俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


布ぞうり!(ボランタリーフォーラム速報!)
見てみて!布ぞうり買っちゃった☆

布ぞうり!

布ぞうりとは、その名の通り布で作ったぞうり。
いらなくなった服の端切れなどを利用して作ります。
いつのころからかプチブームで、近所の公民館の講座でも布ぞうり作りが取り上げられているのも見たなぁ。

素足で履くから健康にもよく、かつあったかい!
そして、歩きながら家の掃除ができる(笑)水がこぼれたらとっさに拭いたりね(笑)簡単に水洗いできるから大丈夫なんだって。


どこで買ったかというと、東京ボランティア・市民活動センター主催のボランタリーフォーラム2010で、
国際協力系の団体や福祉作業所が一堂に会しての販売コーナーがあってそこで。

ちなみにそのボランタリーフォーラムには去年も行きました。私の第一歩を踏み出すきっかけになったフォーラムです。
うーん、あれから1年。感慨深いわぁ。
(ボランタリーフォーラムのトップページに去年の写真があり、こっそり私も写ってます(笑))

============

今日買った布ぞうりは、「NPO法人 共同作業所かたくり」さんのもの。
なんと!一足700円!!安い!!

普通に2000円くらいで売ってるもん!

何でそんなに安いのかというと、その作業所の方いわく、「衣類を無料でいただいた御礼の気持ちもこめているからさ」とのこと。くーなんてかっこいい心意気!!

色々作業所の方とお話していたら勉強になった。

まず、この作業所は知的・身体・精神の3つの障害を持った方を受け入れているとのこと。
3種類どれもって言うのは珍しいらしい。

お互いに、お互いの障害のことが理解できず、衝突することもあるけれども、
「でも楽しいよ」って職員の方は言っていた。


また、9時半から4時くらいまで働くらしいのだが、
それでお給料が1日600円。

時給じゃないよ、1日だよ。
他の作業所も大体そんな感じで、500円くらいのところもあるとのこと。
やっぱり、払えないんだって。お金なくって。
一ヶ月働いても一万ちょっとだ。

これじゃ自立には程遠い。(ここの作業所は、トレーニングしたら一般企業に障害者枠で入れるような人よりも重めの人を受け入れているという性質もあるので、製品を作るにしてもそんなに大量生産できるわけでもないらしい。)


作業所としても赤字で、職員さんのポケットマネーを出すことも。

厳しいなぁ。



やっぱり、働かないと食べていかれないのかね。

製品を作るために頑張るという姿勢は、もちろん必要だろう。
頑張ればできるんだったら、頑張った方がいい。生きがいにもなる。

しかし、頑張ってもムリな人もいる。
どんなに頑張っても何人かで1日2個しか布ぞうり作れなかったり。

また、製品を作って買ってもらうってことは、
今の時代「同情」じゃなかなか買ってもらえないし、買って欲しくもないであろう。


これはちょっとひねくれた考え方だけれど、
買ってもらえるような製品を作るってのは、
人々の嗜好・ニーズ・流行などに合わせるってことになる、気がする。

そこまでして人の嗜好を探って、一生懸命生産しなきゃいけないのかなぁ。。
既に豊かさで満たされている世の中の、ちょっとの隙間を見つけ出して、そこを埋めるように製品を作り、売る。

確かに、隙間を受けるような商品を買うことで満たされる部分はあるけれども、
そこまでして生産しなくても、「そこに存在するだけでよい」みたいにならないかしら。


今日、確かに私は布ぞうり買った。気持ちよさそうで前から欲しくて、かわいくて、安かったから。
でもそれを買った満足感と同様、いやそれ以上に、作業所の職員さんとの会話が楽しかった。
せかせかしていた心を埋めてくれた。

会話をするってことには、何の生産性もないし、値段もつけられないけれど、
私は確かに「満足感」を得た。



お金が行き来しない「満足感」の交換。
これ大事にしたい。
けどこれだけじゃ食べていけない。(自分で農業をやるか、農業やっている人と「満足感」の交換をしたらついでに野菜もついてきた!とかなければ。)


うーーーーん。
お金がないと生活必需品が手に入らないって、ある意味めんどくさいねーーーー。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


本当にそうですよね
布ぞうりのお話、とてもあたたかい気持ちになりました。

『作業所ならではの手作りのあたたかさ』

大切にしていきたいですよね。

お金では計れないところにも幸せはきっと

きっと、たくさんあるんですよね?

もし

そうそう!もしも、お金がいらない世の中だったら…そう考えて本や寸劇にした人もいました。これがまた!とっつきやすいんですよー!

・お金がもたらす社会のひずみ

が読みやすいストーリー調で書かれています!

「お金のいらない国」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/

みっちーさんもぜひぜひ見てみてくださいね(^-^)

『ボランタリーフォーラム』

そうでしたねぇぇぇー

こんなときに仕事してる場合かよ!ですよねぇ(>_<)なんてね。

みやびにとっても

ボランタリーフォーラムは視野を広げるきっかけになりました。

みっちーさん、写ってますねー!!みやびはちょっと後ろ姿だけ…(*^_^*)

とにかく、フォーラム、お疲れさまでしたぁ~

以前、カキコした

・ベーシックインカム
・相田みつをさんの本
・路上訪問

いろいろとお話を聞いてくださって本当にありがとう。今月は社会(まち)づくりのワークショップにて、みやびも社会への思いを語っていきたいと思います。

寒い中、体に気をつけてね。

みっちーさんが

これ、やってみたい!

と思ったこと

みっちーさんが選んだ未来できっと

みっちーさんの持ち味

発揮できると思います
みやび | URL | 2010/02/07/Sun 20:34 [EDIT]
>みやびさん
コメント返すの遅くなって本当にごめんなさい!!

お金のいらない国、の動画、見ましたよ~~!!
すっごい面白いですね!思わず普段の生活を考えさせられる。。。

実際お金や制度がなくって社会が回っていくかどうかは別ですが、
少なくとも今の社会が絶対ではないんだってことがわかる。

閉塞感を感じるなら、打ち破ればいいのだ!ってね。


そうですよ~ボランタリーフォーラム。今年はみやびさんお仕事だったんですね。
ここだけの話・・・氷河期世代の働き方、申し込んでましたよね!?私受付やってました(笑)

「社会(まち)づくりのワークショップ」おもしろそうですね~。みやびさんはいつも私の知らない情報をくれるので本当にありがたいです。

みやびさんもお体にお気をつけて、でもこのままのアクティブさで頑張ってください~
micchiyo | URL | 2010/02/15/Mon 23:06 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。