俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モース『贈与論』
マルセル・モース『贈与論』

単に、「昔の○○島では、貝でできたネックレスの、こんなしくみの贈与のしくみがあってね~」

という、話ではナイ。

確かに、各地域の詳細な贈与ネットワークの記述が長くって、運悪くそこだけちらっと読んだ人は、そう思うかもしれませんが。。。

でも、ちょこちょこ、訴えてくる。

そして第4章で、たたみかける感じです。

モースがこれを書いた1920年代の、経済状況もしくは経済学の状況に対する、切なる訴えが聞こえてくる気がしました。
社会って、人々の関係って、そんなもんかい?・・・つまり、功利とか、個人の欲望とかだけで語れるもんかい?と。

つづきを表示
スポンサーサイト

TrackBack0 Comment0 page top


今日は
ゼミでしたー。

なんか、今の私の方向性、先生お気に召さないらしい…。

「いいんじゃない?」という時の声が、いつもよりちょっと低かった。。。(w)
「やってみればいい」のいつもの一言が、いつもよりちょっと伏し目がちだった。。(w)

(※お気に召さないって、別に何かやるのに制限を加える先生じゃないので、あくまで比ゆ的にですが。なんというか、その方向性だとあんまり(先生の考える)意味ある研究にならないんでねーの?、ないしはこのままではまとまらないんでねーの?、というかんじ?)



うーん、うーーーん。まずはここ数日の私の言動を思い起して、何か失礼なことしてないか反省してみる…(うーん実は思い当たる節がないでもないんだが)
あとはここ数日の会話内容を思い出して、ちょろちょろっと話した内容に関してのリアクションを統合・分類し、分析して、先生の意見を抽出してみる…。


って、自分の研究以前に先生研究だよぅ(笑)
先生、学生に対してはぜんぜん怒らないし、「こうしなさい」とか言わないからなぁーーーー。
でも実はものすごく筋が通ってて厳しい方だし、一方で地に足のついたビジョンのある方だから、なんか失礼なことしたり、何か空理空論な方向に道を誤りそうになると、とたんに信頼がなくなるというか関心なくなる。


昨年書いた論文は先生の中では高い評価らしいんだよな…(他の方々や自分の中では、評価高くないんだけど…一定の日本語能力水準で一安心というのと、先生は厳密な議論よりも大きなビジョンを重視するから、気持ちだけは伝わったのか。)

で、その論文を「修論の第一章にしますから」と、先生がさりげなーく何度か言っていた!!
私はあんまりそのつもりなかったんですけど!!(w)




あーー、まーー、こんなこと書いてるヒマあったらコツコツやるしかないよねぇ。。。

今期は、チャキチャキした若めの女の先生の授業をいくつかとるので、それでリフレッシュ(?)しつつ、がんばるかぁ。


とりあえずとりあえず(120407)
とりあえずの近況を書いてみる。

松尾匡さんの『「はだかの王様」の経済学』は、かなりおもしろかった。
(これは一般向けで非常に読みやすいので、経済専門じゃない人もおすすめ。)
松尾さんの考えていることは、かーなり私が思い描いていることにそうだ。この方のHPや他の著作も読んだけど、紙面上での主張も合うし、おそらく生き方のスタンスも似ているのではと思う。


研究上の方向性としては、マルクス経済学もがっちり、近代的な理論経済学もがっちりできつつ、具体的にこれから社会を変えてゆくために草の根からの市民の動きに注目している。実際に、『市民参加のまちづくり』という本も、シリーズで共著で出されている。この理論的な筋道は、非常に私が考えていたことに近い(っていうと、偉そうだけど。)。いやぁ、ありがたい。先輩がもうここまで仕事をしてくれている。偶然知った方なのだけれど、ちょっと光が見えた。
つづきを表示




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。