俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寄付
面白かった話。

あるシンポジウムで聞いた。

「みんな、衝動買いしたり、洋服買ってみてやっぱ失敗だったな~というときだってあるのに、

寄付になると、たとえ500円でもとてつもなく慎重になりますよね~

もっと気軽に出してくれたらいいのにって思います。
目が肥えるまでは、そりゃぁ失敗もありますよ。」


確かに!!!
寄付って、大した金額でなくても、対価が見えないせいかめっちゃ慎重になる!


お金に信頼をゆだねらんないかんじ。


まぁ寄付したお金がいまいち有効に使われないくらいならまだしも、暴力団とかに渡って悪いことに使われるのはまずいと思うので、

寄付された側は最低限、どんなことに使ったかの情報開示はしなきゃだろうけどね。




信頼をのせて、楽しんでお金を出す。

たまに失敗しちゃっても、それは後の教訓に。

寄付行動って、もっと軽やかに楽しめて生活が豊かになるものなのかもね。
スポンサーサイト


久々に
昨夜、久々に、

足首をくじきました(笑)

しかも若干恥ずかしい理由で……

自業自得ですた(^_^;)


足のケガって、高校の新体操部引退して以来久しぶり。

思い出すなぁ、股関節ねんざ?して、いつもは20分のところ一時間かけて駅から家まで帰ったあの夜道(∋_∈)


久々に不自由です。家では弟の剣道の竹刀を杖にしてます(笑)大学の図書館いく予定ができなくなり、若干へこみ。

連休中に読みたい本&論文仕入れるつもりだったのにな~~


とはいえ、昨日よりだいぶ痛みはひいたので、午後には市内の図書館行って、ずっと読もうと思いつつ後回しにしてたアマルティア・センの著作と、偶然見つけたケインズに関する本(当時の社会環境や彼の生き方を踏まえつつ、思想を追うような…)を借りてきた。


なんだかなぁ、大学院試の勉強ばかりでも、息がつまってしまって。



とりあえず論文書ければいい、とある先生は言う。それも正しい。


その「とりあえず」の部分もおさえて進めつつ、もっと深いとこまで学びたいとい、しかし時間がない(かもしれない)という、ジレンマ。



思想や歴史を追いつつも、
今の現実に役立つ研究もしたい。


院試は確実に迫ってる。



どっから何を手をつけたらいいのかわかりません。




あ、最後にどうでもいいですが、

父がやっと携帯を買いました(^w^)




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。