俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まずは景気対策といいますが
景気の回復!!

雇用創出!!!


とおっしゃいますが。


どんな形で雇用を創出するつもりなのかよくわかんない。



今までのような、大量生産大量消費の時代はとっくに過ぎた。




今までの企業(等)の景気をよくして、雇用を増やしたところで、

そもそもその企業のやっている事が時代遅れだったら、またすぐにつぶれる。




これから、どんな分野に雇用をつくってゆくのか。

・・・という問題は、単に頭数をそろえて雇用を吸収するにはどうしたらって問題でなく、

社会のグランドデザインを描いていかないと見えてこない。



具体的に私は、これからは「ケアの時代」だと思っている。



っていうといいこと言ってそうで実は中身がしっかりしてない気もするが。


とにかく、効率性重視・競争競争の仕事じゃなくて、人間相手に、関係性を築きながらやっていく働きかたのニーズが絶対増えるし、実際そういった働き方を望んでいる人が増えているのでは?



具体的に私の身近には、「プログラム・オフィサー」という仕事をしている人たちがいる。


プログラムオフィサーってのは、資金をどの団体や事業に流入されるか決めたり、実際に資金を投入した団体とともに事業を考えていったりする仕事、かな、たぶん。


私のインターン先は、企業や財団を協力して、市民活動団体への助成金プログラムを実施してるので、

そういった事業を展開するスタッフは=プログラムオフィサーだ。



プログラムオフィサーの方々の働く姿を見ていると、単に「資金分配係」ではないことがすぐにわかる。


助成先の団体さんでも、協働している企業さんでも、電話の会話一つ一つに気遣いが込められていて、

でも言うべきことはきっちり言って。


特に、対団体の対応は絶妙。
資金を分配して終わり、じゃなくて、その団体を育ててゆくのも仕事なので、

ちょっと所用で電話した折にも、「最近どうですか~?」と聞いてみたり、励ましてみたり。


団体さんにしてみたら、そうやって外部の人に気にかけてもらっているというだけでやる気がでるだろうし、励まされないとつぶれちゃいそうになる時もあるだろう。



また、資金を分配する際には、時代の先を見通して助成するという目が求められる。

これからの時代に何が必要なのか、を、(私のインターン先の場合は)市民目線で考えて、応援してゆく。



市民の問題は、常に市民感覚でいたり、人とふれあっていないとわからないもの。



人と人とのふれあいの中から問題を察知したり、沢山の人々(カッコよくいうとステークホルダー)ときちんと信頼関係をきづきながら仕事を行ってゆく。




冒頭に言った「ケア」というと、福祉系の仕事を想い浮かべるかもしれないが(福祉系の仕事ももちろん大切!だが)、

もうちょっと広くみて、人とつきあって信頼関係を築きながらやれるスタイルの仕事が、今後メインになってくるだろうと思う。メインになってきてほしい。既存の働き方もそっちにシフトしてほしい。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。