俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


洋行がえり(笑)
だいーぶご無沙汰になってしまいました。
私はどうにか元気です。

実は先週まで,3週間ほど,海外にいました。
フランス(パリ)で社会的経済・連帯経済関係の実践家や研究者にインタビューしたり,

ベルギー(リエージュ)で開催された社会的企業関連の学会に出たり,
(※EMESのInternational Conference)

イタリア(ボローニャの近く)で開催された社会的経済関連のサマースクールに出たり,してました。
(※European Summer School on Social Ecocnomy)


この資金を獲得するのに4月以降のエネルギーを費やしたと思います(苦笑)
破産覚悟でしたが,どうにかこうにか,大学の研究助成金をいただけて,飛行機代・ホテル代の一部などを補助していただきました。感謝感激。。


色々と盛りだくさんすぎました。。
特にパリでは,あちらのある先生にお願いしてコーディネートしていただき,滞在期間ツメツメの日程で色んな人にアポをとってもらってインタビューしまくりました。

やぁっっと,「社会的経済」とか「連帯経済」とか,その意味・違いがわかってきました・・・
やはり現地にいって直接話してみないとわからない!!!!


ベルギーでの学会も楽し過ぎました。特に他の参加者との交流が!
同じ大学院生の友達もたくさんできましたー笑 お互い国は違うけど,「どんな先行研究使ってる?」とか意見交換したり,話せば悩みは同じだったり,なんだかおかしかったです。

イタリアのサマースクールは,また上記学会とはカラーがちがって,こちらもおもしろかった。
参加者には,私が修論でとりあげたEUでまさに働いている方々もいたので,こちらもまた色々と話を聞きました。

また私の研究内容について報告する機会も与えていただいて・・・こちらはぼうボロボロでめっちゃ大変でしたが(苦笑),みなさんに優しく励まされ,終わった途端にほっとしてご飯もモリモリ食べ,楽しかったです。


真面目な研究報告も,きちんと形になったらちゃんと紹介したいと思います。
とりあえず,以下,帰国後に書いたFacebookの投稿の転載です。

欧州はいった事あったけど,3週間というある程度まとまった期間滞在して,なおかつ基本単独行動で列車の予約から移動からホテルの人との交渉からやりながら,空気になじむ中で,見えてきたことがありました。
明確な研究成果の前に,まずはそういったことも大事な成果だったかな。


(※帰国後に大学で,ある知ってる先生にばったり会ったら,「おっ,洋行帰り!」と言われたのがおかしかったので,本文のタイトルにしてみました笑)

==

つづきを表示
スポンサーサイト


久々のながうたday
あーせっかく治りかけたのに頭ぐらぐら!大学後輩の長唄定期演奏会行ってしまったので(苦笑)病み上がりだったけど、行くと誓っていたので(←自分で勝手に)。
※Do you know Nagauta? It is one of the Japanese traditional music, singing with Shamisen(Japanese guiter). I was a member of Nagauta circle in my undergraduate days at Waseda University and went to that concert today.
It was like this :http://wnagaken.blog98.fc2.com/blog-date-201112.html

I was really looking forward to see my Kouhai’s (junior members’) growth and wanted to encourage them :)!!
つづきを表示


猛省!!@研究会
5月14日(土)

猛省したっ!

ゼミの先生が関わっている、研究会に参加。

しかし、他の先生方への挨拶とか、気づかいとか、なんか動きがわるかった。

疲れていたのは事実。

でも・・・研究者の卵として、社会人のつもりで頑張るつもりでいたのに、学生的な甘えが出てしまっていた。

NPOの世界で、ネットワーク広げるのにだいぶ動いたから、最近新たなネットワーク形成をする気になれていない、心のエネルギーが足りていないってのもある。

でも、前は前、今は今。

ネットワークを作って色々と教えていただくのは、重要なステップの1つで、そんなことして勉強できるという幸せな立場はきちんと生かして還元していかないといけないし、

目上の方を気遣うのは、人として当然だし、社会人となればそれができなかったら仕事にならん。



猛省したー。
次からまたがんばる。



でもよいことも。
質問しようとしていた方に、なかなか声かけられずにいて、今までの私なら若干あきらめて帰っていたかもしれないけど、ねばってねばってお話できた。

後日、なんて思っていても、次があるとは限らない。

今できる事を、確実に今やること。

これを再確認し、また心に刻んどこう。


最後に印象に残った話。

今日本で「社会的企業」といってイメージされるような、例えば駒崎さんのフローレンスみたいな社会的企業は、アメリカ型だけど、

協同組合がベースにような、ヨーロッパ型の社会的企業もある。これが私はまだ不勉強だが、知れば知るほどすごい。


私としては、ヨーロッパ型に関心アリ。アメリカ型も、もちろん応援しているけれど、今の社会経済システム内でいまいことやる方法をひねり出して、頑張っている感じ。


私はそもそもの、今の経済システムに疑問を持っているし少しずつ多様な経済を作ってゆきたいから、ヨーロッパ型を応援している。これは、例えば「雇う・雇われる」という関係性すらフラットにしてしまうような働き方だったり、市場原理だけに基づかない方法で経済を成立させ、上手くいっている。


また、ヨーロッパ型な社会的企業の形態と気づいていなくても、実際のNPOを見ていると、知らず知らずの内に似たような動きをしている団体もあるように見受けられる。


経済は、1つの原理で動いているのではない。
歴史・地域を見ていけば多様な形態あるのだと、もっといろんな人に知ってほしい。





ここんとこ日記(4月最終週)
書きたい事ありつつ書かずじまい~

携帯ピコピコは手が痛ぉなっていやなの~

軽く覚え書き。
22日(金)協同組合関連の研究会~先生に何の説明もなく連れて行かれた~(笑)楽しかった~ この研究会ベースで本を作るそう。みなさんの内に秘めたアツい想いを感じた。立場は違えど、色々アクションをおこしつつある人はほんまたくさんいるのぉ。 


23日(土)偲ぶ会~インターンを代表してちょろっとスピーチした~調子に乗って時間オーバーしたけど楽しかった~学生の立場でお話するのは私1人だったから、いかに学生的感覚で先生との思い出を皆さんとシェアするか、苦労した。

24日(日)アースディに行くはずやったのに行けなかった~~泣 天気めっちゃよかったー

25日(月)大学院総合オリエンテーション~教授達よりも司会の事務の方の方がよい事を言っていて面白かった~

前々から思っていたが、明治大学は事務の方の質がめっちゃよいと思う。
出願時に願書もらいに行ったら「頑張ってください」
4月に学生証もらいにゆけば(入学式なかったから個別にね)、「これから頑張ってください」
その他もろもろ対応が丁寧。

種々ガイダンスでも、「おれたちも頑張って皆さんサポートしますぜ!」という意気込みが伝わってくる。すごい嬉しい。種々お話していても見識の高さを感じる。

教員・事務職員、一丸となって大学を盛り上げているかんじ。早稲田に負けないぞってこともあるのかもだが…(笑)…いいなぁここ。


26日(火)研究科オリエン~授業履修マジどうしよう。。。どの授業をとるかって、うちの将来がかかった選択になる。1年分決める一発勝負なのか・・うう・・大学院は2年目はほぼ授業ないのが普通やからね。授業は来週からで、とりあえず出てみて、最終的に申請するのは来週末なんだけど。色々リサーチしつつ、学ぶべきことをクリアにしてゆく。私的には大体学びたいことはクリアなのだが、それに適した先生が必ずしも明治にいる訳ではない。また、私の思っている「学ぶべきこと」で本当によいのか、指導教官との相談も必要。

先輩にも話を聞いたり、先生方の著書を見てみたり。がしがし。

ってかめっちゃ忙しくなるやんって気がついた。。。大丈夫なんかな??

英語でやってくれる授業が少ないのが残念だな…。




あーあと、夜はNPO研究サロン~特定非営利活動推進法の成立過程について。おもしろかった。知らない事ばっか。


この日はとっても幸せな気分で眠れた。

というのはおそらく、1つ自分の苦手を克服した気がしたからだ。
議論の場でも、その後の飲み会でも、自分から積極的に話題をふれた!

飲み会とか特に、私はまわりの人を気にしすぎてしまって、大体聞き役に回って、言いたい事や聞き出したかった事を聞けずじまいになっていたんだよね。

人の話を聞く時も、1つ1つ消化してから先へ進もうとするので、消化しているうちに別の人の発言が重なって、自分の言いたい事言うチャンスがつかめなかったり。

でもこの日はなんだか、きちんと言えたなぁ。あまり考え込みすぎず、ぱっと思ったことを言ってしまうのがコツなにんやな!

私自身、話していても、「この人なんで今この話題ふるんだろー」って思う人はたくさんいるんだから、私も気にせず話せばよいのだ!と悟った。


また一方で、大学院生になったことで、なんとなく自分も一人前の仲間入りができた気がして、もしくは一人前にならねばならない気がして、遠慮せずいけた。もう、学会でも、臆することはないや。まぁ、学部の時から臆することなかったけど(笑)、それは「まだ学部生なのでわかりませんので教えてください!」という勢いだった。

でももう院生、研究者の卵…というには力量はまだまだだけど、意識だけはそのように持って、自覚をもって動こう。


27日(水)朝から、日本学術振興会特別研究員の申請オリエン~。これはドクターしか応募できないんだけど、いづれ私も応募する気でいるので、出てみる。競争率やばい。ドクターでの研究員は3割、ポスドクでは1割しか採用なし。しかし研究者を目指すなら、これを通過しないと。

きちんとアンテナ広げて、社会的意義のある研究をしてゆかないと。よもやするとタコツボ化。一方でアンテナ張りすぎてもうわべだけの知識で終わる。基礎学力をつける事も意識しつつ。気をつけないと。

全国の研究者志望の方たちとの競争。とはいえ自分の軸はぶれさせず、自分なりに必要と思われることを頑張るのみ。でも現実問題、競争もあるんだってことは意識。競争っていっても、まあ確かに採用数も予算も限られているかた起きる競争でもあるけれど、これは誰かをつぶすための競争ではなくて、研究者なんて目に見える生産物を作れるわけでもないのに、お金もらうんだから、それなりに意味のあることをしないといけない、甘いもんじゃないんだよ、ってことを、教えてくれるための競争な気がしている。


ただ誤解のないように言っておくと、私的に、研究者になることが目標ではない。自分なりにやるべきことを追求していった結果、現段階では研究者っていう選択肢がけっこうクリアにあるだけであって、今後研究者でない立場の方がよいなと思ったら、そっちに道をシフトするのみです。


29日(金・祝)
朝から大学行くぞと張り切った割にじゃっかん寝坊な朝。昼前には学校つけたから良しとしよう。無理しない無理しない・・・。

何気に、毎晩(できない時は、朝)やってる英語のレッスンが軌道に乗り始め、結構な課題量となっている。おぼえることがたっくさん。別に課題が与えられている訳ではないし、そんなに難しいわけでもないんだけど、ちょっとした知識の穴を1つずつ埋めてゆく作業。一気にやっても無理だから、毎日ちょっとずつ、復習を繰り返すという、受験生の鏡のようなレッスン受講法(笑)

いやあでも、本気でもっと話せるようになるなら、(早いうちに、海外から来た研究者と意思疎通ができるくらいにはならねば。。。)もっと頑張らないといけないんだろうけど……他の勉強も溜まっていて、うにゃうにゃです。

まじで、本気で勉強するとなると、バイトとかやってる時間とれない…奨学金はやく降臨決定してほしい…。


昼から夕方まで大学で勉強。夜は英語。そんなかんじ。

院生室、すばらしい。1人1人にロッカーが割り当てられるから、重い荷物を背負ってゆかずに済む。今日はインスタントコーヒーを持参して置いてきた。これからいちいち買わずにすむぞ(笑)


…あれ、まじで徒然書してしまった。まあいいか。とりあえず以上!





初・偲ぶ会
帰ったらすぐやる!!

〆切日を待たずに思い浮かんだらすぐやる!!


…今日の決意。


***********


今日は、SSCSインターンシップ奨励プログラムでお世話になった先生の偲ぶ会に行ってきた。

なんとその先生は、SSCSの提唱者ってだけでなく、元大学理事長。

大学関係者の方がたっくさん、またSSCS以外にも関わっていらしたNPOの方もいらした。



SSCSでの先生の印象と、大学関係者内での先生の印象が、まったく同じということが、なんだか可笑しく、なんだがうれしかった。



本当に、裏表のない方だったのだなー。

いっつも、あのニコニコとした笑顔、「楽しかったワ!」という口ぐせ、だったのだなー。



よくよく業績を伺うと、ほんとうにすごい。


専門は実験心理学だが、その専門にとらわれることなく、教育に力を注がれた。


なんでそうやって、人を育てることに夢中になられたのだろうか。

なんとなくわかるようで、それは想像でしかない。


でも間違いなく、確信できたのは、先生のお人柄、生き方だなぁ。


あと類い稀な能力。2時間半インタビューで人の話を聞いて、メモも録音もとらずに、あとで原稿にしっかり再現
できるなんてな。


これは、もって生まれた才能というよりは、先生はいつもひろーくふかーく関心のアンテナを立て続けていて、色々な事を関心を持って見聞きしてしていたから、そういうものを記憶する能力が伸びたのではないかなぁと思っている。

関心あることって覚えているものね。
そうだとしたら先生は、人間そのものに対してかなり深い関心を抱いていたのだろうな。


ある種、大学の学生や、私たちインターン生、のみならずすべての人が、「実験対象」に見えていたのかもしれない。
どうしたら目の前の人が、成長して、ニコニコして、幸せな人生を歩むようになるのかっていう実験。




…なんだかなぁ。もっと色々お話聞きたかったななぁ。
まあこういうことは、誰かが亡くなったらだれでも思うことなのだろうけど。


***********

偲ぶ会、お葬式とは違う、お別れの会って、初めて出た。

純粋に、楽しかったなぁ~!


先生の違う一面を知れて、先生を縁にして集まった方々と思い出を共有して。

こういう偲ぶ会って、「ポジティブな欠席裁判」なのかも(笑)
ネガティブにこきおろすんだったら最悪だけど(笑)



*************

まずは今、目の前にいる人を、しっかり大事にしたいと、思い直した一日でした。







Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。