俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽熱
ああ・・・やばい。

音楽熱、再燃中。

ちょっと静養で勉強から離れているその時に!早稲田祭で演奏&他の方々の演奏とかも聞いちゃったから、やーばーいー。


ぬあぁぁぁぁあっ、あぁぁ!なんかやりたい!弾きたい唄いたい!


私は別に、特別楽器ができるわけでもなく、歌(ないしは唄)が上手なわけじゃないですが、

ええそりゃもう自分で分かってるんですが、


なんだかねー自分のことしゃべるのが苦手な分なのか、音楽で発散したいものがいっぱい溜まってるんですよね。



あーーー。津軽三味線やっぱりやりたいなぁ。ある程度のレベルまでは弾けるようになってみたい。

津軽三味線が得意とする表現、長唄三味線が得意とする表現ってそれぞれあるから、自分の表現したいことに応じてどちらも使いこなせたらいいなぁと思う。


ギター(アコースティックギター)も、やっぱええなぁ。以前ちょこっと自己流でやっていたけれど、弦が切れて新しいの買ったつもりがなんか別の種類の買っちゃったみたいで、それから触ってない(笑)


ギターは、単体で細やかな表現ができるのがいいな。

長唄三味線は、曲によってはやっぱり複数人で弾かないと表現の豊かさ的に不十分な面があるけれど、その点ギターは弦が6本だし!より奥行きのある表現ができて、いいなーって思う。

弦に直接指が触れて奏でる音も好きだ。


あとねー、一度歌を習ってみたいんだよねー。長唄とは別に。

いわゆるボイトレってやつ。


・・・ボイトレってなんか恥ずかしい響きだなぁ。別に歌手目指しているわけじゃないですよ一応。


私ホント、声量は大きいんだけれど、音程がとれない・安定しないんよね。あと高い音が苦手。意外と音域狭い。


なーぜーか、長唄は学生レベルではそれなりに唄えるんだけどね。

なんやろ、まず長唄においては、

1、演劇的に唄ってごまかせるような曲をけっこうやっているから、うまいと勘違いされている。(ちなみに中学時代は演劇部w)うん、メロディラインとしての唄はそんなにうまくないけれど、日本語として伝わるように唄うとか、表現面ではかなり気をつかっている。

2、三味線のシンプルな音にあわせるから、なんとか音が取れる。ポップスみたいに抑揚激しくなくって音の動きがゆっくりやし!今計ったら、「さるほどに」っていう歌詞を、「さぁるぅほぉどぉぉ、にぃぃぃ~~」って15秒かけて唄ってた。それが長唄。

3、努力でカバー。
うん、ほぼこれ。とにかく自分の唄を録音して、音程ずれている部分は直して・・・っていうのの繰り返し。
先に述べたように、三味線のシンプルなメロディラインと長唄独特の音のとり方に慣れれば、なんとかそれで修正していける。たぶんポップスだと音が違っていると気づいていても追いつかない&歌うべき音が多すぎて修正してたら日が暮れる?かな。




ああっ、でもさぁ、この方法だと既存の長唄しか歌えないんだよ!なんかもう、自分で歌いたい曲を、自分で曲作ったりして、自由に歌えるようになりたいんだよねー。

そのためにもっと自由に声を操れるようになりたいんだー。だから今教わっているような長唄だけでなく色んな声の出し方を学んでみたい。


唄うだけじゃなくって演奏もしたいから、自分の表現にあった楽器を自由にならせるようになりたい。


私にとって楽器とか唄って、言語みたいなもんで、今はなんだか、伝えたいことがあるのに相手がブラジル人で、うわー私ブラジルの言葉わかんねーから伝えらんねーよー!!!っていうもどかしい感じです!


ああもう!


いろいろやりたい!!!!!




・・・・って音楽熱にスイッチはいると別のこと手につかなくなるから、ここ最近セーブしていたんだけど。
(長唄も、やり始めたら絶対夢中になるって分かっているから、今はセーブ気味)


あーやっちまったスイッチはいってしまった。


あ、明日は久しぶりのガチ長唄お稽古@先生宅だ。土ぐも唄を、三味線タテと一緒に見ていただいてきます。



先生のところで長唄をならってしまうと、そんじょそこらの唄には感動しなくなった。

別に排除しているつもりじゃないですよ。

ただ自分の中で、きちんと「ことば」を大事にしない唄い方は、好かんようになった。

ネットで色々見ていると、おるねんな。声はいい声して唄ってるんだけど唄い方テキトーで、自分の声の出るとこだけ気持ちよくうたっとるやろーみたいな。


相手に伝わっているのかお構いなしで、自分が気持ちよく唄えればいいや的な。


そういうのも、人によってはアリなのかもしれないけどね。


でも私はちょっとそういうのはごめんだな。


私も、自分の伝えたいことを表現したい・・・みたいな欲求はあるけれど、押しつけるかんじはやだな。





あっ、そうそう、書こうと思ってたこと。

先日友人に「古典芸能ってまず型を覚えて、そっから破壊するんやろー」っていわれて、うっかりうなずいてしまった。

でも、半分あっていてちょっと違う。


友人は、破壊の段階に至らない限り自分の表現なんかできなくってつまらない!っていう解釈だったようだが、


私は、長唄の表現がステキだから一生懸命マネしようと、お稽古しているかんじ。


自分の表現を追い求めてつんつん?してたら、型を覚えるなんてまどろっこしく思うかもしれないけれど、

昔の人の表現から「あっ私もそう思う」って共感したり、「ああそういう感じ方もあるんだ」って新たな視点を得られたりするのも、またいいもんだよ。



小説を読んで主人公の気持ちを疑似体験するように、自分にはない感情を長唄から逆に学んでそれを取り込んで唄ってゆくうちに、自分の感性が広がってきたかもなーって、振り返ればおもうなぁ。
スポンサーサイト


本日のネタ
今日、ウケてしまったことば。

「ハホンヨーーー」



!!!!!!!!!!!!

やべぇつぼだ!


今日、12月27日の演奏会に向け、長唄の下ざらい(リハーサル)があったのです。
3年生の学年曲で、「娘七種」という曲の唄タテを(突然)やらせていただくことになり、

今日は本番同様、お囃子さん(プロ!!)と合わせました。

「ハホンヨーーー」は、お囃子の掛け声です。

「イヤー」とか「ヨーイ」とかと一緒。

もちろん普通に掛け声として聞けば、ちょーかっこいいんだけど、

普通の会話のテンションで、「じゃあハホンヨーって言ったら唄入ってね」って言われたら、ウケた(笑)

しかもハホンヨーって言う担当の人がイケ面だった!!!!!

それだけ。うふふ、忙しくてもおかげで楽しい気分で眠れそうです。今日は寝るぞ。明日は夜中準備だから。お休み。


定演おわった!!!!
おわったおわった!!おわりました!!

長唄の定期演奏会☆

一安心ほっ!!

27日に演奏会&打ち上げ、今日28日は朝から会場撤収&次回の定演の曲の話し合い&バイト!!

でもまだ体疲れてない!充実した時間を過ごせたから元気元気!!

でもこれでやっと勉強にちょっとは集中できてしあわせっす(笑)
つづきを表示


長唄、だけじゃない!
またまた今日も、長唄関連のことで頭がいっぱいだったよー。

昨日、下ざらい(通し稽古、リハーサルみたいな)でした。

なんだかんだいって、全曲ちゃんと上手くなっているのが嬉しい。もちろん色々残念な部分はあるので、それは反省。でもここまでみんなでやって来れたことには幸せを感じます。

あ、でも昨日は、ちょっとだけ長唄以外のこともしたよ(笑)

早稲田の学生グループ、visible house projectの展示をちょろっと見てきました
つづきを表示


国立劇場で演奏!
6月1日、国立劇場で演奏しました・・・。

すんごいすんごいすんごいすんごかった!!!!

ジェットコースターなんかより全然緊張したけど、めちゃめちゃ楽しかった!!!!


たーのーしーかーったーー!!!
つづきを表示




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。