俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社会貢献チーム「飯田橋会」
社会貢献チーム「飯田橋会」っていう団体の、運営会議(今年はどーゆー活動するー?)に行ってきました

飯田橋会って言うのは、学生のボランティアを支援する団体「SVnet」の中の、プロジェクトチームのひとつらしいです。去年の2月くらいから活動し始めて、今までに10回ほど、NPOに務めている人とかの講演会を行なってきたんだって。

私もその講演会に1回参加して、なんとなく飯田橋会メンバーの雰囲気に惹かれて、よく考えもせずに今回の会議に参加しちゃいました(笑)
(前回参加したときの記事はこちら
会議に行ってきたといっても、行く前は、「今年度の運営のために過去の参加者から色々話を聴いて、さらに有志でお手伝いやってくれる人もいたらいいなぁ」っていうノリの集まりだと思ってたんです。

だって募集のチラシもゆるーーい空気漂ってたし・・・お茶でも飲みながらゆったり話すみたいな・・・・



でも行ってみたら、なんかもうバリバリ次の運営のための会議で、私もしっかり運営メンバーの数に入っていた!!!!


おっとびっくり。


まぁ会議とはいえ、飯田橋会自体がゆるーい雰囲気なので、怖くはないですよ。
メンバーも、昼間は一般企業やNPOで仕事してるひとがほとんどなので、そんな仕事もガッツリやって夜もガッツリじゃ疲れちゃうじゃん?(笑)


ただやっぱり、それぞれ意識の高い人だらけですけどねー。

普通に仕事してれば、飢え死にすることはないのに、「自分は社会をこうしたい」みたいなエネルギーをもってこういうことに取り組んでいるのですから。



===============
会議の主な論点としては、今後どういうことを目的に、誰をターゲットに、運営やイベントをやっていくか。


社会に対して何らかの問題意識を抱えている人の集まりにして、社会に貢献したいっていう思いを語ったり、その具体的な方法について情報を共有したりするのか、

社会に貢献する「シゴト」としての「NPO」を明確にして、「NPO」への就職を後押ししていくのか。
(現在、将来の仕事の選択肢としてNPOというものがあるっていうのがあまり知られていないのでね。)



どちらも必要なんだけど、はたして両方できるのか、この飯田橋会の特性を生かせるのか、やるならどういた形があるのか、、、、

そういう具体的な話は次回になりそうです。




===================

うーーん、私どこまでかかわれるかなぁ。

いろいろ抱え込んじゃってちゃんとできるか不安っていう思いと、でも私以上に忙しいであろう社会人の方もやっているしここで弱音を吐くのはなんだかなぁっていう思いと。

ちょっと勢いでここまできちゃったのでビクビクです。

あーやべー。私大丈夫かなーーーー。



でも、実際に何かを運営するってやったことがなかったので、すんごい勉強になるし、

授業や本で得られない「実感」が、しっかり得られる。

この会を通じて出会う人のつながりもめちゃめちゃ貴重。



そしてこういう運営って、主体的に関れば関るほど面白いんですよねーーー。




・・・・・・まぁ、なんとかなるかーーー。




==================

今日だって会議後の飲み会で、大人の現実の世界を語ってもらったり、私のなんとなくのビジョンを指摘してもらったり(笑)


NPOのインターンやりたいけどまだ動き出せていないって言ったら、

居座りインターンやればって(笑)

正規のインターンだと色々縛りがあるけど、活動に関る中で居座って勝手にやっちゃうって言う手もあるんだって。確かにそれなら多少の融通はきくなぁ~それにより密に関れておもしろそう!!





あと皆さん、日本財団って知ってます???

競艇の利益の2.6%がこの団体の資金となって、そうやってあつまったお金を、NPOや国際協力事業につなげていくんだって!!!

へー競艇の利益がこんなところに!!!


単にお金を流すだけでなく、「この団体にお金をあげたら、そのお金以上のことをやるだろう!」っていうところを見極めたりするんだって。そういうことって、実際に働いている人たちにちゃんと向き合わなきゃわかんないよね。それをちゃんとやっている(一部の人かもですが)っていうところに感動した。


ここのインターンに行けば、いろんなNPOがみれるってさ!確かに!すんごい興味津々です☆





================

もっとも私はNPOで活動するだけがいいって思ってるわけではないっすよー。

もうちょっと広い視点で見た、学問的な勉強も必要と思っています。


それができるのが大学生の特権!!!頑張ってます。


でも最近本読む時間がないんですよねー(泣)

予定が空いてたら、また別の予定入れちゃって。


「本を読む時間」をしっかり手帳に書いて、わざわざ作ってあげる必要があるなぁ~と気づきましたよやっと。。。。。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。