俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研究めも0619
にょーん。第二セクター(企業)と第三セクター(NPO等)の違いがますますわからなくなってきたにょーん。( ̄○ ̄;)


経済的側面から言ったら、どっちも事業体。ただ、所謂「市場原理」に基づいた経営をしてるか、それでは埋められない部分を満たすための財・サービスを提供するために、市場原理だけでなく寄付やボランティアの巻き込みを利用して経営してるかの違いではないか???


一方、政治的に見たら…NPOは民主主義をきちんの機能させる基礎となっていたり、政治が暴走するのを食い止めたりする役割もある。第二セクターの企業はその点どうなんだろ。自分の利害に著しく関する時には政治的行動とってるかな?


あと社会的に見て、いろんな趣味、居場所、生きがい等文化的生活を支えるのも、NPOの役割。企業は基本、物質的豊かさを提供する?

あーまぁディズニーランドとかレジャー産業は、金さえ払えば精神的楽しみも与えてくれるか?レジャー産業の提供するサービス財って、文化的生活を支えるものとは別にカウントするのかな?直感的にはなんだか違うけど、それは私が個人的に遊園地とか興味ないからかも。



てかそもそも、NPO言うても多様だから。

経済的側面から言った例は、社会的弱者を包せつする福祉系NPOをイメージして言った。

政治的…は、NPOが市民に浸透させるボランタリーな風潮?市民力?や、アドボカシー団体を想定。

社会的…は、子供向けにプレイパーク運営したり、団地に花を植えるような団体を想定。

たぶん分けて考えないといけない。本読んでもその辺事前に定義なくかかれてるから、困る。私はどっから切り込もうかな。


また、企業とNPOはそれぞれ組織の仕組みとして特徴があり、当たり前だが利点・欠点があり、相互に埋めあっているようにも思える。

例えば、生産に夢中になってCO2出しまくりの企業に、NPOがストップかけたり、

NPOってまだまだ事業が非効率性だったり財務面で不透明性だったりするけど、企業っていうあるいみ競争相手がいることで、なんとかする気になったり。(企業並の効率性を求めるという意味じゃないですよ。NPOにはNPOなりに大切にすべきものがあるから。)


はー以上頭の整理でしたー。この辺のもやもやを晴らすにはどっから調べよう…
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。