俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(覚書)ILO、留学体験、センターボラ、、、
ここ数日の覚え書き。5点ほど。

1、ILO主催のちょっとしたセミナーに行ってきた。
ILOのちょっと偉い人?(あいまい!)が、日本のろうきん等を視察した報告のようなもので、世界的視野から社会的経済について語ったり、日本の労金という仕組みの特色・素晴らしさ・問題点について語る。

日本の労金は、実は世界にまれにみる素晴らしいしくみなのだそう。
本当に、労働者のための金融機関というスタンスを貫いている点で。

外国にも同様の仕組みはあったらしいが、徐々に事業を拡大してしまい、労働者のために始まった機関もその他の金融機関と変わらんようになってしまった。

世界のマネーゲームにも手を出して、結局リーマンショックで打撃を受けたりと…。

その点日本は、ある意味労金は法的にいろいろと規制されており、そうやって他の金融機関のように好き勝手できないようになっているのだそう。

この仕組みによって、日本の労金は真に労働者のため…というスタンスを保ったまま存続しており、すばらしいとのこと。この日本の労金の仕組みはILOも注目しており、諸外国にも広めたいとのこと。


もちろん現状の日本の労金の問題点についても言及していた。(労働者のためと言いつつ、結局その時想定されているのは「組織化された(組織化できる)労働者…正社員」であって、非正規労働者などはまだまだ網の目から漏れているなど…

また、これは別ルートで聞いたのだが、いろいろと既得権益がらみのこともあるとかないとか・・・よくわからないけど。



こういった話で驚いたのは

・私が大学院で研究しようとしている「社会的経済」は、ILOもただいまめっちゃ注目しているらしい!
やばい、私先見の明ありじゃん!(笑)

日本じゃまだまだ知られていない、社会的経済という考え方。(私もよくわかっていない。でもこないだカナダ人の人に「ソーシャルエコノミーって知ってる?」って聞いたら「ソシオエコノミクスなら知ってる」って言ってたな…だいたい同じ概念を指すのかな…)

ILOの動向についてフォローしないといけません。


・労金そんなにすごいのか
昔からあるから、今更目が向きにくいかもですが。
でも実際、労金の方で社会貢献系の事業に力入れている方とお話していると、めっちゃアツイ。

自分たちが、労金として、何ができるかを真剣に考えていらっしゃる。

新しいものに飛びつきがちだが、社会に根をはって頑張っている動きにもキチンと目を向けて行きたい。




2、留学体験合宿(Ryugaku Taiken Gasshuku)←I dont know why the official name of this is not "Ryugaku trial camp"or else...

I had an great experience spending 3days with first met Waseda students(about 20) by using English
only.

But,actualy, we spoke many Jananese in my room or taking a bath...

but it was very good chance to take English classes from morning to night. thses ware a bit hard for me.

the classes' levels ware not so dificult to understand, but of course I couldnt tell what I wanted
to say perfectly not only at classes but also at meals or free talking whith our teachers and so
on...

cannot tell fully was soooooo stressful!!!!! I realized!!!!
especially,spending with members who met each other on the first day of Gasshuku.No familiar members who had known since before...

I could hold myself in readiness for going study abroad or taking English lesson in foreign countries.
it must be more more more stressful than this time.

As a hole, the Gasshuku was so woderful experience for meXD


3、日本NPOセンターにてボラ・ワーク!

インターンしていた市民社会創造ファンドと同じビル&ファンド設立の母体となった団体である、日本NPOセンター。

前から関わりはあったけど、なかなかがっつり関われず・・・

なんかいっつも忙しそうで、スタッフの方とも仲良くなれずじまい・・・

っていう積年の思いもあり、春休みの間だけちょこちょこボランティアで仕事することにしました。

ここで働きたいと思った理由はいくつかある。
・普通に生活していると、すでに自分の抱えている関心や仕事から抜け出せず、視野が狭くなる。ボランティアとして働けば、最新資料なども否応なく目につき、関心が広まる
・日々刻々と変化している、社会やNPO関連の状況の変化スピードを、おそらく事務所にいれば感じられるだろうと思ったから
・スタッフさんたちの働くスピード感を身につけて、自分も仕事したかったら(私の仕事は自宅個人作業でできちゃうのですが、だれちゃうのが嫌で・・・)
・インターン先の団体は、わりと相手から資金が入ってくる感じで、資金獲得の苦労のようなものがかわらなかったのだが、ここはスタッフそれぞれが働きかけて資金・仕事をとってくる感じだそうなので、そのパワーを感じたい。

…などなど。ただ基本的に今は自分のやりたいことは自分なりに進めているので、日本NPOセンターでは自分が主体的に何かをやらせてもらうというより、ちょっと手伝いつつ勉強させてもらうってスタンスで行こうと思ってんですがね。

一回具体的にどんな仕事がしたいのか話をして、今日(10日)初仕事しました。

まず、元インターン先と全然雰囲気が違う。企業によって雰囲気違うのと同じなんだろうけど・・。

ざっくり言えば、ここは自分からかなり主張して、がっついていかないとやっていけないなーという感じ?
ファンドはもっと、平和で穏やかだったかも…笑

飲み込まれないようにがんばろ。。。笑


あ、日本NPOセンター主催の、2月17日のNPOと行政の対話フォーラム、私手伝いで行くので、行く方いたらお会いしましょう

ちなみに、今回のボランティアなどNPO関連で抱えているものを「仕事」と呼ぶのは、私にとって今回のボランティアは自分の勉強(=自分の将来の仕事の準備)に直結するので、私の認識的には「仕事」だからです。

逆に、私の中で将来の糧にする要素が低く、余力的に・でも自発的に何かやるんはボランティアと呼びたくなるかも。まあ私は自分の職業として自発的に何らかの社会課題を見つけてその解決に取り組む…的なことやりたいんだから、全部仕事になりそうやけど。嫌ないみじゃなくって。


4、低所得者向けの施設で夜勤バイトスタート!

まだ研修ですがね。

がんばりますよ。

まだまだ利用者さんの顔が覚えられず、何もできませんが・・・
また、いろいろ対応ミスったらその人の命にかかわるので、めっちゃ大変そうですが・・・

何事もなければ、楽しくやってゆけそうです。

次回のシフトが楽しみ!

あとはみなさん、様々な病気を抱えていたりするので、それらに関する勉強が必要だな。。。もっといろいろ知りたいのー

なんかどこまで業務機密なのかわからないので、怖いからさらっと書くに留める!!!!


5、久々のリフレッシュターーーーイム!

友達と飲んだーーー笑

テストが終わったと思ったらいろいろ仕事入ってきてしまって、とくにこの1週間は知らない人と3日も拙い英語使って過ごしたり、新しく出会う人に囲まれすぎて、けっっっっこう精神的に限界来てました!!!!


気心知れた人とぐでーーっと飲むのも大事やぁ~~~~。
まぁ思ったほどにはぐでっとしてなかったけど…(笑)いつの間にアツく語ってたし…笑


私、大学ではほとんど友達つくれなくって。

せっかくちょっと話せる仲になっても、そこまでお互いのことを出し合う積極性が持てなかったというか、なぜたまたま出会った人と仲良くせなあかんのか、その必然性がわからなくって、踏み込めなかった。

なんか、本当に大切にすべき友人なら、「あって即意気投合!」みたいな運命的出会いなのかと思っていた笑

でもようやく気づいたけど、結局友達とかって、偶然出会った中でゆっくりお互いのこと話したりして、だんだん仲良くなってくるもんなんだよなーと。

プロセスを経て、徐々に大切な存在になってゆく感じ。

そういうプロセスを、丁寧に丁寧に広げていって、大切な友達が増えたら、どんなにか楽しくって生きやすくなるだろう。

丁寧に丁寧に、仲間たちと過ごす時間を大事にしたいと思う今日この頃です。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。