俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今やりたいと思っていること!
今とってもやりたいと思っていることを列挙します。
まだ構想が固まっていないのだけれど、ちょっとずつ動けたらいいな。
興味のある人がいたら連絡ください。

①勉強会
市民社会の形成だとか、NPO・NGOに公を担わせるだとかの議論を、ちょっと歴史的に、お固く見てみたい。

具体的には・・・
・今の市民社会という概念が形成される(まだ形成途中らしいけれど)までの道のりを追っていく。
・権力と市民の闘争の歴史を見る。
・人間は生きるために生産しなければならないけれど、生産に追われて人間らしい幸せを忘れるのももったいない。おそらくそのバランスの取り方に悩んでいるのは今の人だけでなく、昔の人も苦悩しただろうから、その昔の人の苦悩を覗き見してみる。

いったいどういった部分から見ていったら私の知識欲が満足するのか不明だけど、とにかく実際に動くだけでなく何か勉強会チックなことをしたい。

市民の力だNPOだって盛り上がっていて、私もその力を信じているけれど、過信して失敗しないためにも過去から学べることはあるはず。


できたら同年代の人と、対等な目線でアツク議論したい。
色々活動はしているけど知識はないって人は私と同じ境遇なので頑張ろう。
知識はあるけど実際に活動したことないっていう人には現場を体験してもらいたい。
そんでちょっとアドバイザーみたいな人にも入ってもらって…


とりあえずハーバーマスでも読めばいいのかなぁ…?
今たまたま手にとって読んでいる、『市民社会とグローバリゼーション 国家論へむけて』(伊藤述史 著)がすごくいい。こういった議論を一緒にしてくれる人募集中。またどうやって進めたらいいのかのアドバイスも大大大募集中。



②セルフプレゼン大会☆☆

セミナーなどで、人のプレゼンを聞くことはあっても、

自分のことを話せる場ってないじゃないですか!?

自分が今やりたいと思っていること、頑張っていること、こんな仲間ほしい!!とかとか、

自由にプレゼンし合える場があったら面白いと思う。


知り合いの知り合い程度に声をかけていけば、割と関心の近い人が集まるだろう。


特に、これも学生中心に声をかけてやっていきたい。

何か問題意識を持っても、それを表に出すチャンスがなくて、流れに任せて就職活動に突入・・・みたいになってしまう人、もったいないよ!!!!!

私も、アツイ仲間欲しいし、私のプレゼンもしたいしね。


一緒に実行委員やってくれる人募集しま~す。





③やっぱり現場が足りなくなる。
これはやりたいことというか反省・・・

いきたいなぁと思いつつも、なかなかいけていない現場型のNPO。

11月のインターンの報告会で、ある現場型NPOのスタッフさんからいただいた
「インターン生との交流を通して、現場との理解を深めていくことを望みます」
というコメントは、手帳にはさんで携帯しています。

自分のインターン先NPOはバリバリ中間支援なので、他の現場型のNPOに行っているインターンとの交流を通じて現場のことも忘れずしっかりねってことだろう。


今行きたいと思っているのは、
・ふじみ野国際交流センター(在日外国人支援)
・ぱれっと(障害者支援)
・TENOHASHI(ホームレス支援@池袋)

とりあえず年末年始にTENOHASHIには行こうと決めた。12月29日~1月3日までは毎日、越冬年越活動と称して活動するそうである。詳細:http://tenohasi.exblog.jp/

この時期は路上生活は特に辛いだろう&毎日やってくれるおかげで予定も合いそう…ということで行ってきます~。




っていうか最近インターンの仕事がたまっています。。。
もうちょっと、インターンの立場を生かす方向で考えたらラクにできるんかな。うーん。
スポンサーサイト


いつも思うんだけど 


『こんな時代だからねぇ~~』


って、どんな時代だよ。


テレビの街頭インタビューなどでこのセリフを聞くと、イラっとする。


こういうことをいっている人は、どんな時代になっても『こんな時代だから』というのだろう。



何この、諦めているカンジ、傷をなめあっているカンジ。


確かに本当に本当に大変で、もう諦めの境地に入らざるを得ない人、傷をなめあうことでしか(言葉が悪くて申し訳ないけど)自分を保てないくらい大変な人もいるのだろう。


でも、そうじゃない人もいると思う。
まるで挨拶のように、「こんな時代ですから」という人。


そのマイナスエネルギー、少なくともテレビに垂れ流してほしくない。
社会を諦めモードにしてほしくない。



『こんな時代』の中でも、自分なりの幸せを見つけることはできるし、
『こんな時代』を変えることだってできる。



学生の甘い考えだと思いますか?
でも学生だからこそ、マジで社会を変えようって突っ走ることができるし、それがもしかしたら本気で社会を変えることもあるかも知れないんですよ。



だからどうかどうかどうかどうかお願いです。

私達を閉塞感の中に閉じ込めないで。

アナタが『就職氷河期』だなんてテレビでもらそうもんなら、
純粋な学生は素直にあおられて、自分の可能性を伸ばす暇もなく就職活動へと突入してしまうんです。



だいたい、アナタ方はいったいどんな時代なら満足なんですか?



バブル期を経験したような人にとっては、今の時代はありあえないくらい大変なのかもしれないけど、

消費税導入と同時に生まれてきた私達の世代からしたら、生まれた時からこの「諦めムード」でしたから。

いったいどんな時代ならいいのか本当に教えてほしい。



なにも問題のない社会なんてないだろう。

不完全な人間が作り出す、不完全な社会なのだから。


だからコツコツと、試行錯誤してやっていくしかない。



何が正しいかはやってみないとわからない。

少なくともコツコツと何かをやろうとしている芽は育てていった方がいいと私は思う。


あの政策はここがダメとかなんとか、議論ばかりしていても始まらない。
パーフェクトな政策はない。
政治がかわればすべてよくなるなんて私は思わない。
っていうか政治とか規模の大きなものは、正直よくわからない。


って今、バカにした?
よくわかっていないのは私だけじゃないと思うよ。
アナタがわかっているというのなら、やって見せてください。



社会って不思議だね。
人間が作り出したのに、人間がコントロールできる域を超えている。
Aが変わるとBに波及効果がいってCにいって・・・

とか考えてみても、たぶん見落としがあったり予期せぬ事態になったり。



だから私は、あんまり大きなものは信じていない。
もちろん考え続けてはいるけれど。

考えながらも、自分ができる範囲でやってみるのが一番だと思う。


実際今、自分のできる範囲のことしかやっていないしできないけれど、
できる範囲をやることで確実に私の周りは変わり、私は幸せになったと思う。



しんろなやみちゅー
NPOや市民社会について研究したい気もするけれど、それだけじゃない。

その中にどっぷり浸かりたいわけではない。

もうちっと、広いんだよね。


もっと外に出たい。



最近はけっこう、自分の興味のありそうな研究をしている教授に会いに行ってお話していたいただく機会が多かった。

会う直前になって、何を聞くのか自分でもわからなくなって、帰りたくなるときもあるけど、

たいてい何かしら話し始めたらなんとかなる。

考える前に動いて、動きながら考えるっていうのが、最近身についたワザです。



それはそうと、最近涙もろい。

ちょっとしたことで泣く。

昨日はNHKの大河ドラマ総集編?をちょっと見ていて、なんだか人と人が触れ合うような部分で何度も泣いてしまった。(男の無骨な想い・・・みたいな??)

今日はちょっとある人に冷たくされて、何でか知らんけど涙が出てしまった。うーんなぜこんなちょっとしたことで???


まぁもともとドライアイだから嬉しいんだけど・・・・


社会哲学を学びたいのだ!!!!!!
学びたいのだ!!!


ええ、哲学とか、社会的な思想が歴史的にどう変遷していったのかとか。


市民社会やNPOの現場から何かを吸収しようとやってきたが、
現場から見えるものの理論付けだけでは物足りなくなってきた。

というかむなしくなってきた。


例えば、市民の力をもっとエンパワメントしたいと思ってきたが、

市民が力をつけすぎると、また権力構造が生まれ、上級市民と下級市民、のようにまたまた格差ができるのではないか。
生活レベルでの意見を主張する市民の一部が、生活を離れていってしまい、後の人が取り残される。

「権力を持つということは、それだけチャーミングなんだ。」ある教授がこんなことを言った。



人間は権力を持ったらどうなるか、どれくらいの時間をかけて・どんなプロセスで変わってしまうのか。
こういったことは、過去の人々の権力との闘争を追っていけば見えるものがあるだろう。
つづきを表示


ぬすみ聞き
たった今のぬすみ聞き。


「クリスマスどうすんの~?」




「シングルベルだよ~」



おもしろくない?


ちーん
時間に追われ………



歯磨きが手抜きだったのでしょう。




虫歯が出来た疑惑????


痛い。ウソだと言ってくれ~~


大学生っぽいです
12日に飯田橋会セミナーも無事に終わり、

ちょっとだけ一段落しました。(インターンの仕事が山積みになっていますが・・・・はぁ・・・・


早速、大学院進学を視野に勉強勉強の日々です。

まったく私は知らないことが多すぎる。

大学1,2年の時は、勉強したい気持ちはあれど空回りで、結局何も身につかなかった。(長唄は頑張った。)

悔やんでもしょうがないので、やるっきゃない。



進学先やら研究分野を決めるにも、世の中にどういった研究分野があるのかわからなかったら考えようがない。
また、ある研究を追うには、社会科学の基礎となっているような古典を読まなかったら理解できない。


そんなわけで今は、現時点で興味のある社会保障分野や、市民社会に関する論文を、研究手法の違いを意識しつつ読んだり、

社会科学の基礎になるっぽい?し、ゼミが経済系で親近感があるということで、経済史をじっくり学びなおしたりしています。


そういうことをしつつ、現場感覚も忘れちゃいけないんだよね。
バランスやね。




はて、間に合うのかしら?


本日のネタ
今日、ウケてしまったことば。

「ハホンヨーーー」



!!!!!!!!!!!!

やべぇつぼだ!


今日、12月27日の演奏会に向け、長唄の下ざらい(リハーサル)があったのです。
3年生の学年曲で、「娘七種」という曲の唄タテを(突然)やらせていただくことになり、

今日は本番同様、お囃子さん(プロ!!)と合わせました。

「ハホンヨーーー」は、お囃子の掛け声です。

「イヤー」とか「ヨーイ」とかと一緒。

もちろん普通に掛け声として聞けば、ちょーかっこいいんだけど、

普通の会話のテンションで、「じゃあハホンヨーって言ったら唄入ってね」って言われたら、ウケた(笑)

しかもハホンヨーって言う担当の人がイケ面だった!!!!!

それだけ。うふふ、忙しくてもおかげで楽しい気分で眠れそうです。今日は寝るぞ。明日は夜中準備だから。お休み。


福祉を歴史の流れから見る
ねむねむ。
こんばんは。
急遽決まった統計学のテストに向け、ここ3日間まじめにテキストに向き合って勉強しました。
受験時代以来の感覚。

あーーー目の前の問題をひたすら解くって、ほんと癒される

忙しくて心が折れそうで、うっかり山手線のホームから飛び降りてしまいそうになる時もありましたが、
(過労自殺する人の気持ちが、ほんのすこーしだけわかった気がする。)
このタイミングでテストを課してくれ、強制的に勉強の時間を作るはめになったのは、なんだか救いです。

私はやっぱり時々、何かいいことに向かって神様が導いてくれているような感覚になることがあります。



って題名と全く関係ない話を書いてしまった。
書こうと思っていた内容に移ると、

私、立教大学の授業で「福祉社会論」って言うのをとっていて、
そこで先日、「福祉」概念や「福祉国家」が生まれるまでの道のりを、歴史から勉強していったんですね。

ケインズがどうとか、大きい政府と小さい政府の攻防とか。



つづきを表示


【お知らせ】12/12 社会に貢献するシゴト!セミナー
さーさー、私がスタッフやっている団体、「社会貢献チーム「飯田橋会」」のセミナーが近づいてきました!

次回ゲストは、日本財団の若手職員!
日本財団ってナニ??って人、多いと思いますが、
非営利業界の中では超重要な役割を果たしている団体です。

そのお仕事が聞けるだけでも貴重なのですが、このセミナーはそれだけじゃぁない!

ゲストがこの道に至るまでをじっくり伺い、みなさんが一歩を踏み出すお手伝いをしますよ!!!

そして!次回12/12は…私の誕生日★しかも私がコーディネーターを努めさせていただきます
みんなきてきて~~

(以下転送大歓迎!)
━━■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■━━━━
         社会に貢献するシゴト!セミナー Season4
━━■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■━━━━

 ●自分スタイルで、いいんだ~社会を変える働き方~
 ●ここでしか聞けない。社会に貢献するシゴト!で働く人の本音
                HP→http://svnetwork.org/iidabashi/index.html

2008年1月開始以来、「社会に貢献するシゴト!」セミナーを11回開催し、
NPOなどで働く若手職員をゲストに招き、社会に貢献するシゴトに取り組む
若手ゲストに本音を語っていただき、過去のセミナー参加者は延べ200人超
となりました。

シーズン4 となる今回は、参加者同士で働くことについて考える、ワーク
ショップを行います(各回によって内容は若干異なります)。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■第12回 「動いたら、道ができた」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ゲスト】日本財団 (財団法人 日本船舶振興会)
公益・ボランティア支援グループ 公益チーム
枡方 瑞恵さん
【日 時】12月12日(土) 14:00-17:00
【場 所】日本財団ビル2階 第3・4会議室
       (東京都港区赤坂1-2-2)

【内 容】
 1.ゲストが語る“私のシゴト”
  ・団体概要
  ・職務内容
  ・今の仕事に至るまでの経緯
  ・やりがい、苦労 など
 2.ワークショップ
 3.懇親会(ゲストや他の参加者と交流するチャンスです!)

★セミナー終了後に、近くの居酒屋で裏交流会があるかも!?
 (もちろん、参加は任意です。参加費は別途必要です)

当日は、ゲスト自ら執筆した「私のキャリアシート」を、参加者に差し上げます!!
 ※過去のゲストのキャリアシートをご覧いただけます。
  ⇒http://svnetwork.org/iidabashi/sheet.html

【対 象】次のいずれかの方
     A.おおむね30歳以下で、「社会に貢献するシゴト!」に興味がある方
     B.企業のCSR担当、中間支援組織、NPOスタッフ(年齢不問)
【定 員】30名
【締切り】先着順。定員に達し次第締切
【参加費】1,000円


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ゲストプロフィール
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●枡方瑞恵(ますかたみずえ)さん
 いろいろなことを経験してみたくて、がむしゃらに走ってきた大学時代。
3年生の夏に出会った日本財団のインターンシップがきっかけで、
職員の社会変革への熱い思いに触れ、入会。現在2年目、社会の課題を解決しようと
働く現場の人と共に、より良い事業を作るために奮闘中。
趣味は旅、お酒、筋トレ。上智大学文学部卒。 

●所属団体:日本財団(財団法人日本船舶振興会)
 http://www.nippon-foundation.or.jp/
 競艇の売上を財源とする助成事業を通して、国内外の公益活動を推進。
その中で公益・ボランティア支援グループは、福祉車両の配備、郷土文化の継承、
チャリティイベントの推進、犯罪被害者支援などの、
地域を元気にする活動に対して資金援助および新たな事業プログラムの開発をしてい
る。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■「社会に貢献するシゴト!」セミナーって?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 社会貢献チーム「飯田橋会」が、2008年1月から継続して開いている
セミナー。NPOへの就職や、自分なりの方法で、「社会に貢献する」をシ
ゴトにしたい若者の応援を目的に開催している。
 ゲストは実際に社会に貢献するシゴトに関わっている若手。彼らのシ
ゴトや就職までの体験談を聞くだけでなく、質問やディスカッション、同じ
想いを持った他の参加者との交流もできます。

※就職斡旋や求人紹介はございません。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■お問合せ・申込
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お問合せ】job4@svnetwork.org (飯田橋会)
【お申し込み】http://citrus.candybox.to/svnetwork/postmail/postmail.php
 ※その他詳細に関してはホームページをご覧下さい
http://svnetwork.org/iidabashi/index.html

◆主催◆社会貢献チーム「飯田橋会」
◆事務局◆SVnet(ボランティアをする学生を支援するネットワーク)
◆協力◆日本財団



あっ
すみません更新してなくて!


とりあえず元気です!
前回の日記はなんだかうにゃうにゃ、沈んでましたが、今は若干前を向けてるかな。

只今私の中で、学生と関わろうウィーク!!を実施中です。こないだは早稲田のボラセン(なんか過去は色々あったらしいし、私のイメージするボラセンとは違ったけど、これはこれでいいんじゃないかと思った。)に行ったり、ある学生団体に話を聞きに行ったり。


あとはどういう訳か忙しすぎて、もう分刻みで色んなことこなしてて、大変だけど、まぁなんとか頑張ってるかな。


落ち着いたらまた更新します。




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。