俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もんもん
はーーーー

意味もなくパソコン開いてふらふらしてまた時間を浪費してしまっている。

現実逃避中の私の行動。

PCおそるべし。マジで時間泥棒やわぁ。

そんなわけで、ネット接続したときのトップページをヤフーからグーグルに変えました。ヤフーだといろんなニューズが目に入って、思わずみちゃうから~



昨日は飯田橋会の会議だった。ひさしぶりに。

今回は、メンバーそれぞれが取り組んでいる事などを語り合う時間を設けた。


同じ空間にいるけれど、本職は別々だし、ほんとそれぞれの夢を感じた素敵な夜。


ところでこの飯田橋会メンバーの語る「NPO」と、インターンで係わっている「NPO」と、周りの友達がぼらんていあで係わっている「NPO」

なんだか語られ方が違う。



飯田橋会メンバーの語る「NPO」は、メンバーみんな若くって「社会を変えたい!」っていう熱意むんむんで活動しているから、勢いがある。むんむん発せられる雰囲気は社会起業家のイメージに近いかも。



インターンで係わったNPO・・・・って色々あるんだけれど例えば自分のインターン先は・・・プロ集団ってかんじ。実際、資金仲介に関わることでかなり専門性が高い。また、スタッフの年齢も40代くらいと飯田橋会メンバーと比べたら高い。

こっちは、とつとつと社会課題に向き合っているかんじ。一方で自分の生活も確立されていて、淡々と動いているかんじ。



友達がボランティアに行っているような団体は・・・これまた色々なんだけど・・・たまたま、広くボランティアを受け入れている団体が多くって、ボランティアの年齢層もバラバラっていうパターンの団体に関わっている友達が多いかも。
地域に根付いて、地域の人を広く巻き込んでやっているというか・・・環境系でも障害者支援でもまちづくりでも。
飯田橋会メンバーの語るNPOのような勢い(事業性?揮発性)はそこそこで、プロフェッショナル性もそんなに(表面的には)感じなくって、

地域の課題に向き合ってみんなで解決しようとうごいてきた流れがあるのかなーって感じる。



NPOっていっても、いろんな形がある。

今、自分が「スタンダート」と思っているNPOの形も、色々あるNPOの一部だし、今までの市民活動・市民運動の歴史があったからこそ作られてきたもの、じゃないかしら?






そんなわけで、いや実は前々からやりたかったんだけれど、

NPOに関する勉強会を立ち上げました。


NPOにボランティア等で係わっている若者(学生)を集めて、

今あるNPOができてきた流れを探るべく、市民活動・市民運動の歴史を勉強することになりました。


勉強する中で、今のNPOの社会的立ち位置をつかみたいなぁと思って。



やっと、立ち上げられた~

今まで、仲間が見つからなくって。

同じ問題意識を共有できる仲間に出会えてうれしい今日この頃です。





さて、浮かれるのはこれくらいにして。勉強会詳細はまた落ち着いたらアップするとして。





大学院の研究計画書の修正がおわんなーーーい・・・・・・・

自分の英語力のなさにあきれる・・・・

っていうかなんとなく心定まらなくってもんもんしてる・・・・




おそらく、どの道へ行っても私はそれなりに頑張れる。ヤバいと思ったら自分で軌道修正できる力を、身に付けた。




でもねぇ。迷うもんは迷うよねぇ。高い学費かけて行こうってんだからねぇ。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。