俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「これから」のNPO
(前の記事、中断部分書き加えました。)

先日インターンの仕事で、NPOへの某助成金プログラムの報告会のお手伝いをしてきました。

その助成金プログラムでは、まだこれから成長するところ!というNPOに対して小額の助成をしています。



そこで、実際に助成受けている団体さんとお話する中で気づいたこと。

まだまだ、未熟なNPOがいっぱいあるんだよなぁ~ってこと。


学生をインターンさせるようなNPOや、有名どころのNPOは、わりと規模が大きくて、組織もしっかりしていて、
なにより代表の方が「こういうときはこうする」という明確な行動指針を持っている気がする。

でも一方で、NPO内の人の上下関係でごたごたするとか、活動が停止状態で次行報告書もろくに書かないとかっていう未熟な団体もあるんですよね。


いや、未熟って言ったら失礼かもしれません。そもそもNPOの間口が広すぎて、きっちりNPO運営の基礎のようなものを押えて活動を広げている団体もあれば、近所のサークルレベルのものもあるだけですね。どっちがすぐれているとかではなく。

近所のサークルレベルのものも必要なんだけれど、
しかしこれからの市民社会構築、市民が第3セクターとしてしっかり認められる存在になるために、市民による営みの一形態としてNPOを位置づける場合は、ご近所サークルではだめ。


なんかもうちょっと、区分けしたらいいのかな。


とりあえず、NPOといったら理性的な市民が運営していると最近思い込んでいたけれど、
そんなのはまだまだ一部のNPOで、特に地方にはNPO運営の情報も行かないし「市民社会の担い手」たるNPOとしては「未熟」な団体が多くあるってことを、再認識しました。



==============

ついでに今日のこと。
知り合いの、修士論文の発表会に行ってきました。

行ってよかった。
専門外の分野ながら、研究方法など勉強になったのはもちろん、
「大学院ってこういう感じなんだ」っていう雰囲気を感じれた。
もちろん内容自体も興味があったので、面白かった。

私もがんばろーーー!
と思って、今更ながらやっと過去問にちゃんと向き合った。

なんか撃沈。
っつーか「修士課程入学試験」っていう名前に負けそう。
修士だって、私大丈夫かな?
しかも、決して私にとってとっつきやすくない、経済学で行こうとしてる。

怖いな。でも自分との戦いだな。
友だちは就職活動でかなり頑張っているし(私は就活っぽいことすると拒否反応でるのでほぼやってませんが。)
社会人の知人も、それぞれ大変そうな中頑張っている。

私だけ怠けるわけにはいかないもんな。

がんばろ。


明日は横浜進出です。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/12/Fri 14:06 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。