俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テレビ感想
NHKのETV特集で、湯浅誠さんと内橋克人さんの対談で、

いま憲法25条“生存権”を考える ~対論 内橋克人 湯浅誠~

ってのをノリで見ましたー。


ざっくりと、思ったことだけ書きます。
【衝撃新事実!】

え、生存権、憲法で保障されてはいるけど、具体的に請求する場ってないんだ!!!


そういえば、そんな場所聞いたことないわ・・・・


どんなに法律ですばらしいことが決まっても、その実施に関しては、○○大臣とか政府の裁量に任せる・・・とかで、私達市民の入る余地なし。

そんなんじゃ、物価高でいまの生活保護水準じゃ厳しいですーーみたいな現場の声が届くことはない。たとえ届いても対応が遅いのは目に見えている。



生存権を国に真に認めさせるための闘い、「朝日訴訟」のラストにも、がっくりきました。

その訴訟は、朝日茂さんという、肺結核を患い生活保護で生活していた方が、「今の生活保護のお金じゃ、どうにも生きていけない。これは、最低限度の文化的生活を保障した憲法25条に反する」として、国を相手取って起こしたものです。

そのラストの、最高裁判所の判決・・・その頃には朝日茂さんはなくなっていたので・・・

「原告が死んだから無効」だってさ。


ばかやろーーーーそういうもんだいじゃねぇだろ!!!!!!!!

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。


そして判決文の中で、「あくまで念のため」として書かれたのが、

「生活保護基準の判断は、厚生大臣が決めることだから、裁判所は決められません」

ってことだってさ。(文章は原文どおりではないです)

あ・・・・・あほや。裁判所が適・不適切を判断できないなんて、わたしたちは一体どこに意見を申せばいいのか????


市民の生の声を反映させる場所、絶対必要じゃ。

政府がどんなにしっかりしても、移りゆく現状をきちんと把握するなんて所詮無理って私は思ってるから、

だからもう政府のワンマンは諦めて、市民の声を聴いて欲しいのじゃ。

っていうかむしろ、市民に任せてほしいのじゃ。


そして市民も声をあげたらいいのじゃ。



【そいつはなるほど!!と思ったこと】

湯浅さんが、こんなことを言っていました。

新自由経済は、効率的って言うけど、実はとても非効率なんではないか。

「人間の生存コスト」という、大事なコストを計算に入れていない。



つまり、私なりに解釈すると、これでいいのかしら?

「使えない人」だからって切り捨てても、人間はモノではなくて生きているんだから、その人は生きていくための活動はする反面、生産活動ができないということになる。

生活保護とかをうけるだけで、生産性がない。

また、結婚して子どもを産んで、次の労働力を育てることもない。

だから結局、切り捨てるとコストになり、非効率だ。



・・・うん、確かにそういう面ある。


ある究極的な人は、「切り捨てて一時的にはコストになっても、その人が死んじゃえばいい人だけが残るから、真に効率的な社会になる」って言うけど・・・




人間そんなに簡単に死にませんね。


死にそうになったら、犯罪でも何でもするのが人間です。

そして、死にそうな人がいれば救う人間(中でもすごい人は、救って更にそれを社会的に訴える)もいるのが人間社会です。



また、切捨て型の会社で、本当にスムーズに仕事ができるのか???

仕事だろうが、サークルだろうが、結局人間と人間が顔を合わせている以上、マニュアルだけでは上手くいかない。



人間性を、経済は考慮せねばならなかった。

これから、考慮していけばいいと思います。



【そいつはすげぇや!!】

またまた湯浅さん。

活動家を作るための、学校をやりはじめたんだってさ!!


活動家っていうとおどろおどろしいけど、

海外で言えば「activist」、普通にそうやってなのるみたい。


たぶんこれのことを言っているんだと思う・・・

PARC自由学校の、特別講座、「社会にモノ言うはじめの一歩~活動家一丁あがり!~


何を教えるのかって、集会のやり方とか、チラシの作り方とか?らしい。


最近はめっきりデモとかもなくなって・・・っておいらのお父さんが言ってたけど、そういう風に、一度弾圧されて運動が止まると、次を引き継ぐ人がいなくなるんだって。


社会に対してモノいっていいんだ!って言うことに、まずみんな気づかなくなる。

ちょっと気づいた人も、ノウハウがわからなくて、その声を広く届けることができない。


派遣問題とか、貧困とか、一時的な問題で終わらすんじゃなくて継続させるためには、次世代の「教育」がどうしても必要ですね。


【どうでもいいんだけど感想】
なんとなくこの番組は、チグハグした感じがしたなー私は。

たぶん、湯浅さんの現実から未来を見据えてるカンジと、内橋さんの学問的に「生存権」を捉えて、その運用上の問題を取り上げたりしてるカンジと、2人の間にあるずれが、平行線のままいっちゃった気がした。

互いに補い合う対談だったらよかったんだけど。


そして、番組のテーマ・構成自体も、なんか中途半端。

「生存権」導入の歴史を伝えたかったのか?
派遣切りの問題と生存権のリンクを明確にさせたかったのか?



私としては、「今こういう問題があります。さて次どうしましょう?」っていう問題提起と2人の意見を期待してたので、、、、がっかりでした。

いつもどおり、紋切り型で、学問的見地からまとめるのも、必要だとは思うけど。。。。

今必要で今後もっと出てきて欲しいのは、私が期待してたような、「問題提起型の番組」だと思うんだけどなー。。



=============================
ところで。

近頃私の友人で、体調崩してる人がいっぱいいっぱいいます。
だいじょぶか~~~~????

皆頑張ってる人達ばっかりだから、ここに来て疲れが出たみたいですね。



そういう私は、GWの今は元気っす。

とはいえ今日は、今日は9時~18時まで、ぶっ続けで9時間すき家バイトでした。

すき家バイトでこんなにロングなのは初めてだったので、ちょいと疲れたさー。

帰って、夕飯食べて、ちょっとぐてっとして、本読まなきゃならんかったのだけど、どうにもうずうずして8時から9時半位まで三味線弾いて、ほんと弾けなくてふらふらしつつもやっと人間性を取り戻して、さぁやるぞって思ったところさっきのテレビを両親が見始めて、「湯浅さん+内橋さん=見なくては!」という方程式が頭の中に成立し、見て、これ書いてる感じです。(既に5月4日1:43)




でもそろそろ疲れてきてヤバイと思ってたから、GWはそんなに予定入れないようにしてるのさぁー。

入れてた予定も、体調優先で取りやめたりね。まぁ体がダメだとどうにも頭も働かんので、いいかーと。

いいよねーーー・・・・。

最近睡眠時間を削る元気がなくて、時間が持ったいない気もしてるんだけど・・・・・





でもこうやって予定を自在に組めるのって、学生だからだよねぇ・・・

更に私は実家暮らしで、親に超依存してるから(特に経済的に!!!!)、無理してバイトをどうしてもしなきゃ!!ってカンジでもないし・・・・



なんて甘ちゃんなんだ自分ーーー。


その環境をありがたく頂いて、更なる飛躍に備えるって言う考え方もあるけどさぁ・・・

そもそもちゃんと働き始めたら自由な時間が取れにくくなる、っていうこと自体に疑問を持ってみたり・・・




どうするどうなる自分!?
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


おかげさまで風邪は治りましたw

生存権の話ですか。
憲法の授業で少し勉強したのを覚えてます。

弱者切り捨てに賛成の人は、
自分が弱者になる可能性を
考えたことはあるんでしょうか?
と前から思っています。


>活動家を作るための、学校をやりはじめたんだってさ!!

日本人の精神風土の根本にある
「出る杭は打つ」
「お上の言うことには黙って従う」
「事なかれ主義」
をどうにかしないことには、
どんなに社会が不安定になっても
活動家は増えない気がします。。。

草の根的活動で
根っこから変えていくしかないのかな、と。


今後人口は減る一方なのに、
どんどん切り捨てる人を増やしていったら
国内消費は低迷するしかないですね・・・
リアルに日本沈没も有り得るかと。

どげんかせんといかん。(古っ)
やまピー@1212 | URL | 2009/05/05/Tue 21:25 [EDIT]
>やまピーさん
元気になりましたか!よかったですー☆

・弱者切捨て派のある人に、「自分が弱者の立場だったらどう思う?」と聞いてみると、「自分が弱者で社会の邪魔者になるなら、切り捨てられてもしょうがないし受け入れる」って答えが返ってきましたが・・・

本当にその立場に立ったら、どう思うことやら。


・日本人の精神風土・・・確かに!!!!

でも逆に、日本人って連帯したら強そうですね!ひとりで反対はできなくても、一度グループになれれば、そう簡単に裏切らなそう!

その意味でも、草の根、地域から変えるって重要ですね・・・!「つながり方」「つながる力」がもっと広まればいいな。


・切捨て→消費低迷→企業大変→切捨て・・・・

もうスパイラル!!!
一方で、薄利多売の商売が人気になっているようですが、そういう規模の経済で成り立っているようなものが強くなったとて、本当に一部の人が富むだけですよね。。。

このブログのどっかにかきましたが、マルクスの『資本論』には、

①衣食住とレジャー費用
②家族を持って子ども(=次世代の労働者となる)を産んで育てる費用
③技術革新に伴う自己教育費
の3つをまかなえなければ、労働者の質が低下し、資本主義は崩壊する。

とはっきり書いてあるようです。

・・・どれも、できない人が増えてますよね・・・日本沈没あると思います。


そういえば「どげんとせんといかん」って言葉があるってことは、「どうにかしよう!」って言う気質が、地方の方が強いってことですかねー?
micchiyo | URL | 2009/05/06/Wed 08:38 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。