俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


就活宣言!!
(9月4日)(続き書きましたー)

いわゆる「就活」たるものをやってみようと宣言します。

前にも一度だけ合同説明会に行ったことあるけど、その後はNPOインターンとかに夢中になってたし、大学院で研究しながらどっかの市民活動系の団体を手伝えたらなぁって思ってたから、特にシューカツは何もせず。


でもインターンや、飯田橋会での仕事してたら、働くことが楽しくて仕方ないことに気づいて。

と、同時に、私の社会常識・マナーのなさ、それらの大切さもひしひしと感じて。

新卒で何年かは、一般企業で働いてみるのも純粋に楽しそうだし、ビシバシ社会常識も獲得してもいいなと思ったんだ。


もちろん、予定は未定なんだけど!!昨日もちいきふくしの勉強会行って、研究楽しそー大学院もいいなぁなんて思ったりもしたけど!!


とりあえず、動いてみましょう。


ということでタイミングよく見つけた、野村證券のJOB Fairなるものに行ってきました☆


これは三時間のプログラムで、
初めの一時間は講演
(野村證券の話ではなく、外部の人の講演。メインは、「大局を見て未来を考えよ!」的な話だった気が。)

後は、日経新聞の読み方とか、金融って何?って話とか。

で、メインはグループワーク。ある時事問題を取り上げて、少人数で話し合って、野村證券的に新しいビジネスとして何ができるか考えて…というもの。



結論!!
行ってよかった。
(講演も刺激的な部分もあったし、日経新聞の読み方すごい役立ったし、グループワークはいい頭の体操になった!)

…けど、色々考えもした…。



やだなぁ。

グループワークとか、やたらと元気そうにイニシアチブをとるような人。

いや、うん、いいんだ、いいんだけど。

何考えてんのかなぁって・・・



私はああいうの、疲れちゃうなぁ・・・

別にハキハキ元気に、隣の人に積極的に話しかけるって、私は出来ると思う。やろうと思えば。


うん、、、、、、まぁぼちぼちやっていってもいいかな。うん、それはそれでおもしろそうだし。。。


実際グループワークで積極的にやっていて、すごいな頭いいなーって人も結構いたし、あなどれない。


うん、まずは雰囲気で「ムリ」って決め付けないで、私は私の軸を見失わない範囲で、シューカツをちょっとやってみよう。うん。





あと皆さん、説明会とかで出会った人と一緒に帰ったり、「どこ住んでるのー?」とか話すんですね。

私もセミナー行った時とか、出会いも求めるしチャンスがあれば誰かと話したい人だけど、


あんなにみんなが勢い込んで話ながら帰っていく光景は異様でした。

新たな出会いを見つけて、キラキラしている人は、まぶしい。


でも私はなんとなく、その中には入れなかった。

1つには、今は出会いは間に合ってますということ。
既に自分の中で、出会いを求めるピークがひと段落して、今はゆっくり消化したい時期。
自分が動くことで、引き寄せられていった人が、たくさんいる。


あともう1つは、会話の内容。
何かに引き寄せられてであった人たちとの会話とは、違う。
とりあえずつながっていようという感じがする、人たちもいた。






別に批判はしていない。

お高くとまっているわけではない。

ただびっくりしちゃっただけです。

あんなにたくさんの同年代に囲まれるの、久しぶりだったし。



これからも、あんな感じの空気にもまれなきゃいけないとなると、ちょっとうんざりだけど、

その空気の中、自分を保って上手くやっていけたら、すごくない?


====================

まー思うところはあっても、

まだまだ一回目。

もうちょっと企業のこと知りたい。

企業が存在する社会について知りたい。



シュウカツで、だいぶ社会の一般常識が学べそう!!!!!!


この点は本気でわくわくしてます。


あーなんでもっと早く動き出さなかったんだろう☆

新聞をちゃんと読んで、

好きな企業に好きなだけ行けて、



なんて面白い、なんてステキな時間!!!!

新卒で行くなら、こうやって勉強しながらシュウカツできるのは今だけ。


楽しみたいです!

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。