俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最期
私のとっている授業の担当教授が、先週亡くなったというのを知った。

先週いきなり休講になったので、何事かと思っていたら。

本当に急な最期だったそうだ。ご家族も全くその兆候を感じなかったらしい。


統計学の授業でお世話になっていて、大教室だし直接話したことはなかったけど、好きな先生だった。

わかりにくそうだけどよく聞くと分かりやすい講義でとっても良くて、話し方に先生の人柄が出ている気がした。

それだけにショックだった。

もちろん、この間まで元気だった人がいきなりこの世からいなくなるという事実にも、改めて悲しくなった。人の死に直面する経験が少ない若者ゆえの感情であろうか?




こういう時の決まり文句がある。本心で言っている向きもあれば、騒ぐ心を落ち着けるために唱えているような気もする。


ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。