俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気合
昨日は、

なんだかふっ切れた日!!!!

何がどうとは書かないけれど。

やっぱり私は突き進むしかないっ!!

勉強頑張ります。

長唄も、今週土曜日が本番なので、頑張ります。

長唄、非常にヤバイです。

着手が遅かった&、全体の合わせやテンポどりに時間をとられ、自分の練習がさっぱりできていません。



全体をまとめ、他の人に教えたりしていくのは、もう諦めモードです。

これはもう、私が言ってもどうしようもない。

本人が気づいて直さない限り。

ここらへんはサークルなのね。プロじゃなく。

色んなスタンスで長唄やる人がいるので、皆一様にある完成度を求めることはできない。残念ながら。

これはホントにイライラする。これに関しては、もうさっさと長研なんか辞めて、同じ想い持ったメンバーとやりたいと思う。

過去に、ほんとに長唄一筋の先輩がいて、その人がサークルのことをさじ投げたみたいな言い方をしていた気持ちがよくわかった。



勿論私自身は、このサークルで学ぶべきことは長唄だけじゃないと心得ているし、

実際、めんどくさいけど練習を通じて仲良くなれたりもして、幸せを感じる。

だから私は長研が好きだし、全力で守るつもりでいる。

ただ、長唄演奏に関して、この中途半端なスタンスは非常にやりにくいだけです。



まぁ、とはいえなんとかまとまりつつある。皮肉にも。

それぞれ頑張っている人もいるし。

自分が出来ていないのを人のせいにしているだけかもしれんなぁ。



唄に関しては、全く音程が取れない。

非常に気持ちの悪い不協和音がしまする。

いまさら気づいたんだけど、唄い方から変えなくちゃならなかったのかも。


今まで、低い調子で勇ましい語り物ばっかりやっていたから、声が低音用になってしまっている。


でも今回は、四季の山姥、しっとりと、高音もある。

しかも唄い手、全員女。よく考えたらこの状況初めてです。(新入生の時の唄を除き)


はぁぁ、やばいなぁ。。。。唄いたくねぇなぁ・・・・。


でも昨日は、ある知り合いの方が来てくれるとわざわざメールをくれ、パワーが出ました。

ありがとうございますーー☆☆


誰かが聞いてくれるなら、全力を尽くさねば。

もうちょっと、頑張ろう。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。