俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古典芸能は、高い
(23日の記事もアップしました)

なぜだろう・・・

なんで長唄のお稽古代ってこんなに高いんだろう・・・・

うちらがサークルでやってる分には、先生のご好意で破格の値段、ってかほぼタダ同然?で教えていただいています。

先生ご自身も、きちんと長唄を若い人にも伝えていかなくてはならない・・・との使命を抱えているんでしょうね・・・たぶん・・・。

でも、学生サークルとしてでなく、一般の人が個人で習おうとしたら、もう大変です。
まぁ、楽器の個人レッスンは往々にしてお高い。

そりゃ、特別な技術を持った人でないといけませんものね。

また、長唄には、うん百年という歴史がある。

そう安々と、軽々しく扱う芸ではないのかもしれません。



それにしても、高い。・・・と一般庶民の私は思ってしまいます・・・(泣)

あーあ。私ほんと将来、市民社会を構築するような仕事がしたいって思ってるから、絶対収入低いよ・・・・よもや半ボランティアで働く覚悟。もしくは自分で事業を立ち上げる。


ともあれ収入低かったら、卒業後は長唄できないかもな・・・やだよーーー続けたいよーーー

ひとりで練習するより、できたら先生につきたいよーーーー。

==========

なんでこんなに高いの?

慣習風習?格式?

そこらへんは私にはよくわからない領域・・・・


でもそうやって、例えば三味線の先生にお金が集まることによって、家元にお金が回って、すんごい着物を仕立てたりして呉服屋さんが頑張って・・・とか。

富が集中してきたからこそ、発達した文化・芸術があるんだと思う。


だって、生活にめっちゃ余裕がない限り、すっげぇ模様が細かい着物とか、やたら複雑な味の高級料理とか、生まれないもんね。


そうやって発達してきた文化に、「人間やっぱすげぇ!!」って思うか、「なんのためにやっているの?ふん!」って思うかはその人次第ですが・・・・。

==================

でも長唄は、どうなんだろ。

勿論、生活に余裕なかったら、あんな(ってよく知らんけど)洗練された芸術にならなかったのだろう。

でも長唄ってもともと、歌舞伎から来たんだよね。

歌舞伎って、庶民のモノだよね?庶民っていっても多少裕福な町民か・・・?


いつからこんな、庶民の生活感にあわないものになってしまったのだ・・・。


===================

悔しいなーホント悔しい。

個人でバンバン教えてくれれば(教えてもらう金があれば)、ぐんぐん上達する自信はあるのに。

なにしろまじめだからねー私(笑)


まぁ、上達したところでどうするかって話ですが・・・。プロはプロでいるんだし、芸の継承としては、私が上手くなってもならなくても関係ないでしょうが・・・・。

そして長唄ばっかりやってないで、本業やれって話ですが・・・

あ、お稽古代高いのって、高くしないと皆はまっちゃうから?(笑)みんなが長唄やってたら日本終わるなー(笑)

============
あと前から思ってましたが、長唄のお家制度見たいの、ほんっとよくわかりません。

家元に近けりゃえらいの?

あとさ、
教わった曲をさ、勝手にライブとかで演奏したらダメなわけ?やっぱ?

「やります」って報告したら、許してくれるわけ?

長唄の演奏の機会って、ほんと正式な、唄と三味線が並んでやる形しか認められないの?

弾き語りは長唄ではないの?


個人的には、それこそ長唄のプロになる気はありませんが、

友達とバンド組んで演奏する感覚で、自由に発表したいっす。

で、正式な、唄と三味線並んでやるやつもいいけど、

自由気ままに弾き語りで発表とかもしたいっす。


そういう自由な楽しみ方、だめですか?

勿論自由にやるにしても、キチンと教わらないと、ちゃんと三味線を生かした演奏はできないと思う。唄も、きっと音程ずれてるのに自己満足で唄うだろう。

キチンと教わるには、現在「プロ」と呼ばれている方々が一番。だって、昔から試行錯誤を重ねてきた演奏技法を受け継いでるんですもの。


あともう1つわからんこと。

長唄を教えることができるのは、名取さんだけ?

街のピアノ教室の先生とは、なんか資格もっているのかな?音大卒業?

「名取じゃないけど弾けます」っていう人がお金とって教え始めたら、犯罪?名取さんとか正式っぽい人から嫌がらせを受けるとか???


いやぁわからん。そしてなかなか人に聞けない。どうにかしてくれ。






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


家元制の罠ですね(笑)

その業界にもよるけど、初伝みたいなものから皆伝とかとって、準師範のその上に師範免状があったり・・・<お花とか琴とか)
お茶とかだと相伝ていう、その免状を持っている人にしか見せてはならない免状とかあったなー。
お茶やお花は初伝の段階で名前をもらえるから日舞や長唄とはまたちょい違うんやけどね。

名取じゃないのに教えるのは厳密にはまずい・・・。早稲田にいるとあんまそういう感覚ないけど(笑)例えばさ、早稲田の日舞研てほとんど先輩から習って、出来るようになったのを師匠にみてもらってるらしいんだけど。それを聞いた聖心の日舞のお師匠さんはとても不審がっていたよ。名取でもないのに教えるなんてって。こないだ没になった早稲田の日舞研との練習発表会の件も、うちのお師匠さんがいろいろ申し上げたのですよ。<学期内の稽古で発表会が開けるようなレベルまで全員が達していない。聖心日本舞踊愛好会の名を出すのであれば全員が出演すべき。このような共同開催は今後も付き合いがある可能性も出るので、ご一緒する相手の団体をよく吟味すること。うんぬんかんぬん)

唄い方、踊り方ひとつでお里が知れてしまうこの世界ですから。<師匠の前で違う流派の癖を見せると無視されたり嫌味を言われるのはあたりまえ)自己紹介も「△流○○が弟子~」って自己紹介するし。

これでも普通の家元制は名取になれば他所で教えて生計を立てられるけど、祇園の舞妓さんの流派は家元からしか習えないっていうシステムなんだ。だから、芸者さんでどんなに上手くなっても、そこから引退して別の人生を歩むのに、踊りを教えて生計を立てることは出来ないんだよね。これ結構問題になってる。

まぁ、私が知ってるのはそれくらいかな・・・
kmhr | URL | 2009/05/29/Fri 01:22 [EDIT]
Re: タイトルなし
>kmhr
返信遅くなってごめんー!

さすが!!勉強になるわー!
家元制うんぬんかんぬんは、気になるけど面と向かってはなかなか聞けないのよね。一般庶民のわてらには、どうしてもブラックワールドに見えてしまう。。
だって
>師匠の前で違う流派の癖を見せると無視されたり嫌味を言われるのはあたりまえ
なんて・・・・・・・恐ぇぇ!!!!!
でもそのシステムによって、今まで芸が受け継がれてきたのも事実なのかしらね。


>こないだ没になった早稲田の日舞研との練習発表会の件も
あ、そういえばそんなことありましたね・・・。そうだったんか。

頑張って祇園の舞妓さんを救ったげてください!そんな問題があるなんて、普通の人は知らないからな・・・。

micchiyo | URL | 2009/06/04/Thu 10:46 [EDIT]
伝の会
初めまして。
私も長唄はお堅いイメージでしたが、「伝の会」という長唄三味線ユニットのライブを見てイメージが変わりました。
オススメです☆
かおる | URL | 2010/04/10/Sat 21:18 [EDIT]
Re: 伝の会
> かおるさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
「伝の会」、HPは見たことありますよ~☆あの2人組のやつですよね!おもしろそうと思っていましたが、やっぱり面白いんですね!

最近疲れ気味だったので、あらためて今度見てみようと思います。長唄の楽しさ忘れかけていましたが、ふっと思い出すことができました!
micchiyo | URL | 2010/04/12/Mon 00:01 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。