俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やってしまいました
(中断、再開しました。)

たった今、不審な行動をしてしまいました。

新宿のマックで一人で勉強してたんですが、その後ろで話していた二人組に、

突然、飯田橋会セミナーのチラシを渡してしまいました(笑)


だってその二人の話し声が、嫌がおうにも聞こえてきて、

どうやら、役者なのかまだ卵なのかわからないけど、これからどうするのか考え中らしく、

「とりあえず大学行って教養をつけようか」とか、「もっと本や映画をみたり、幅広い趣味をもって色んな人と話したい」とか言ってるの聞いたら、

居ても立ってもいられなくなりました。


まさに若者が、社会に出ていくとき、みたいな。

まぁ完全に私より年下であれだけ自分の将来のコト考えてて、他の同年代より格段にしっかりしてるのだろうし、私なんか本当に余計なお世話だろうけど、


それでも居ても立ってもいられなくなったのは、何だか「視野がまだ狭いなぁ、このままだったら残念だなぁ」って思ったから。

もう役者としてやっていくとか、かといって今のままじゃ不十分だから頑張らなきゃとか、芯がありそうだけど、でも「自分の見える範囲の世界」の中で見つけた「芯」だと思ってしまった。


幅広い趣味を持つのもいいけど、それだけではやっぱり幼稚だ。

これは彼らのことというより、周りの若者の会話を聞いてよく思うことだけど、

同じ社会にいながら、趣味を楽しめない人がいること、
そんな多趣味に振り回されなくても豊かな生き方があるってこと、


自分の今いる世界なんて絶対的なものでないってこと、知ってるのだろうか。



何だか小難しいこと書いてしまいましたね。

まぁ私が日々感じてるのは、彼氏との関係がどうとか、あの人のあの行動はないよね~とか、身近なネタを話し考えるのも大切なんだけど、もっと視野の広い会話もしようよってこと。


そういう「身近ネタ」って色んな人と共有できる感じがするから、ついそういう話をして仲良くなった気がしちゃうけど、私はそういう会話、中身がないくだらないって思っちゃう。
頭で考えたことしゃべってんじゃなうて、雰囲気でしゃべってるみたいな。「ないよね~」っていったいどういう基準で???そこ確かめないでさ、結局雰囲気で話してるでしょ。

自分的な「ないよね~」の基準を語るのがめんどくさい?語ったところで受け入れられないのが怖い??


======

えーと、だいぶ新宿のマックで会った人の話からずれてしまいました。

話戻すと……


えーとすみません、ちょっと中断。

=============

あい、復活しました。

まあ新宿でであった彼らにチラシを渡してしまったのは、小難しいことはなく、

純粋に、もっと視野を広めるチャンスがここにあるよってことを伝えたかっただけ。



渡すまでめっちゃ躊躇したけれど、「頑張って欲しい!もしかしたらこのセミナーも役立つかも!」っていう想いが勝った。


やらない後悔より、やって後悔。
うん、スッキリしました。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。