俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NPOサロンめも(0628)
日本NPOセンター会議室にて、毎月開かれるNPO関係のアカデミックな議論の場、NPOサロン。

本日のテーマは「イギリス市民社会の政治的位置づけの変遷」

特にイギリスは、2010年5月に13年ぶりに保守党が自由民主党との連立で政権とって、ガラッと政策変わったから、そのあたり詳しく。

・市民社会いうても様々。イギリスでは、白人の上・中流階級が中心的アクター。彼らがいかに政治参加するか等。

日本だと、そういうのもあるけど、個人的にはもっと草の根の動きを想像する。
この前提を理解してないと議論が噛み合わない。

市民ってなんやろなぁ。固定化された概念ではなくその時々で変わるもんだろうから、自分の理解に固執せずよくよく現実を見て理解する努力を、し続けなきゃなぁ。

他、民主主義とは何か、ホームレスの定義はどうか、とかも議論に。キリスト教民主主義とかあるけど、民主主義概念は元々古代ギリシャで生まれたのだ等……。

・日本的ひきこもりはイギリスにはいない?……引きこもって世話する親がいないから。また若者も16歳までに、自分の将来(進学か否か。この選択は日本よりかなりシビアで、雲泥の差になる)を決めなきゃならない。ある意味、一市民として社会との接点が大きいから?


・中央の力が大きく、地方は追従。予算も中央次第。中央の予算変動が地方の変動を生み、サードセクターの予算変動に直結。(日本のサードセクターより、政府のパートナー?として、行政予算で仕事してるイメージ。)


・サードセクター(いろいろ組織の分類があるんだけど、正確にわからん…)の多様なサービス→消費者・受益者の「多様な選択肢」に成り下がっている。


などなどひとまずめもにゃん。

経済理論的に理解するために、色んな文化・社会的事情を一度すべて捨象して、非営利組織の行動原理をまず知りたいな。ステイクホルダーの関わり方で組織行動がいかに規定されるか、それを経済理論的にとらえると(とらえられるのか?経営学になるのか?をふくめ)どうなるか…気になる。
スポンサーサイト


めも0628
急場で調べないといけないことがあり、腰を据えてWikipediaサーフィン。


なかなか、幅広く見て今後調べてゆく「糸口」を見つけるにはよいね!!!全然知らなかったことや、なんとなく聞いたことあったことが意外なものに関連しているとわかったり。


日常のタスクに追われるだけじゃなくたまにはこういう時間もいいかもー


【お知らせ】7月1日震災ボラ報告会
久々の、情報提供です。

東北の被災地で4月から(たしか)ずーーとボランティアとして現地災害ボラセン等で活動し、
現在石巻の「みなと応援村」という拠点で独自の活動をしていらっしゃる方からのお知らせです。

7月1日に東京で報告会をするそうです。

最近色々な団体が報告会をしておりますが、
この方はぜったい単に悲惨な現状を訴える報告だけでなく、生の報告をしてくださる方ですので、ぜひぜひ!

以下詳細です。その下に、いただいたメール(無許可ゆえ転載はしないで(苦笑))と、私からの返信を参考までに転載しておきます。


【以下、転送歓迎】
******************************
【東日本大震災復興支援・宮城県石巻市―みなと応援村―活動報告会】
災害発生から3週間後の4月2日、有志による「被災地の人たちを応援する市民の会」が宮城県亘理郡亘理町に支援物資を運び込みましたが、その後、同県石巻市湊町からのご縁を戴き、地元の方と共に「みなと応援村」という拠点を開設。
①現地で活動するボランティアのための宿泊所
②コーディネーターを常駐させたボランティアビューロー(窓口)
③救援物資の集配センター
という3つの役割を併せた現地事務所を運営してまいりました。
そこで、活動開始約3ヶ月が経とうとしている今、ご支援をいただいている皆様にはこれまでの活動報告と、一般市民の皆様には被災地の現状をお知らせすることで新たな「応援者」を募るという目的をもって、この会を開催することにいたしました。
つきましては時節柄御多忙と思われますが、お誘い合わせの上、御参加いただけますようお願い申し上げます。
                                         
                 記
入場無料
日時:2011年7月1日(金)18:30開場 19時開始 21時終了予定
会場:武蔵野商工会館 4F 「市民会議室」
【アクセスマップ:http://www.musashino-cci.or.jp/map.html】
内容:
1:「みなと応援村」の成り立ち
2:地域住民のからの生の声
3:現地・工藤和久コーディネーターからの報告
4:ボランティア活動体験者の報告
5:質疑
備考:会場準備の都合上、できるかぎり事前申込みをお願い致します(当日参加可)。
事務局:NPO法人 ボランティアステーション
申込・問:E-Mail:vs@vstation.gr.jp
電話:0422-28-7728 (留守電あり/FAX兼)
HP http://www.vstation.gr.jp/shinsai/index.html
ブログ http://ameblo.jp/minato-ouenmura/
ツイッター http://twitter.com/#!/volaste

以上
**********************

(以下いただいたメッセージ)
ぼくらがみせたいのは、悲惨な状況ではなく、地域の声であり、美しい景色なんです。
被災された土地はこんなにも悲惨で、被災された方はこんなにも辛くて。。。
ではなく、地域の人はこんなことを胸に秘め、でもこんなにも笑顔いっぱいで前に進んでいる。
本来の景色は、自然がキレイで、食べ物がおいしくて、こんなにものどかなんだということ。
地域の方々は、自分たちのまちが悲惨であるということを、これ以上にメディアに取り上げられたくないと言います。
キレイな場所がたくさんあり、のどかな地域なのに、悲惨な光景ばかり映し出されて辛いと言います。
自分たちの名誉や実績のために、ぼくは地域の声を無視したことはしたくないと思っています。
だからこそ、ぼくらができる復興、ぼくらができる応援を発信します。


(以下、私からの返信)
私も先々週3泊4日で、日本財団学生ボラセンのボラバスで石巻にいたんですよ!牡鹿半島で、牡蠣養殖場復旧のためのお手伝いなどしていました。

行く前は、現地の方はもっと絶望にさいなまされている感じなのかと思ったのですが、
私がお話した方々は、明るく、前へ進まれている様子でした。(もちろん、心の中に不安が渦巻いているのは感じましたが・・・)
慈善的に、何かをやってあげるという施し的ボランティアではなく、
困難な状況の中でも前へ進まれている姿に逆に元気を与えていただき、
「私もちょっと頑張っちゃおうかな!」と自然に思えて、共に動きたくなってしまう「共動型」ボランティア(←造語)だったという印象です。

また、どんなに瓦礫だらけの光景の中でも、「この辺は海がきれいで・・・」「ここで取れる牡蠣は本当においしくて・・・」などと語ってくださる様子からは、
この土地と自然、ここで生活することへの愛が伝わってきましたし、私自身「絶対自然を取り戻してほしい!」と思いました。

完全に「被災地」というレッテルが貼られた状態で伝えられるメディアからでは、得られない感覚でした。
実労はたった2日間だったのにこんなに東京で得る情報とギャップがあるとは。

なので今回のコンセプト
>ぼくらがみせたいのは、悲惨な状況ではなく、地域の声であり、美しい景色なんです。
に共感します。

厳しい現状をきちんと伝えることが必要な一方で、
確実に前へ前へと進まれている現地の方の様子を届けることも大事ですよね。
そして、一緒に頑張ってみようかなと思える人が増えてくれたらよいなと思います。



ぼやき0625
実を言うと研究、事例を並べて称賛してこれからのサードセクターにむやみに期待するようなのじゃなくて、理論系で攻めたいんだよな。は~大変だこりゃ。とりあえず今夜は久々に、普通に家族とご飯食べよう、そうしよう。あったかいご飯を落ち着いて食べたい。てなわけで思い切って帰宅中。


てか研究に関して議論できる人いないな。もっとまわりにふっかけてこう、自分の研究に関わらず広くなんでも。一方で近い研究やってる「院生」と繋がろう。そうしよう。


反省!
沢山の本を読んでレジュメにまとめる時は、

ノートにメモったり付箋貼ったりするだけじゃなくて、

ある程度形が見えてきたらどんどんPCに打ち込むべきだったーー!


どこで読んだ話だったか忘れてしもた。。しかもメモ家に忘れたという事実。発表は今日なんだけど。


my today's impression
(sorry, its negative comment today.
plz do not read any more if you dont wanna be gloomy.)
つづきを表示


研究めも0619
にょーん。第二セクター(企業)と第三セクター(NPO等)の違いがますますわからなくなってきたにょーん。( ̄○ ̄;)


経済的側面から言ったら、どっちも事業体。ただ、所謂「市場原理」に基づいた経営をしてるか、それでは埋められない部分を満たすための財・サービスを提供するために、市場原理だけでなく寄付やボランティアの巻き込みを利用して経営してるかの違いではないか???


一方、政治的に見たら…NPOは民主主義をきちんの機能させる基礎となっていたり、政治が暴走するのを食い止めたりする役割もある。第二セクターの企業はその点どうなんだろ。自分の利害に著しく関する時には政治的行動とってるかな?


あと社会的に見て、いろんな趣味、居場所、生きがい等文化的生活を支えるのも、NPOの役割。企業は基本、物質的豊かさを提供する?

あーまぁディズニーランドとかレジャー産業は、金さえ払えば精神的楽しみも与えてくれるか?レジャー産業の提供するサービス財って、文化的生活を支えるものとは別にカウントするのかな?直感的にはなんだか違うけど、それは私が個人的に遊園地とか興味ないからかも。



てかそもそも、NPO言うても多様だから。

経済的側面から言った例は、社会的弱者を包せつする福祉系NPOをイメージして言った。

政治的…は、NPOが市民に浸透させるボランタリーな風潮?市民力?や、アドボカシー団体を想定。

社会的…は、子供向けにプレイパーク運営したり、団地に花を植えるような団体を想定。

たぶん分けて考えないといけない。本読んでもその辺事前に定義なくかかれてるから、困る。私はどっから切り込もうかな。


また、企業とNPOはそれぞれ組織の仕組みとして特徴があり、当たり前だが利点・欠点があり、相互に埋めあっているようにも思える。

例えば、生産に夢中になってCO2出しまくりの企業に、NPOがストップかけたり、

NPOってまだまだ事業が非効率性だったり財務面で不透明性だったりするけど、企業っていうあるいみ競争相手がいることで、なんとかする気になったり。(企業並の効率性を求めるという意味じゃないですよ。NPOにはNPOなりに大切にすべきものがあるから。)


はー以上頭の整理でしたー。この辺のもやもやを晴らすにはどっから調べよう…


さけび0618
たっ、タイムマネジメントがぁぁぁぁ!!!!



にょーん(゜∀゜;ノ)ノ


研究めも
ツイッターでつぶやいたことが案外重要そうだったので、以下めも。


企業はホントに利潤「最大化」を目指すのかな?ある程度利潤出るようにはするだろうけど、どこまでやるかは結局、会社理念や経営陣の考え方によるのでは。

NPOも企業も、財源獲得方法や仕組みが違うだけで、結局「何がしたいか」が一番のミソ。てか企業=財やサービスの提供主体だからNPOも企業だし。


でもNPO言うても色々だからなぁ。事業面で言えば、利益を得にくい分野で事業するから寄付という株式会社にはない財源獲得方法を使うとも言える。

ただ同時に、寄付を募りつつその社会問題に関する認知度を高めるという社会的役割もある。また、アドボカシーや市民の立場からの研究究活動を行ってるとこもある。


ヨーロッパの社会的企業勉強してみてるけど、「コミュニティに根差して」「社会的マイノリティの為に」事業するとか、定義がぼんやりしててよくわからん。勉強しなきゃぁ。

ただ結局、大事なのは理念が何でどこまで浸透しているかで、その理念が薄まらない工夫として、様々な制度・・法人形態がある気がしてる。


そんなわけで現在、法人形態・法人の仕組みによって、その企業行動がどう規定されやすいか…に関心アリ。


帰ってきたよ
言い忘れてたけど、石巻ボランティアから月曜夜に無事帰ってきました!

また詳しくまとめる予定ですが…残念ながら微熱気味だしゼミ発表あるしでちょい待ってて今はつれづれとノートにまとめてます

ひとまず言いたいこと。

・炎天下での作業で、一人がこなせる量は体力的にかなり限られていると実感。
一人が沢山頑張るより多くの人がちょっとずつ頑張るのが効果的!ってかマンパワーで頑張るしか方法がない。重機が入れないとこもまだまだ多いし。

一人でも多くの人に、1日でも時間を見つけて現地へ行ってほしいと、心底思ってます。マジで。


・また行きたい!のだが現実問題なかなか時間が取れないって言うジレンマ…

院M1は特に、授業が結構あって、土日も研究会だったりして、キツい…今回はちょっと授業休んで行ったけど、授業を休む重みが学部時代と比べて半端ない……

もちろん、東京にいてできることはしてゆくつもりだけど、自分も行きたいのに行けないってのはキツいな。

授業があんまない学部3・4生とか、仕事で行ける人がうらやましい…。(後者の人は、それはそれで、大変なんだろうけどね、仕事だし。でも今の率直な感想としては、行きたくてもなかなか行けない人の分、頑張ってほしいし、いろいろ伝えてほしい。)

大学にボランティアウィークとかできんかなぁ~?


中間報告

とりあえず、寄せ書き書いてます!


ボラバス車中&あずまや宣伝
ブログに書き忘れたけど、

日本財団ボランティアセンターの「ROADプロジェクト」のボランティアバスで、

6月10日(金)~13日(月)の日程で宮城・石巻に来ています。
http://road.nippon-foundation.or.jp/


さっき説明があって、オジカ半島?で活動することになりそうです。貝の養殖場の片付けとか……


現在バスで、栃木あたり。大学3、4年生が多くて、みんなノリが若いなぁとか思いつつ、ゆるゆるとコミュニケーションとったり寝たりしてます。院生が今んとこいなそう。。。

今朝、お二方からコメント頂いてるの気づいたんですが、返信する余裕なかった(^_^;)ちょいまっててくださいねー


あ、ついでに宣伝ですが、来週木曜16日19:00~、あずまやの勉強会が公開セミナー形式であるんで、よかったらどうぞ!!

場所は明治大学駿河台キャンパスです!詳しくは『NPO あずまや』でググってブログ探してたも(^_^;)


ちょっと元気出たので覚え書き(110606)

なうな覚え書き。

●お世話になっていた先生の、追悼冊子にのっける文章校正おわったなう。
 けっこう修正点多くなってしまった。あー原稿送る段階からもっと見直しておけばこんなことにならないのにーー。事務局の方にお手数おかけしてしまうにゃん>< 反省!

 今回はエッセイ風?にゆるーく書いてみたけど、表現が難しいな。改めて読んでみたら、ちょっと稚拙な表現がちらほら。小難しすぎず適切な表現って、難しいな。


●むちゃぶりで依頼した仕事、期限内に返信してくれた!(2人も!!!)
ちょーーー嬉しかったー!
もっと早く依頼すればよかったんだけれど、ちょっとぎりぎりになってしまって、お忙しいだろうしどうかなぁーって思ってたけど、なんと依頼した2人とも期限内にお答えをくれた!

ありがとーうございます!
そしてスンマセン。。。早め早めを頑張ります。。。

ちょこちょこっと、自分の時間を融通して、他の人を支えるために使うって、素敵だと思う。
私も急に何か頼まれても、頑張ろうと思った!


●インターンブログに元気出る。
地味に着実に継続中な、NPOインターンシップ研究会の準備の為、いくつかのインターンプログラムのブログ(主にインターンが活動記録についてつづったもの)に目を通す。

うーんなんかフレッシュだなぁ!

元気をたくさんもらいました☆☆

こういう体験を、もっと多くの人にしてもらえるように、研究会でインターンプログラムの成果をまとめ、発信していかないとなぁ。

やる気復活した。頑張る。



・・・と忘れぬうちに書いたところで、仕事に戻ります。


あずまやブログ更新(公益法人制度改革について)
あずまやブログ、ここんとこ一気に更新しました!


ます第17回寄り合いで公益法人制度改革についてざっと報告してもらった後、


第18回寄り合いで

①今回の改革が政府側の動きとしてどのように進められたのか


②今回の改革をNPO側の人々はいかにうけとめたのか


について報告し合いました。


濃かった!もっと調べたい!!!

これからの日本のサードセクターが長期的にどのような発展をしてゆくのか、その為にどのような法制度が今後必要とされるのかに、想いを馳せた一日でした。


ぼやき0602
いろんなものがちゃんと伝わらなくて、苦しくてつらくて、もどかしくて、悔しい。

ほんと足りないな。

伝えるべき中身も、伝えるための力も。


営利企業の行動
どーしてこんなに忙しいのだろう…
一週間があっという間すぎてびっくり。今までにない早さで進む。

まずは大学院の勉強に集中したいのだけれど、それ以外がもろもろある・・・。
自分の仕事は何なのか、今やるべきことは何なのかを見極めて、断る部分は断り、距離を置く部分は距離をとっていかないとな。でも何か大切なのかってなかなか難しいな。まぁ頭で考えるというかフィーリングで決定されるんだろうけれど。


ところで以前ブログで、今回の原発事故は、原発の危険性をきちんと知らずきちんと反対してこなかった私たちの責任も大きい…って書いたけれど、そればっかり言っていてもしょうがないよなぁと考えている。

私たちの責任、ももちろんあると思っている。

でも(営利)企業として、ああやって暴走してしまう体質とか、国の思惑とか、利害関係とかも、きちんと冷静に分析しないといけないよな。

批判しあって、責任なすりつけ合うのとは違って。
今やるべき緊急対応はそれはそれで進める。


一方で、まずは「今回の事故」に関しての構造を把握する共に、

こういう事態を引き起こしてしまう、企業行動や政府の弱点(?注意しないと暴走してしまうよ、という点)を、もう少し一般化された形に明らかにすることも必要かなと思っている。

で、もう少し一般常識として、「企業や政府は、こういった点をしっかり見極めないと、暴走してしまう」というのを、広められたら。


私の研究に関して言えば。

営利企業にも利点・弱点はある。だからそのオルタナティブとして、非営利企業も必要。

非営利組織の重要性を語るなら、営利企業の利点もきちんと押さえた上で、その弱点も感情的にならずに指摘する必要があると思う。

という訳で最近は営利企業の行動に、関心があるっていうお話でした。



もちろん、原発を受け入れてしまう地方の事情とか、原発を推進する人々(特に政府)の思惑がなぜ発生するのかなどにも、関心アリです。




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。