俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


洋行がえり(笑)
だいーぶご無沙汰になってしまいました。
私はどうにか元気です。

実は先週まで,3週間ほど,海外にいました。
フランス(パリ)で社会的経済・連帯経済関係の実践家や研究者にインタビューしたり,

ベルギー(リエージュ)で開催された社会的企業関連の学会に出たり,
(※EMESのInternational Conference)

イタリア(ボローニャの近く)で開催された社会的経済関連のサマースクールに出たり,してました。
(※European Summer School on Social Ecocnomy)


この資金を獲得するのに4月以降のエネルギーを費やしたと思います(苦笑)
破産覚悟でしたが,どうにかこうにか,大学の研究助成金をいただけて,飛行機代・ホテル代の一部などを補助していただきました。感謝感激。。


色々と盛りだくさんすぎました。。
特にパリでは,あちらのある先生にお願いしてコーディネートしていただき,滞在期間ツメツメの日程で色んな人にアポをとってもらってインタビューしまくりました。

やぁっっと,「社会的経済」とか「連帯経済」とか,その意味・違いがわかってきました・・・
やはり現地にいって直接話してみないとわからない!!!!


ベルギーでの学会も楽し過ぎました。特に他の参加者との交流が!
同じ大学院生の友達もたくさんできましたー笑 お互い国は違うけど,「どんな先行研究使ってる?」とか意見交換したり,話せば悩みは同じだったり,なんだかおかしかったです。

イタリアのサマースクールは,また上記学会とはカラーがちがって,こちらもおもしろかった。
参加者には,私が修論でとりあげたEUでまさに働いている方々もいたので,こちらもまた色々と話を聞きました。

また私の研究内容について報告する機会も与えていただいて・・・こちらはぼうボロボロでめっちゃ大変でしたが(苦笑),みなさんに優しく励まされ,終わった途端にほっとしてご飯もモリモリ食べ,楽しかったです。


真面目な研究報告も,きちんと形になったらちゃんと紹介したいと思います。
とりあえず,以下,帰国後に書いたFacebookの投稿の転載です。

欧州はいった事あったけど,3週間というある程度まとまった期間滞在して,なおかつ基本単独行動で列車の予約から移動からホテルの人との交渉からやりながら,空気になじむ中で,見えてきたことがありました。
明確な研究成果の前に,まずはそういったことも大事な成果だったかな。


(※帰国後に大学で,ある知ってる先生にばったり会ったら,「おっ,洋行帰り!」と言われたのがおかしかったので,本文のタイトルにしてみました笑)

==

つづきを表示
スポンサーサイト




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。