俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日記・ひと段落です
はい、ご無沙汰です。やっと一息つきました。
4月1~3日は新歓ブース、4,5は一日コンクールお手伝いバイト、6,7は新歓の一環で古典芸能サークル合同で演奏会だったのでその出演&運営、そんで今日は初授業&今期初長唄お稽古日、ですた。

うーん、サークル関係でずいぶん濃密な時間を過ごしたなぁ。自分のサークルだけでなく、他の古典芸能サークル連携していろいろやったので、交流もあって楽しかった!!
でも人間関係やら世界やらが濃かった分、ごちゃごちゃと問題も起きました。

市民社会とか、小さいコミュニティーで社会を構成させるだとか、考えている私にとって、サークルでの出来事は目指す社会の縮図であると受け止めています。



例えば、一人ひとりがちょっとずつ相手を思いやって行動すれば、円滑に社会(=サークル)が運営されるけど、実際みんな自分の都合を優先させたり、ちょっとイライラしてるときには相手を思いやる気持ちなんて出なくなったりと、理想どおりにはいくものではない、とかね。

まぁ、その理想どおりに行かないあたりが人間らしくて、愛らしいんだよね。
そういう不完全さを認めて、お互いに愛していけたらいいなぁ。


そんなことを、サークル関係の出来事を通じてまなんだ今日この頃です。

大事に大事に、毎日を生きているつもりです。


あと、演奏会が終わった後に、日本舞踊のサークルの人たちと食べたタイカレーがとってもとってもおいしかったです。
でも間違えて唐辛子を大量に食べたら辛すぎて頭痛がして大変でした。

============

それと今日は大学3年生になって初授業!でした。

本当は月曜日から授業ありましたが、演奏会で休んだのと、いきなり休みになったのとで、今日が初、です。

3年生になって、ようやく自分の学びたい方向性が出てきて、だいぶ的を絞って授業を選んだので、どれも興味深くてわくわくです。

特に、『経済思想史』は楽しかった!!
ってまだイントロダクションだけど。

よりよい社会のためには、もっと規模を市民レベルに小さくした市民社会がいいんでは・・・とかいろいろ社会の構成を考えていても、

結局その社会構成の根底にあるのは、経済の仕組み・お金そのものや、様々な価値観かな、と。
もちろんそれだけじゃないけど、結構なウエイトを占めてるはず。

経済の仕組みって言うと、なんかもう固定的なものに思えちゃいません?
もう資本主義が当たり前、安いものが売れて当たり前、みたいな。

でも、経済の仕組みだって、ある一部の人間がつくった思想に基礎を置いてるんだと思う。

だから各時代の経済の思想を通じて、過去のそのときの社会と照らし合わせるなり、今を読み解く手がかりとするなり、、、



えーっとよくわからなくなってきたけど、とにかく何かがつかめそうです。
そして先生も、単に経済思想史をたらたら説明するのではなく、経済思想を通じて社会を見る、といった視点を強調してたので、期待してます。

その授業で、アダム・スミスの『諸国民の富』を扱うということで、何かに取り付かれたように早速本屋に買いにいったら、間違って『国富論』を買ってしまいうわーバカだ私と思ってさっき調べたら、『諸国民の富』と『国富論』は訳語が違うだけで同じ本であることが判明し、安堵している今日このごろです。


ついでに今日は別の授業中に突如鼻血がでて大変でした。
粘膜弱いんす。
部室から借りた長唄の譜本にちょっとシミをつくっちゃいましたごめんなさい。

======================

サークルの演奏の方は、自分自身はなかなかよいです。特に最近は三味線がたのしい。
コケたり(速まること)しないようにしつつ、正確に勘所を押さえるのは大前提。
でもそれだけでかなり難しいです。眉間に皺がよっちゃいます。

んで、ただ弾くのではなく、曲っぽくドラマチックにするためには、スピードコントロール(ノリ)や強弱をしっかり理解しやっていかねばなりません。

これが難しい!!もう音源をひたすら聴いて、「ここはゆるめる(ちょっとだけ遅くするかんじ)のか~」とか、1つずつ消化するしかないのだから。

鞍馬山、手が簡単だから油断してたが、ノリがめちゃめちゃ難しくて複雑!
改めて聴いたら、「上段下段」あたり、速すぎてびっくり!!

まじめに稽古せなあかんなぁ。



あとは後輩に教えるのが、大変そうです。

もうつきっきりで行かねば間に合わん。

ヤバイ。ヤバイ。演奏会が5月17日と6月27日にせまっている。
6月1日にも大舞台がある。
唄が全然仕上がっていないというのに。これから入ってくるであろう新入生もみなきゃなのに。
ヤバイよーーー。
平行して新歓活動もまだ続くし。
えーーーーん(泣)


===================

でも自分の勉強も進めたいです。

あんまり読書もはかどってないけど。

今日、『我が夫、チェ・ゲバラ』っていう本を読み終えました。
革命家で、キューバ革命をフィデル・カストロと一緒に引っ張っていったチェ・ゲバラの妻、アレイダの回想録です。
キューバ革命のことや、チェの思想は詳しく知らないけど、
よもや否定的な観点で見られることもある人を、人間的側面からせまれてよかったし、親しみが出ました。

今は、『国富論』と、軽い経済系の本を見てます。
なかなかガッツリと読めません(泣)
ホームレス夜回りとか活動も行けてません(泣)

あーあと、『オルタ』っていう雑誌と、それを発行しているPARCっていう団体(NPO法人)が気になって調べています。



そんな感じで近況報告、おわり!!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。