスの事例をよく聞くのですが、具体的に草の根レベルの文化の違いみたいのも把握してないと、「イギリスはすごいね、日本はだめだね」の結論でおわってしまうので、ローカルな話を知れることを期待です。


五十嵐誠一先生は、学部の時授業取ってたーーーーー!!!!!!!おめでとうございます!!

つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top


いろいろ本。(120211)
随分ご無沙汰ですね~インプットに忙しくてアウトプットする気分でぜんぜんなかったのです。

でもちょっと、最近読んで紹介&自分でもメモしておきたい本について、書いてみましょうかね。
ざっと書いてみたら5冊分になりました。


『シュンペーター 企業家精神・新結合・創造的破壊とは何か』根井雅弘、2006、講談社学術文庫
難しい(←私にとって)経済理論のレポートで鬱々としていた時に、息抜きを兼ねて手に取った本。
この著者の、一般向けに書かれた本は、文体もゆったり語りかける感じなので、
ちょっと方の力を抜いてコーヒー飲みながら読みたくなるんです。
つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top


研究めも:協同組合の歴史を簡潔に知るには…(120107)
うむ。

杉本貴志先生の、
『社会連帯組織としての非営利・協同組織(協同組合)の再構築』(公募研究シリーズ⑰)(全労済協会、2011)

をやっと読んだ。薄めの研究報告書だけど今まで積読だった。
おもしろかった、そして助かった。

まず協同組合運動の伝統的な歴史(イギリスの動き)が、これでもかと簡潔に、中立的に書かれていて、助かった。一気に整理された。これは本書の確固たる問題意識に貫かれて、一本柱があるから、こうやって簡潔に、でも力強く書けるのだろうなぁ。

そして問題提起。協同組合は「組合員の為」といいつつ、自分達の組織で働いている労働者の労働条件はないがしろにしてきたこと。これはかなり以前(オウエン主義の流れをひいた初期協同組合運動が失敗に終わった後の、ロッチデール公正先駆者組合を発端とする)から協同組合が抱えていた「原罪」が根底にある根深い問題だということ。「格差」「非正規雇用」の問題が高まる中で、これに以下に対峙するのかを協同組合として考える事は今まで以上に重要になってきていること。

そして、1つの案として、(例えば生協で)「組合員の為に安くする」という発想を転換した上での「フェアトレード運動への取り組み」(消費者である組合員だけでなく、生産者も守るのだ!)という文脈。

つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。