俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆっくり歩く。(121017)
やっと風邪なおってきた。。一週間。長引いてますな。
修論やその他もろもろ、1ミリも進んでおらず、やばい。
しかしまったくもってやる気も出ず。この1週間、超寝てました。起きて、何かしてみようかと思っても、すぐだるくなるので、そうなったら無理せず、横になってました。超幸せやった…。

めまいも結構して(月曜は用事があったので頑張って大学行ったら、歩くだけでめまいがして、歩行困難を感じた…)、以前からの症状もあるし、その他体調面で心配ごともあるし、もう体の事・頑張り方をしっかり見直さないとなーーという感じ。

あ、病院も、ちゃんと行きますよ。風邪の症状落ち着いたので、行きます。

とりあえず気になっていた自律神経について、夕方本屋さんに行って立ち読みして(←買わない(笑))、
そんで書いてあった、「ゆっくり歩く」ことから意識しようと。
つづきを表示
スポンサーサイト


また風邪ひいてました・・・(121013)
風邪ひいてました…まただよ!もう。

ずっとくしゃみが途絶えなくて、体全体痛くなって寝るにも寝れなくなった時はまじでしぬかと思った…。
薬ちゃんともらって飲み始めてからは、食べて薬飲んで寝て→また起きて食べて…で順調に回復してゆきましたが!
でも時間かかったなぁ。。
久しぶりにパソコンさわったけど、まだ手元ふらふらしてキーボード普通に打てないーーー
でもいちいち気持ちを整理する為に書かねばいられないから書く!

急に寒くなったから風邪はやってるみたい。
基本、部屋や図書館にこもる日々だから季節に疎くなって体の適応が間に合ってないよ~

でも私の場合、ストレスが大きな引き金になっていた気がしてますが…
風邪というか初めはアレルギー症状っぽかった。




つづきを表示


人間性の回復って(121007)
質問なのですが、

「人間性の回復」って何なのでしょう?

よく協同組合関係の研究会で聞く言葉です。昨日も生協関連の研究会で、「生協の役割」としてキーワードになっていました。

昨日の場合は、震災復興の関係で、生協がその特質を生かしてかなり活躍したことを挙げて、
(例:全国の生協ネットワークを生かした支援物資提供、日常の個配ルート・つながりを利用した個別の支援など)
震災下で人権がはく奪された状態にある中でその回復に非常に役立った、といった文脈でした。


たぶん、人間性の内容として、以下のようなものがあるのかな。

①衣食住の確保
…確かに協同組合は、農業・漁業・林業などなどで活躍していて(生産協同組合)、生協(消費協同組合)という消費者の立場のもある。
他に、医療生協とか、福祉生協なんかもある。

日本ではあまり見られないが、欧州では「住宅協同組合」も非常に大きな事業規模を持っている。協同組合形式で安く貸したり、時に自分達で住宅作っちゃったり、あと一般的な住宅関係のサービス業(リフォーム、とそう)も?(←よくわかってないです…汗)

「協同組合」というスタイルで運営されている事業体の事業内容を見るだけでも、かなり人間が生きる上で不可欠なニーズを満たしている、ような気がする。


②人とのつながり
…衣食住が満たされていれば、人は「人間らしく」生きられるわけではない。(と、よく言われるし、個人的にも賛同する。相変わらず「人間らしさ」って何?とつっこめますが。)

協同組合は、そもそも起源的にも経営システム的にも、人々の「助け合い行為」で成立している。

また、組合員同士の助け合いだけでなく、地域とのつながりも大事にする。(…これは、なぜなんだっけ?私なりに今思いつくのは、「大事にしなくてはいけない」という規範的な面もあるし、事業的にも地域に根差してないと経営できない面もある。また地域の細かなニーズ(=普通の企業とか行政もできなかったところ)をくみ取って、「これ必要だよね!」と思う人が寄り集まってつくる結果、非常に先進的なこともチャレンジしちゃうってのが、協同組合の歴史でもあり、ある意味協同組合的な経営の特質だと思っている。)



でも、例えば、「貪欲に利己を追求する」というのは、人間性ではないのか?
私はこれも人間の大事な、というか厳然たる、一側面だと思う。

そんな悪い人を想定しなくても、普通の人は、まず自分や自分に近い範囲の人の生活をどうにかしなきゃと思うし、ちょっとは贅沢したいと思う。
人とのつながりなんかいらないから、一人でせいいっぱい稼いで贅沢してくらしたいなんて「人間」もいる以上、「人間性」というタームは何を指すのか、非常に難しい。
(↑こう考える人は、どのような人・どのような環境にある人なのか、も気になっている。)

うっかり、目の前のものが欲しくなって、盗んでしまうようなことは…例えばおなかがすいて仕方がなくて、目の前のパンを盗んだら、おなかは満たされるから「人間性が回復された」というのか、それとも人間コミュニティで生きる上でのルール(=ちゃんとお金を払ってものを得る)を逸脱してるから、「人間性がない行動」とするのか?(ロールズっぽくなってきた!笑)

あと、苦しい時には、衣食住が整って人とのつながりが回復されて(=「人間性が回復」されて)「あーよかった」となっても、だんだん飽きてきたり、めんどくさくなったり、しませんか?
都合いいからなぁ人って。。



…なんとなくは、わかるんですよ。「人間性の回復」。
でもそれを、まったくそういうのがわからない人に説明する時に、どう言えばわかるのかな、といったん引き離して考えてみる。(仮想対象は周りのバリバリ理論系の経済学の先生たち!笑)

だって、例えば政策とかに訴えるにも、官僚・議員にわかってもらえないとだめじゃない?



「○○ではなくて…」という、非定形から説明してゆく形じゃなくて、「こういうこと!」という積極的な概念化がほしい。

この点では、NPOも「not-profit/not for profit」だから、なにか積極的に説明できないかなぁと前から考えてました。



…よくわかんないけど、とりあえず「人間性の回復」という語をふだん使う方は、具体的にどういうことを指して言っているのか、もっと話を伺ってみたいなぁ~。


・・・そして書いてみて思ったけど、やたら私は「協同組合の経営・システム」が気になっているなぁ、、、
せっかく、協同組合には「人間を回復する力がある」のだとしたら、もっと掘り下げて協同組合の強みを把握して、経営にも意識的に生かしていった方がいいんではと、思うんですよねー。


・・・経済システムでみてみても、協同組合ってとってもおもしろいし、合理的な仕組みだと思う。(※ただここでいう「合理性」には、従来の経済学で測ってきた要素と違うものも考慮に入れた上での、「合理性」だけど。)経済理論的に、協同組合扱ってる人いないのかなぁ。


ぼやきー(121001)
つらいとか寂しいとか苦しいとか、素直に言えるひとって素敵だなと思う。そういう人こそすごい強いなと思う。

You seem to be really strong because you can tell us when you are sad, in a hard situation, etc.
You can face to your weak points, can you?

That is who has a really warm heart for others.

まぁ、私も家ではいっつもぼやいてるけど(笑)最近独り言やばい増えた!(笑)

ここで書いたのはそ―ゆーことじゃなくて…わかるよね?
「助けて」って、「誰かにきちんと」言える人、がいいなと思うわけ。些細なことでもね。何でも頼り過ぎるってことじゃなくて。




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。