俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きょうどうくみあいについて勉強中
もうっ・・・
勉強不足過ぎて自分に腹が立つ・・・

協同組合について勉強中です。
大学院での指導教員は協同組合などがご専門なので、さすがにもうちょっと基礎を知らないと話についてゆけん・・・


私が浸かっているNPO・市民活動は、「市民の自発性」が強調される。資金関連の議論も盛んだがあくまで自発的な活動を支えるための経営。

でも協同組合関連の話は、人間らしい生き方や経済の側面から論じられる事が多いように感じる。

切り口が違うから、なかなかすっと入っていけない。後者の切り口が、まだ自分に馴染んでいない、実感がない。

きっと切り口が違うだけで、目指す社会や理念はかなり共通するものがあるんだろうけど、まだ見えてこない。


そして協同組合関連の話題は、なんだかトーンが固い。やはり「人間らしい労働」とか「連帯」とかなんとかいっても、「生活」を成り立たせるためであるというのが背景にあるから、NPO・市民活動よりシビアな雰囲気。

よって、NPO関連なら学生でもとっつきやすいセミナーがわんさと開催されているが(あ、東京ならね。地方だとこれもなくって大変そうだけど…)、協同組合関連の勉強会やセミナーはなんだか小難しい。実際に協同組合に関わっている幹部の方向けとかになってしまう。私もがんばって足を踏み入れようとしてみるけど難しい!


なんなんだろーこの雰囲気の違い。なんだか違和感。
もっと両者がお互い手をむすぶ事はできないのだろうか?


ひとまず小難しいとか言いつつも、めげずに明日(もう今日だった!)はこれに行きます。
>==============================
> 協同金融研究会 第100回定例研究会記念シンポジウム 
> 「協同組織金融機関への期待と国際協同組合年
> ~協同組織金融機関はどう特性を発揮するか?~」
> ==============================
> 2012国際協同組合年を控え、協同組織金融機関がいかに特性を発揮
> し、社会の期待にこたえるか、議論を深めたいと思います。>

※詳細はブログ記事末尾に載せました。



でも今はもっと「協同労働の協同組合」とかの現場を見に行きたい。行かなきゃ!

例えば有名どころならココとか?
深谷とうふ工房
http://park11.wakwak.com/~toufukoubou/


他どこがいいのかわからない。誰か教えてください。


おススメ
「協同労働の協同組合」の法制化を目指す市民会議の方々の活動ブログ。やっぱりこういうブログは臨場感があってよい。具体的な事例も豊富なのでイメージしやすい。
http://blog.canpan.info/kyoudouroudou/

上記のほんとのHPはこちら
http://associated-work.jp/


※協同労働の協同組合について…
(理解がどこまで正しいかわかりませんが、ざっくりと私の知る範囲で書くと…)

みんなで出資して、みんなが経営者。なので働き方も経営方針もみんなで決めるっていう働き方を「協同労働」って言います。その働き方で成り立っている組織が「協同労働の協同組合」。
ブログに書いた「深谷おとうふ工房」は、まさにその方法で経営されているおとうふ屋さん。

この働き方、日本以外ではけっこう広まっている。日本でも実は結構な規模になっている。

でも日本では、こういう働き方・経営手法をそる組織にぴったりの法人格がないんだって。

今はNPOは「特定非営利活動法人」っていう法人格をもって活動できるけど、かつてはなかったから任意団体で活動するか、頑張って資金面を整えて社会福祉法人や公益社団法人をとるかしないといけなかったのと同じ状況。

だから今、「協同労働の協同組合」にぴったりの法人各が認められるように、法整備をしようと頑張っているところ。そうやって頑張っている方々が、前述した「市民会議」の方々です。



うんにゃぁ。まとめて発信するほどじゃないけど誰かに聞いてほしい/詳しい人がいたら教えてほしいってノリの、中途半端な記事でごめんなさい。。

なんだかなぁ。。つきぬめてないなぁ。。


(以下、明日(もう今日だった!)のシンポ詳細)
(シンポ詳細)

> >==============================
> 協同金融研究会 第100回定例研究会記念シンポジウム 
> 「協同組織金融機関への期待と国際協同組合年
> ~協同組織金融機関はどう特性を発揮するか?~」
> ==============================
> 2012国際協同組合年を控え、協同組織金融機関がいかに特性を発揮
> し、社会の期待にこたえるか、議論を深めたいと思います。

【開催概要】
> 日 時:2011年3月5日(土)12:30~17:00
> 場 所:日本大学経済学部7号館講堂
>     東京都千代田区三崎町2-8
> (JR中央・総武線「水道橋」駅徒歩3分)
> http://www.eco.nihon-u.ac.jp/accessmap/
> 参加費:3,000円(研究会会員2,000円、学生1,000円) 
>     ※当日受付にて申し受けます
>     ※懇親会費3,000円
> 定 員:200名(満員になり次第締め切ります)
>
> 【プログラム】
> 12:30~13:00 開会報告「シンポジウムの開会にあたって」
>      日本大学名誉教授・協同金融研究会代表  安田 原三
> 13:00~14:00 記念講演「国際協同組合年と協同組織金融機関へ
>         の期待」
>               東京大学名誉教授 宇沢 弘文 氏
> 14:15~15:35 協同組織金融機関はどう特性を発揮するか
>    ~広域化・規模拡大と会員(組合員)との絆をどう築くか~
> ◇信用金庫   朝日信用金庫  常務理事   山口  裕 氏
> ◇信用組合   大東京信用組合 常務理事   大塚 和男 氏
> ◇労働金庫   (社)全国労働金庫協会 常務理事
>                        秋山久美雄 氏
> ◇農業協同組合 周南農業協同組合 経営管理委員会会長
>                        金子 光夫 氏
> 15:45~17:00 全体討論
>  (コーディネーター) 日本大学商学部准教授 長谷川 勉 氏
> 17:30~19:00 懇親会(立食パーティ:※会費 3,000円
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ワーカーズ
みんなで出資して、みんなが経営者。なので働き方も経営方針もみんなで決めるっていう働き方
神奈川では、ワーカーズコレクティブとかワーカーズコープと称して活動している団体が沢山ありますよ。
http://www.wco-kanagawa.gr.jp/index.html
http://www.kanagawa-coop.or.jp/torikumi/fukushi/u01/torikumi_5688.html
椎野修平 | URL | 2011/03/08/Tue 09:49 [EDIT]
>椎野さま
返信おそくなってしまってごめんなさい!具体的な情報ありがとうございます~!!
今こんな状況になってしまいましたが・・・落ち着いたらまた、直接団体さんを訪ねにいったりしようと思います!
micchiyo | URL | 2011/03/17/Thu 00:06 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。