俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元気の源
うぎゃー

ねむい。

どうも夏は調子でないんです私。

冷房がね、苦手で。だるいの。


思い出すなぁ高校3年生の夏。受験勉強が全くはかどらなかった夏。



朝勉強するといいっていうから頑張ってはみたけれど、夏の時期はどうしても、お昼過ぎまで頭が冴えなかった(苦笑)




こんな時には、最近お気に入りの劇団のHPをのぞき、その劇団員さんのブログをのぞく。


元気でたー。



役者さんてホントパワフル。決して有名とはいえない、マイナーな劇団だから、

その劇団だけの公演では食べていけず、色々な劇団や学校を掛け持ちしていらっしゃるかたが大勢いる。



めっちゃ、ハードやろうなぁ。




でも、ガンバってる。ああこっちも元気でますわぁ。



私は中学時代は演劇部だったので、実は好きなんですよ演劇。お金ないからめったに見に行けないけれど。


一時は役者になりたいなーーって思ったこともあったし、高校の1年から2年くらいは、そこそこ本気で舞台照明の専門学校に行こうと思っていた。





今も縁あって、長唄をやっているから、

たまに大きなホールで演奏するときは、ワクワクする。


舞台の裏から三味線抱えて入っていって、

黒い服きた舞台の技術屋さんがうろついてて、


みんなの、緊張を無理に蹴散らそうとしてる、独特の雰囲気。



自分が演奏する時だけでなく、プロの演奏の幕引きのバイトもたまにしてます。


長唄って、いつが曲の終わりかわかりにくいから、


「ここで幕を下ろして欲しい!」って言うタイミングで、舞台の幕を下ろす人に合図をするんです。


また、これも長唄関係のコネで、あるおっきな舞踊コンクールのバイトも期間限定します。

これは基本受付とか控え室で審査員の方の接待とかだけれど、うろうろと舞台袖にも侵入する。





よく考えたら、舞台関係をうろうろする機会、けっこうあるなぁ自分!






あ、そうこうしているうちにこんな時間。



あーやらなきゃ。







スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。