俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(これ行きます)ソーシャルジャスティス基金
これ参加します。

久しぶりにイベント紹介のお知らせです。
学会関係以外で本気でワクワクして、かつ自分主催じゃないイベント(笑)、久しぶりですー。

何度かこの団体の方のお話は聞いているので(でもだいたい事務局手伝いながらだから、きちんとは聞いてないかも。。)、それだけに「ついに設立かぁ~」と、勝手に親近感です。

「ソーシャルジャスティス基金」なんて名前がインパクトありすぎて、ひいちゃう人もいるかもですが(笑)、本当に今現場の動きをさらに強める為に必要な、とっても先駆的な取り組みだと思います。

海外からのゲストは英語でやるんかな?前は同じようなイベントで、全然聞きとれず(通訳あったので普通にそれ聞いてた)うまく質問もできず、悔しい思いもしましたが、今はちょっとは慣れたかな。


*************************************** 転 送 大 歓 迎

【イベント】 11/19(土) 東京

  日本初の社会変革型の市民ファンド

  ≪ソーシャル・ジャスティス基金≫ 設立イベント開催!

  http://socialjustice.jp/p/archives/576

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

みんなをより良くするプロジェクト、はじめます。

 日本初の社会変革型市民ファンド「ソーシャル・ジャスティス基金」

 (SJF)を2011年11月19日に設立します。


※私たちの取組みが朝日新聞で紹介されました!

 http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000001110310002




 3.11以降、私たちは改めて知ることとなりました。

 「この国の仕組みは、市民のためにできていなかったのではないか?」

 「ソーシャル・ジャスティス基金」は、 将来への不安が拡大し、しかし

 希望ある未来を創る方法がいまだ見出されていない時代の、市民自身

 による解決となる目指しています。



 私たちは、

 ①社会の仕組みを変える社会提案型の団体への資金提供(*1)

 ②税優遇メリットを活かした資産再分配の新しい仕組みつくり(*2)

 ③未来をともに創っていくための社会対話と市民意見の場つくり

 の3つの事業を行います。



 設立を記念して、「ソーシャル・ジャスティス基金設立フォーラム」

を開催いたします。フォーラムに参加して、自分たちの手で未来を創って

いくその第一歩としてみませんか。



★お申込みはこちらから。

 http://socialjustice.jp/201111.html

 *混雑が予想されます。お早目にお申し込み下さい。

 *イベント後に懇親会を行います。会費は3500円です。



★朝日新聞で紹介されました!

 http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000001110310002



●プログラム

◆13:30 社会を変える「ソーシャル・ジャスティス基金」

 上村英明

  SJF運営委員長。1982年にNGO「市民外交センター」を設立、

 アイヌ民族や琉球・沖縄人の人権問題を中心に、アジアの先住民族

 問題に取り組む。また、国連の人権会議への参加をはじめ、国連改革

 や生物多様性条約COP10などへの市民社会としての貢献等、広い

 視野から人権と平和の活動、市民の国際交流を実践している



◆13:50 第1部 基調講演「アメリカにおける社会変革と市民ファンド」

 ジェーン・レヴィコウ

  タイズ財団上席副理事長。1995年にタイズに参加し、非営利組織の

 あらゆる面で、戦略的ヴィジョン、リーダーシップなど、20年以上の

 マネジメント経験を持つ。タイズ以前には、社会正義のために

 設けられた女性の宗教コミュニティ、Sister of Social Serviceにて

 ソーシャル・ジャスティスディレクターを務めた。南カリフォルニア

 Peace and Justice Center、Building Bridges/Out and Equal、

 Central America and Health AccessのInterfaith Task Forceの

 理事および運営委員でもあり、様々なエイズチャリティや、

 ゲイ・レズビアン団体のボランティアにも参加している。

 現在、the National Network of Fiscal Sponsorsの議長、

 米国における資金援助についての講演をいくつか行っている。

(タイズ財団CEO、メリッサ・ブラッドリー氏の予定でしたが、

 急遽レヴィコウ氏に変更となりました。)



*タイズ財団とは・・・

 アメリカの代表的社会変革財団。2010年には1億4800万ドルの助成

 を行う。一般的な公益的NPO助成ではなく、positive social change

 という明確な目的を持って助成を行っていることが特徴。

 http://www.tides.org/

 http://machi-pot.org/modules/socialjustice/index.php?content_id=6



◆15:30 第2部 パネルディスカッション

 「ソーシャル・ジャスティス基金 とこれからの市民社会の可能性」

  ジェーン・レヴィコウ(タイズ財団 上席副理事長)

  藤井良広(上智大学大学院教授)

  松原明(シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)

  黒田かをり(CSOネットワーク、SJF)

  上村英明(恵泉女学園大学教授、市民外交センター代表、SJF)



藤井良広

  上智大学大学院地球環境学研究科教授。環境金融論、CSR経営論、

 EU環境論。日本経済新聞社に入社後、1988年から91年まで欧州総局

 ロンドン駐在記者、経済部編集委員として、主に金融問題を担当。

 英オックスフォード大客員研究員を経て、2006年4月より現職。中央

 環境審議会臨時委員など兼任。環境金融情報サイト「Finance Green

 Watch」を主宰。



松原明

  NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会副代表理事。

 1994年にシーズを結成、1998年NPO法、2001年の認定NPO法人

 制度制定に関して主導的な役割を果たす。その後、地方自治体とNPO

 との協働の仕組みづくり、NPOに関するマネジメントや知識の普及啓発

 の活動を行ってきた。2011年度には、長年の課題だったNPO法人制度

 の改正と新寄付税制が実現した。



黒田かをり

  一般財団法人CSOネットワーク常務理事・事務局。2004年4月より

 国際協力・開発分野での市民社会組織のグローバルなネットワークを

 進めるCSOネットワークの共同事業責任者。2010年4月より事業提携

 により(特活)アジア・ファンデーションのジャパン・ディレクターも兼任。

 2007年よりISO26000(社会的責任規格)策定の日本のNGOエキスパート

 を務める。



● 日 時: 11月19日(土) 13:30~17:00

● 場 所: 芝浦工業大学 芝浦キャンパス801教室

  山手・京浜東北線「田町駅」3分、都営地下鉄「三田駅」5分

  http://www.shibaura-it.ac.jp/about/pdf/access_shibaura.pdf



●定  員: 150名

●参加費 : 1,500円 懇親会にご参加の場合は別途3,500円



●主  催: 認定NPOまちぽっと(特定非営利活動法人まちぽっと)

●後  援: 生活クラブ生活協同組合、中央ろうきん社会貢献基金

●協  賛: 日本NPOセンター、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

        NPO会計税務専門家ネットワーク、全国市民ファンド推進連絡会



★SJFからのメッセージ

http://socialjustice.jp/p/



★お申込みはこちらから

http://socialjustice.jp/201111.html

 混雑が予想されます。お早目にお申し込みください。

 イベント後に懇親会を予定しています(詳細は今後お知らせいたします)。



★詳細&最新情報

http://socialjustice.jp/p/archives/576



★チラシはコチラ

http://socialjustice.jp/pdf/111018_SJF_A4_last.pdf





*1

社会の仕組みを変える社会提案=アドボカシー:仕組みや意識を変える社会活動。政策提言、啓発、など

http://ht.ly/5y0bb



*2

認定NPOとなりましたので、税制上の優遇が得られます。

(最大で寄付額の5割を納税額から差し引き。2010年6月に改正NPO法が成立し、2011年4月より施行)

http://www.npoweb.jp/topics/news/law/

http://ht.ly/790Sm



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Social Justice Fund   ソーシャル・ジャスティス基金

http://socialjustice.jp



〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル5F

TEL: 03-5941-7948 FAX:03-3200-9250

Email: info@socialjustice.jp

Twitter : http://twitter.com/#!/socialjusticef

Twilog: http://twilog.org/socialjusticef

Facebook: www.facebook.com/socialjusticefundjp



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ソーシャルジャスティス基金のシンポは僕もめちゃくちゃ行きたかったんですよね。
でも、用事が入ってしまったんで後日色々教えて下さい。

前の記事の話ですが、micchiyoさん分科会でもうちょい暴れちゃって良かったんじゃないかなあ(笑)
NPO自体もそうなんですけど、インターンについては誰もが良い物だと評価してしまうからこそ、具体的に良くするためのアクションが進まないのではないかと思いますね。
あとあずまやについてですが、個人的に「多様なNPOに関わる若者が接触することで生まれる相乗効果・多様な気づき」という部分を始める時から出来たらいいなと思っていたので、micchiyoさんがその部分を大事にされていて本当にありがたいです。

というかぶっちゃけますと、最近のあずまやはボラ端のことばっかなので早く普通の寄り合いやりたいなあ、とか思ってます。
O庭 | URL | 2011/11/16/Wed 21:54 [EDIT]
>O庭さん
おお珍しい。コメントありがとー。大阪行くんだっけ??頑張って!

分科会、暴れればよかったねー笑 すごい後悔したーー。割って入るべきか迷って、いけなかったなぁ。どう考えても私が割って入ると、コーディネーターになると思って、遠慮してしまったんだよね(苦笑)てか今度は私が仕切り役でなんかやりたいな。やれるとやっと確信しました。あの分科会は私自身の気づきとステップアップにはよかったよ。3000円も払ってきているお客さんにはすっごい申し訳なかったけれど。。。

普通の寄り合いしたいね。ボラ端の件も、ささっとやればすぐ終わるんだけど、なんだかだらだらやっちゃうからいけないんだよな。事前から準備しすぎたから、私自身のモチベーションを含めて間延びしたなぁ。もっとギリギリで頑張れる人達なんだからストイックにいけばよかった(笑)

…と種々反省でした!ありがとね。
micchiyo | URL | 2011/11/17/Thu 15:51 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。