俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』(121218)
こんな本出てたらほっておけないー

『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』
阿久津 聡 (著), 谷内 宏行 (著), 金田 育子 (著), 鷲尾 恒平 (著), 野中 郁次郎 (監修, その他)
2012年

ざっと見ただけですが、
これは要は、最近の日本の消費行動が、今まで個人の好きなものを単に買うだけーの個人消費から、
もっと誰かを巻き込んだプロセスを含めたものを求める消費に変っている、ということらしい。
例としてAKB45から初音ミクからB-1グランプリから、いくつか出てました。以下メモ的に内容をば。


●p.12 B-1グランプリのこと
「仕掛ける側も仕掛けられた側も「和となって参加する」という構造。
…つまり出展者も参加者も、一体感があり、お祭りみたい。
従来の消費者・生産者が市場で単に交換を行うという、無機質な関係性以上のものがある、という感じ。


●p.54 「欲望のカタチのパラダイムシフト」が起きているとのこと。
欲望の形として、
①「育て愛」・・・「未完成なものを、より完成なものにするプロセスを味わいたい」(p.53) 
(例:AKBとかだっけ?応援しながら、消費する。バーチャル上のキャラクターを育てるゲームもはいるのかな。)

②「連帯愛」・・・「好きな人同士が好きな人同士で、「共に創造・育成・消費することで得られる一体感」を味わいたいと願う欲望のカタチ」
(例:忘れましたが、同好会的なので集まってイベントやって飲む、一連の消費、たしか。)


●口絵カラーの解説
「いきなりの消費より和の共創費を狙う」
…ようは、上記に述べたように、いろんな人とつながりながらのプロセスも含めた消費を最近の人はもとめてるし、
これからビジネスやるひとは狙い目だということ。
つづきを表示
スポンサーサイト

TrackBack0 Comment0 page top




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。