俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CSOラーニングシンポジウム
9月18日(土)13:00~、新宿にある損保ジャパンの本社ビルで行われた、
「損保ジャパンCSOラーニング制度10周年記念シンポジウム」

に行ってきました。


概要はこちら
簡単に言えば、
私がこないだまで一年間NPOでインターンしていたのと同じように、

損保ジャパンによって設立された財団が運営する、NPO(ここではCSOと呼んでいる。)へのインターンシッププログラムです。

インターン先CSOは主に環境分野に限られていて、期間は8カ月間、一時間あたり800円の奨学金がもらえます。


(ちなみに私が参加していた、市民社会創造ファンドが運営するSSCSインターンシップ奨励プログラムは、インターン先の団体は分野がバラバラ、期間は1年間ないしは9カ月、一時間あたり700円の奨励金です。)


ふんふん、シンポジウム、勉強になりましたよー。

(内容はこれ。↓↓)
[1] 記念講演  IIHOE代表者 川北秀人氏
[2] 「CSOラーニング制度10周年記念誌」完成披露
[3] パネルディスカッション
   NPO法人環境文明21代表理事 加藤三郎氏
   NPO法人共存の森ネットワーク事務局長 吉野奈保子氏
   NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男氏
   NPO法人NPOコミュニケーション支援機構代表理事 加雅屋拓氏
   NPO法人地域の未来・志援センター 伊藤愛理氏


まず、川北さんの話を初めて聞きました。お名前はちょくちょく拝見していましたが。

統計データを用いながらの、典型的な?わかりやすく説得力のあるお話。

(いきなり話はそれますが、こういったデータを用いた話はわかりやすい半面、騙されやすいので、データをきちんと見抜く力を身につけたいと思う今日この頃。あ、今回の川北さんは疑ってないですが(笑))



特にインターンシップの意義の説明がおもしろかったですねー。なるほどこうすれば多くの人にわかってもらえるし現実的に広めることができるなーと思った。


正確には企業がNPOへのインターンを支援することの意義、という文脈での話だったのですが、以下のような説明がなされていました。

・参加する若者が成長する。(即戦力となるような力というか現場に触れて自ら業務を組み立てる力がつく=企業にとっても社会にとっても必要な人材)

・NPOも複数の団体をまとめてインターンの募集をすることで募集のコスト削減につながるし、有名企業のお墨付きということで信用アップ。
もちろんインターンが入ることでNPOもかわる。

・企業にとっても、企業のCSRを考えるときに、NPOへ直接資金助成をするよりも学生に奨学金を与えた方が全体としてのコストが安く済む(場合もある?)し、若者とNPO両方にとってもメリットがあってひいては社会全体にとってもよい効果を与える。

⇒つまり、企業がインターンシッププログラムを応援するというのは、費用対効果的にもとっても優秀な選択ということ!!




はぁ~なるほどね。

私の参加したSSCSの場合、財源が個人の篤志家からの寄付であったのもあって、財源提供元との関係性に目が行っていませんでした。

どうしてもインターンシップの意義を語るとき、「インターンシップで若者がこんな風に変わります!団体にとってもこんな素晴らしい効果があります!」みたいな語り方になっていたな。

(もちろん、実際どのように変わるのかの裏付けは必要だと思っていて、その為に調査プロジェクトを立ち上げたて実行中ですけどね!)

SSCSもいづれ新たな財源を獲得していかねばならないし、じっさい「大学とかに売り込めないかな~」とか考えていたので、この論法は使える。



もちろん、企業のCSR的に費用対効果が高く優秀な事業=インターンシッププログラム、とさらりと言える段階ではまだないと思う。

インターンシッププログラムを策定して実際にここまで運営してきた影には、それはもう立ち上げや運営面で大変な努力があったはず。


特に事務局。

インターンや受け入れ団体の個別の悩みを受け入れたり調整したり、インターンの学びの効果をより大きくする工夫をほどこす(または工夫をするように団体に促す)など、

インターンシッププログラムがうまく行くためのカギは「事務局」にあるんだろうと思う。(って、川北さんも確か同じようなこと言ってたし、私自身SSCSの事務局を担う団体でインターンしてましたからね~。)



また、川北さんの指摘で、「今までこのプログラムがうまくいっていたのは、参加するのが狭き門で、かなり目的意識の高い情熱をもった学生が多く参加していたからではないだろうか」とあった。たしかにそれはありそうー。


SSCSでも、途中でインターン辞めちゃった人何人かいますからね。
CSOラーニングでは、途中で参加辞退した人ってどれくらいの割合でいるんでしょうね?聞きそびれた。。。


インターンや団体への細やかなサポートを含め、事務局機能がもうすこし確立されたら、本当に「社会的波及効果がすばらしくって費用対効果も高い、企業の優秀社会貢献プログラム!」として、NPOへのインターン制度も広まりやすくなるんじゃないだろうか。


==================-

またもう一つ興味深いお話だったのは、

パネルディスカッションの方の、NPO法人地域の未来・志援センター 伊藤愛理さんのお話。

この方はCSOラーニング制度のOGで、その後NPOに就職したそうだ。
今回はOGとしてお話をしてくれた。


このCSOラーニング制度のモットー(?)は、

「木を植える人を育てたい」

素敵ですね。
直接植林にお金を出したり、木を植えるような環境系のNPOに直接資金を投入するのではなく、

将来的に木を植えてゆけるような人材を育てる。

別に環境系に限らず、将来何かを生み出してゆける人材を育てるということなんだろう。


しかし伊藤さんいわく「木を植える人が育つ土がない!」


CSOラーニングを卒業した仲間たちを見ていて、

社会貢献などに目覚めつつもまずは一般企業に就職して、企業内で社会貢献っぽいことがちょっとでも提案できたり、アフター5に何かできたりすればいいのだが、
実際は利益追求の空気の中で何もできない・忙殺されてプライベートでも中々活動できないという現状・・・

また、一般企業ではなく様々に活動する道を選んだ人も、
金銭的に苦しい・・・


といったジレンマを抱えた人が大勢いると指摘されていました。


つまり、「くらし(生活)」と「かせぎ(現金収入)」と「しごと(=つとめ)(社会にとって必要なこと)」とのバランスがとれていない、これらのバランスをとれる土壌が社会にない!ということだそうだ。


本当にそうですね・・・せっかくインターンを経て、「木を植える人になれる「種」」がいっぱい排出されても、それらが育つ土がないというのは・・・



(もちろん、そう簡単にうまくいかないというのも社会の現実なんだろうけど…)



そういった社会の現実を見据えつつ、包括的に取り組んでいかねばならないですね。


==================

そうそう、

先にインターンシッププログラムを大学に売り込めたらな~と考えていると書きましたが、

実際にETICの宮城さんが、大学と協働してインターンシッププログラムを実施する取り組みをしてるとおっしゃっていた。どこの大学とだったかぁ・・?
これはなんとかコンタクトをとりたい!

その後の懇親会出れればよかったんですが・・・関係者だけだったのにKさんのご厚意で飛び入りできそうな雰囲気だったんですが・・・その後用事があったので断念。(Kさんありがとうございました!&ごめんなさいでした!)


私はSSCS、今回は損保ジャパンのCSOラーニング、あとパナソニックもこないだまでインターンプログラムやってたし、他にもいくつかある。

これらの、NPOにおける長期インターンシップに参加した学生集めたら何が起こるんでしょうね~純粋に他のインターンプログラム参加者とも話してみたいなー

雰囲気やプログラムの違いとかも話したらおもしろそう。誰か紹介してくださーい。












スポンサーサイト


「知識はつねに感性の遅れをとる」
今日はなんとなく気分がいいので、
どうでもいい話2点と、ちょっとまじめにいいなと思った話1点を書きます。


【どうでもいい話①】
大阪ボランティア協会の発行している「Volo」っていう情報誌があるんですが、

その編集委員内?それとも大阪ボランティア協会全体?だったかわすれたけど、その人たちのメーリスに私のブログが紹介されたらしい(笑)

Voloは去年の3月から購読していて、その内容をほめちぎったブログの記事があるんですが、
それを偶然Voloの編集担当の方が発見して、メーリスに流したそうです。

たまたま編集委員の中に知り合いがいたので、「君のブログが流れてきたよ」と教えてもらい、知りました。

・・・めっちゃ恥ずかしかったーーー!!
いや、私の記事が編集委員の方々にエールを送ることにつながったのは、ほんとよかったんですが!


かなり気分が高揚している時に書いた文章で、テンション高すぎだし、
その記事、Voloのこと以外にも書いてあったしなぁ・・・
(問題の記事↓)
http://micchiyo.blog114.fc2.com/blog-entry-86.html


しかも購読料、今年の4月から滞納していて(爆)、こないだ大ボラ協のVolo担当の方(面識アリ(苦笑))から電話きちゃったし。。。
ほんとすんません。先日やっと払いましたから・・・。




【どうでもいい話②】

いつのころからか、日常をちょっと楽しくすることにハマっています。

日常をちょっと楽しくする方法の1つが、「事あるごとにピースをすること」

例えば、本を読んでいて時間になったから出かける準備しよ~って時とか、ご飯食べてお皿片付けて「あーおいしかったさて次あれやろ~♪」みたいな些細な時に、

おもむろに両手を胸の下あたりに控えめに掲げて、ピースサインをします。

いつからやってんのかなぁ?確実に今年の3月ごろからはクセになっていたと思う。



で!でですね!私が申し上げたいのはですね。

いつぞやの記事でファンです宣言しました向井理さん、出演している映画「ハナミズキ」で北見くんという戦場カメラマンを目指す学生(で、実際に戦場カメラマンになる)を演じているのですが、そのことに関してある雑誌にインタービュー記事が出ていて、

インタビュアー「北見を演じる上で気をつけたことは?」
向井さん「あくまで自然体で…(みたいな返事だったと思う)、でも北見っぽさを自分なりに考えて、自分であるクセをつけましたね。」

インタビュアー「そのクセっていうのは?」
向井さん「事あるごとにピースをするんです。映像には映っていないかもしれませんが、なんとなく北見っぽいかなぁと思って・・・」

(※文章の記憶はあいまいです)



おおお!!!!

たとえ役柄上のこととしても!

向井さんと私の発想似ているではないか~!!!


・・・とある日興奮したっていうお話でした。





【ちょっとまじめにいいなと思った話】
ここだけ読みたかった人、前置き長くってすみません。

ちょっと前になりますが、8月23日の日経新聞夕刊のあるコラムが、非常に気に入りました。

タイトルは「愛人生活」

・・待って!読むのをやめないで!!

著者は、山田登世子さんというフランス文学者だそうです。


内容は、
著者がパリに3週間ほど滞在した。ホテルのメイドともすっかり仲良くなった。

滞在した場所はパリでも裕福な場所で、すっかりマダム気分を味わっていた。


ある日、ホテルのメイドに冗談で、「私愛人が4人もいるのよ」と言う。


著者は冗談のつもりだったが、メイドは本気に受け取ってしまい、なんとも返事に困った顔をしてしまう。



その時そばにいた友人に後で、「愛人4人なんて冗談に決まっているのに、返事にこまっちゃっておかしいわねぇ~」というが、

友人はまじめな顔で、「いいえ、あなたのさっきの言い方、とても冗談には聞こえなかったわよ。メイドは本当にどう答えていいのかわからなかったのよ」


…そこで著者はハッとする。自分でも意識せぬ間に、優雅な街のマダム気分にすっかり染まっていたのだと。


後になってその街は、かつて高級娼婦が大勢住まっていた場所であったと知る。




ここで、
「知識はつねに感性の遅れをとる」

という本ブログ記事のタイトルの言葉が出てくるわけだ。

「私の感性はみごと16区(著者の滞在した場所)の歴史を肌でとらえていたのである」

ともある。



知識じゃなくって、感性でわかることも沢山あるのは知っていたが、

その感性はやっぱり信じてよいものなんだろうな、との「実感」を強めた。


感性で「これはおもしろいかも」と思い研究テーマにしてみようとちょっと調べると、実際問題まだ手がつけられていない新しい動きだったり、他の人も興味をもっていたりってことは、あった。

感性で、「これおかしいんじゃないか」って思うことが会って調べると、やっぱり法的におかしい部分があったり、他にもそのおかしさを追求している人がいたり。


また、少し話はそれるが、感性で「これいいかも」と飛び込んで、実際に良かったことは数知れず。




現場を歩いて、「これはおかしい」と思った感覚をベースに研究をしていけたらいいな、という今後の方向性に、

少し自身が持てた文章であった。


不安な時の過ごし方

不安な時、

何も手につかない時、


じっと耐えて時が経つのを待つ。



ただ何もしないのも不安だから、

いっそ寝るか、


テレビ見たり、

新聞読んだり、

本読んだりしつつ、

何事かを考える、ふりをする。




じっと耐えて、

時が過ぎて、


周囲の時の流れが自らの問題を解決してくれる時もあるし、

何も変わらない時もある。



どうなるかは時が経ってみないとわからない。


NPO勉強会記録1
関西報告すっとばして、

昨日行ったNPOの勉強会のまとめを書きます。

NPOの勉強会って言うのは、最近立ち上げたんですが、

NPOに関わっているor関心のある学生を募って、NPOに関する勉強したりしようぜ~っていう集団で、

今は、現在のNPO・市民活動が歴史的にどのように生まれてきたのかを探ることで、今のNPO・市民活動の社会的位置づけを明らかにしよう、というのを目標に勉強しています。


といいつつ、前回・前々回は顔合わせとテキストにする本選びなどで終わってしまったので、本格的なスタートは今回が初めてでした。

【日時】
9月9日19:00~20:45@東ボラ

【内容】
『ボランティアからひろがる公共空間』関嘉寛著、梓出版社、2008年3月発行
の「はじめに」1,2節(←ほんとは1章まで行く予定が、噛み砕いていったらここまでしかいかなかった)


【学んだこと】
※厳密な要約とかまとめじゃなくって、私が昨日勉強して、最も重要でなるほどと思った部分だけをまとめてあります。


「ボランティア」と呼ばれる人々の活動や、あるいはその集合体としての「NPO」という活動体は、

社会課題解決の為「だけ」に存在しているのではないということを改めて認識した。


本書のとおりでいえば、個々人の「生」のあり方を実現するための動きが、ボランティアやNPOの活動の源。


例えば、子育てに悩む母親のコミュニティづくりとかかな。

もちろんそのコミュニティから、子育て講習を行う為の運動に発展したりだとか、行政にさらなる子育て支援策を求めてゆくアドボカシー活動なることもあるけれど、


ことの発端はまず、自分たちの悩みを語り合える場所、同じ悩みを持った人に出会う場所、


すなわち自分の生きやすい場所を獲得する為に始まった動き、といえる。



目に見えやすい社会問題を解決する為に立ち上がって、実際に問題を解決しちゃったようなNPOがどうしても目立ってしまうし、

行政が「新しい公共」って言って注目しているようなNPOはそういったもの(つまり明確に社会課題解決に取り組んでいるNPO)だろう。

例えば、行政が担いきれなくたった福祉をNPOに担ってもらうとかね。



しかしながら本当にボランティア・NPOの始まりは、

個々人の「もっとこうだったら楽しいのにな…」や、「今身近に起こっている問題、なんかほっとけないなぁ」「毎日感じているもやもや・困っている事、解決できないかなぁ…」があって、なんとなく動き出した人が「ボランティア」って言われて、

だんだんと組織化されるとNPO(organization)ってなるのだろう。


阪神淡路大震災で多数のボランティアが集まったのは、明確に「人出が足りないからボランティアを募集している。ボランティアによる問題解決が求められているようだから、自分もいっちょいったるか」みたいなもんじゃなくって、

もっと単純に「なんとかしなきゃ!」「ほっとけない!」っていう思いからだったのでは。



ちなみに、このような「もっとこうだったらいいのに…」と感じてる人々の状態を、筆者は「疎外」と呼んでいる。

社会に対する不満・不足と言い換えてもいいかな。

つまり社会の中にいるのに、自分の満足が満たされていないということは、自分が自分のいやすい社会づくりから「阻害」されているということになるらしい。



これは、社会の近代化の中で、社会システムが効率化される一方で画一化され、個々人の細かなニーズが反映され得る社会ではなくなってしまったことや、

そもそも個々人が個々人のニーズを「感じてもいいのだ」という、価値観の変化なども根底にある。



つまり一昔前なら、人々の生活に関して政府が支配できる部分は少なく、それよりも地域コミュニティとしての社会が個人の生活に大きな影響を及ぼしていた。


地域コミュニティという小さい社会であれば、例えば高齢者の見守り活動とかわざわざNPOの活動として作らなくっても、「あのお家はおじいちゃんが一人で住んでいて心配だから、みんなで気をつけないとねぇ」と言う風に、
社会が個別ニーズに対応してゆくことが容易であった。要するに融通がきいた。


勿論一方で、障害を持った人は「恥ずかしい存在」として家の中に閉じ込められたり、「女性は○才になったら結婚するのが普通」という風に、暗黙のしがらみも多かったのだろうが。




しかし現代においては、地域コミュニティが崩壊して、政府による社会の支配が大きくなっている。

政府(とか、市場経済とか、なんか得体のしれない大きなもの)の用意してくれた社会の中では、個人の自由は広がった。
物質的豊かさとともに、価値観の変化で個人の自由を認める風潮が背景にある。

(例えば、市場経済の中にうまく溶け込んで自分でお金を稼げていれば、女性だって結婚しなくってOKとか)


その一方で、用意された社会はらはみ出るもの(「阻害」されているもの)に関しては、自分たちの手でどうにかしていかねばならなくなった。



しかも、どうにかするにしても、既に地域コミュニティ(自治体とか)などをベースとした人々の連帯は失われてしまいつつあったので、さあ大変!

個人、ないしは少数の「ボランティア」として、自分たちの居やすい社会をつくっていかねばならなくなったのだ。


ちなみにその「自分たちの居やすい社会を獲得する活動」ってのは、
・地域サークルみたいな小さな居場所づくり

もある。それは無理に活動拡大する必要がないかもしれないし、

もしかしてそもそもの社会構造的に、居場所が排除されているような状況だったら


・その社会構造を変える為のアドボカシー活動


等にも発展するかもしれない。


またもちろん、自分たちの居やすい社会を獲得する活動といっても、すべて当事者による活動(自助活動)というわけでなく、

困っている人をなんとかしたいな~と思っている人たちも「自分たち」に含まれる。



例えば、ホームレス支援の活動は、自分はホームレスじゃないけど活動する。

それは、単に困っている人をほっとけないという想いであったり、ホームレスという状態の人々を生み出してしまう社会へ当事者と同様に怒りを感じていたり…という背景があるからだろう。





・・・んー私の印象としてのまとめはこんな感じでしょうか。
今まとめた部分、ページ数としては11ページなんだけど、もともと著書の博士論文だったのを本にしたやつでぱっと読むとなんとなく理解したようなでもわからないような・・・という感じになったので、勉強会で噛み砕いてゆくとこうなった。私の理解では。



大事なのは、筆者がボランティアを「生のあり方を取り戻すため」に「決定に参加する」手段とみなしている部分でしょうか。


仰々しく社会課題解決を謳って活動するだけがボランティアじゃない、

個々人が生きやすい場所を獲得(筆者の言葉では、「生のあり方を取り戻す」)してゆく活動が、ボランティアなんだ。



で、この本の今後の議論の中では、なぜわざわざ「生を取り戻さなくてはならなくなったのか」といった社会的背景を述べてゆく中で、「なぜ今のボランティア(をする人々?活動?)が存在するのか」を見てゆく、という風になるんだと思います。

最終的には、そういった「生をとりもどす」ボランティアの存在が、従来の公共性の概念を変えてゆく・・・既に変えていっている・・・といったところを押さえてゆく、のかな。



【色々考えたこと】
・課題解決型のNPOが目立つ中で、目立たないけど大切な居場所づくりであったりつながり回復であったりの活動が見失われないように、NPOが発展してゆけばいい。NPOに何ができるとか、どんな団体がいい・悪いの議論に終始していると、ちょっと危険。

・課題解決型といっても、一緒の問題意識を抱えて連帯して活動することそれ自体が、その人の生の回復=居場所づくりという面もある。社会に「参加」することで得られる充足感って大事。結果的に行政がやった方が効率いいっていう場合でも、その辺を考慮するとどっちがいいのかよく考えないと。


=================
ちゃんとしたまとめは、勉強会メンバーは議事録でご確認を。

メンバーじゃない人も、ご連絡くだされば議事録送ります(この章のまとめは私担当じゃないけど笑)



ってか、メンバー大募集中です!!!!!今まだメンバー6人なので!!!!


こうやって書くと難しいことやってるふうに見えるかもしれませんが、難しい文章も実際にNPOの活動をやっているメンバーの実感に即して噛み砕いて、理解するように進めてゆくんで、全然わかりやすいと思います!!!


勉強会興味ある~とか、上記まとめ間違ってるよ~とかあれば、コメントお願いします。



小括

後ほど更新と言っておきながら放置すること3日(笑


放置してる理由をご説明いたしますと、


最近毎日ノルマを決めて勉強してまして、

その日のノルマを終えたらブログ書いたりネット見ることにしてるのですが、


毎日ノルマが終わらず負債が貯まってるからですねぇ(笑


ちなみにブログ書くのは気づくとめっちゃ時間経ってる事が多いので自制しとるんです。


明日こそ負債を片付け、更新するぞ!!



ちなみに今日は、久々に大学行って、ついでに部室行って1時間唄って、夜に飯田橋で勉強会でした。

なんかいきなり涼しくって、冷えた?あったかくして寝よ~


写真は、なんの脈絡もないのですが、福岡名物、ひよこ様…の、頭つぶれてますの図。


最後に宣伝だけすると、

・環境サークル「KOOGA」をよろしく!

・明治大学でやってる水俣展は、ぜひ見に行くべし!!


ほな。


なんと


神戸から飛行機で帰ろうとしたら、

搭乗予定だったスカイマークが欠航!!


あ~(一部の皆様の間で(笑))ウワサのスカイマーク、乗りたかったなぁ………。


ま、おかげで、

スカイマーク値段でANAに乗れますが。


で、予定より一時間、搭乗時間が遅くなったんで、


神戸空港の展望台から夜景を見、

夕御飯なんかゆっくり食べれてます。



1日歩きまわって、気付いたら腹ペコだったので、かなりがっつり食べてます(笑


夜景、ええよ~


一人なんが寂しいよ(笑



かんさい!

昨日、大阪で大学院受験を終え、

その日の夜に京都で友達と飲み、

泊まったゲストハウスで相部屋だった学生さんと今朝ちょびっと京都散歩して、

その後神戸に行って、友達と観光したりお知り合いのNPOの事務所にお邪魔したりしてます!



写真は、神戸の異人館のひとつ、風見鶏館です!!



詳細はあとで!!






Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。