俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


市長と労働組合
うーーーーん、色々終わらず、どうしましょうーという感じな最近です。


ところで橋下大阪市長の記事、気になりました。

「労働組合のずれた感覚、とことん正す」

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111228/waf11122807340004-n1.htm

組合員感覚が市民感覚とずれている、というのはごもっともなんじゃないか、と思いました。ぱっと読んで。

日本の労働組合は、自分たちの労働条件改善は主張する一方で、自分達(労働者)の責任の認識、労働者内での学び合い、労働者・生活者として社会のビジョンを描いてそれに向けて企業に意見を出してゆく、といった事はあまりしてこなかった側面がある、と授業で聞いた覚えがあります。


もちろんちゃんとやっていた労働組合もあったでしょうし、その指摘を単純に今回の件につなげるのがどうなのか、わかりませんが。


でも労働組合の感覚を「市長」が直すって、どういうことなんでしょうか?


まず、市長を「民意の代表」ととらえるにしても、必ずしも労働組合が民意を反映していなければならない訳ではないのでは?
ずれた労働組合の意識を、市民的感覚で変えてゆく、ということなら、それはぜひやってほしい。

そして、あんまり民意民意いって強制する事には違和感。私が賛同しているのはあくまで「市民の意見を取り入れさせて世間一般の感覚を取り戻し、社会における労働組合自らの使命を再度自覚してもらう」という点。

市長は確かに、選挙で選ばれている点で民意の代表なのだけれど、ひとたび市長という地位につくと権力が発生するからなぁ。「民意」を盾に「権力」でおさえこまれるのなら、怖い。

ただ権力を持ってしてでないと現状が変わらないという現実もあるのだろう。本当は、ちょっと市長がつっついたら(つまり労働組合側が市長から「あなたたちの活動は市民感覚からしてヘンですよ」と指摘されたら)、
組合内部から自発的に自分達の組織を見直す動きが出てきてくれれば、一番自然なのだけれど。



また、「市長」を行政組織の一員として捉えた時に、組合に改善を強制するのはおかしな話になってしまう。

市長という立場は、確かに民意の代表である一方で、行政組織としては「トップの人」となるわけでしょ。
そのトップの人が労働組合の活動内容を指導する…となると、おかしいよね。

権力によって組合がつぶされる、うーん歴史上に沢山事例がありそうだ。


もっとも、このような主張に対してきちんと意見が持てる労働組合になってほしいから、組合改善にはよいきっかけになるとは思います。他人事ちっくですんませんが。


世間のニュースにますます疎くなってきているので、なんとかしないといけません。ご指摘・ご意見あればぜひください。橋下さんの動向は、私が今勉強している「民主主義」や「シチズンシップ」に大いに関わるので、色々見ていかないとなぁ。






スポンサーサイト


メモ:社会的企業研究会と欧州財政危機
最近のことメモ(111223)
「m」って書いてあるのは、私の感想や思いつきです。
その部分は特に間違いいっぱいあると思いますので信用しないでください(苦笑)
他のところも私の勘違いいっぱいあると…(以下略)

■社会的企業研究会に出席
講師:(社)農協共済総合研究所 調査研究部 濱田健司さん

・農業と障害者就労の新しい可能性について。
・研究員でもあり様々な実践をされている方の報告。
・ここで言っている障害者は、知的障害者、精神障害者、のことかな。

つづきを表示


誕生日

たんじょうびでしたー

色々と、プレゼントをもらってしまいました 感謝!!

しかし、そろいもそろって癒しグッズなのはなぜでしょう、、(^_^;) 沢山の優しい皆さまに囲まれて幸せです(^-^)







【イベントのお知らせ!】ボランティア井戸端会議、やります!!
今更ですが宣伝です!!!!
我らがNPO study group "あずまや"、初の対外イベントを実施いたしますです!!

その名も「ボランティア井戸端会議」

そして今回は、「友達に"NPO"を説明できるくらい編」。


今まで、NPOなどに関わっていはいても、「お前結局なにやってるの?」と友達に聞かれて上手く説明できなかった方、いませんか??

他にも、NPO、ボランティアに、ちょっとかかわったことがある、これからやってみたいけど何なのかよくわかんない、って方、ウエルカムです。


NPOやボランティアに関する、教科書的な説明なんかじゃなくて、もっともっと視野のひらけたあずまや的な発想をシェアしていきます。

同時に、同じように様々なフィールドで活動する人達と、語って、改めて自分なりに自分達の活動/NPO・ボランティアの意義を見直してみましょう=


(以下、転送大歓迎!)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【ボランティア井戸端会議~友達に"NPO"を説明できるくらい編~】

         ---presents by NPO study group "あずまや"

「NPOってよく聞くけど、結局何なの?」
「実際、どんな団体があるの?お金はどうやって得ているの?」
「自分のやっていることは『NPO活動』なの?」
「NPO法人って何?」
「NPOとNGOって違うの?」

こういった疑問を持ったこと、ありませんか?

ボランティアをしたり、NPOにちょっと関わったりしたことはあるけれど、
NPOって具体的に何なのかはわからない……、
NPOって社会の中でどんな役割を担っているの?って思っていた学生さん、朗報です。


今回、友だちに「NPOって何?」と聞かれた時に「NPOっていうのはね……」と
思わず説明したくなること間違いなしのイベントを開催します。

しかも、ただ単純にNPOのことを学ぶだけでなく、関わっている人の話を聞いたり、
自分のことについても話してみて、ぜひ交流もしてみませんか。


なんとなく喋っているうちに、自分なりの答えが見つかるような井戸端会議、はじめます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

○日時:2011年12月11日(日) 18:30~20:30(受付開始18:00より)
○場所:武蔵野プレイス3FスペースE
     東京都武蔵野市境南町2-3-18 武蔵境駅南口より徒歩すぐ
     (南口を出て右方向にロータリー沿いに歩くと右手に見える広場に面した、白い建物です)
○対象:ボランティア・NPO活動に参加してみたいと思っている/ちょっとだけでも参加したことのある学生
     自分のボランティア・NPO活動を、友人などに説明できるようになりたい学生
     ボランティア・NPO活動に参加しており、これからはNPO全体のことも知りたい学生
     とりあえずこれを読んで参加したくなってしまった学生


○参加費:300円
○スケジュール
 ・概要説明(10分)
 ・自己紹介(20分)
 ・NPOに関するあずまや的解説、質疑応答(40分)
・井戸端セッション(30分)
 ・全体共有とまとめ(20分)


○申込方法:下記URLのフォームよりお申し込みください。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dFFxMVliaU5WajFLSndQcXFkTlhCMUE6MQ  

 ※終了後に懇親会を別途設けておりますので、ご都合のつく方は是非ご参加ください。(参加費別)


○主催:NPO study group "あずまや"

【NPO study group "あずまや"とは?】
2010年8月に分野や団体を超えてNPO/NGOに関わる学生・若者の勉強会として発足。
これまでに月1鐔�2回程度の頻度で勉強会を開催したり、NPOの見学会を開催したりしています。
ふだん活動しているだけでは見えてこない、「NPOは社会の中でどんな立ち位置にあるのか」
「どんな経緯で生まれてきたのか」といったことを改めて確認する事で、NPOセクターのあり方を
長い目で模索してゆくことを目的としています。
ブログ:http://ameblo.jp/npostudygroupazumaya/



お問い合わせは以下までお気軽にどうぞ!
メール: npostudygroupazumaya@gmail.com


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




『20世紀をつくった経済学』根井雅弘
『20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ』根井雅弘、2011、ちくまプリマー新書

おもしろかったですー。
うすいし、文章も読みやすいけど、

20世紀の歴史・社会経済状況と、それに対峙する経済学(者)の大きな流れ本書全体に通じていて、
感覚的には小窓から広い外を眺めているような気分になりました。

そして、上記のような大きな流れを踏まえつつ、
20世紀の社会に対峙した経済学者としてシュンペーター、ハイエク、ケインズの3人に焦点を当てています。

でも、彼ら3人の学説をただ並べただけではありません。
シュンペーター、ハイエク、ケインズのそれぞれのバックグランド(思索の根源)、
彼らも影響を受けたであろう同時代に生きた人びと(哲学者など)の思索、
そして3人のやりとりも、端的に描かれています。
(なので、実際には表題にある3人以外に、多くの経済学者・哲学者などについてふれられています)

つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top


ポランニーめも
やばいやっぱりポランニーおもしろい!!
今、カール・ポランニーを追っているのです。おもしろすぎるので全然勉強途中ですがメモです。


『大転換』を、一度さらっと読んで(←でも歴史背景とか基礎知識なさすぎて時間かかってる(苦笑))、しかしさらっとなんかじゃちんぷんかんぷんなので、
今じっくり読んでいるところです。
しかし、原書で頑張ってますが、くせがある英語ですね…述語がない文章がちょこちょこ出てきてわかりにくい。。。訳と見比べながらどうにか、です。


『大転換』を読んでいても相当興奮してしまう部分があるのですが、
なにぶん描かれているスケールが大きすぎて、知らない人物や歴史上の出来事が多すぎ、ただただ圧倒される…という感じ。

でも、最近出たばかりの本、『カール・ポランニー 市場社会・民主主義・人間の自由』(若森みどり,
2011,NTT出版)を読んでいると(まだまだ、序章・終章と、2章のはじめの方までしかじっくり読んでませんが)、やっぱりおもしろい。

今のところ、ポランニーはどこまでもアクティビストだったのだろうなぁ、と想像しています。
アクティビストのにおいがする方を見つけると、嬉しくなります(笑)


例えば、ポランニーが第1次世界大戦で従軍した後に書いた「ヒビモス」での思索の一部として、気になったところ…(p.50、鍵カッコは本文引用))

つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。