俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々のながうたday
あーせっかく治りかけたのに頭ぐらぐら!大学後輩の長唄定期演奏会行ってしまったので(苦笑)病み上がりだったけど、行くと誓っていたので(←自分で勝手に)。
※Do you know Nagauta? It is one of the Japanese traditional music, singing with Shamisen(Japanese guiter). I was a member of Nagauta circle in my undergraduate days at Waseda University and went to that concert today.
It was like this :http://wnagaken.blog98.fc2.com/blog-date-201112.html

I was really looking forward to see my Kouhai’s (junior members’) growth and wanted to encourage them :)!!

今回は長唄の先生の体調が芳しくなく、あまりお稽古も見ていただけず大変だったみたいです。私も少し見てげられればよかったのにな…せめて供奴・花見踊り(基本曲)。今回見てみても、「あーここもうちょっと直せばよくなるのに!」という思い。(ま、演奏会ってそんなもんですけどね。)私は散々、先生に個人レッスンまで受けていたので、ちょっとは恩返ししないとなぁ…とは思っています。自分で言うのもなんですが、総合的に曲っぽくなるように仕立てるのは得意なんです(笑)けっこう、頭使うんですよ。「唄」と「三味線」だけっていうシンプル構成なので。長唄に限らず、日本の芸能って、ド派手なミュージカル等とはまた違う奥深さがある。

・・・でもまじめにお稽古したら、またぜんっぜん違うんだろうなーー。見える世界が違いそうだもん。近い先輩で、卒業後もちゃんとお稽古続けていらっしゃる方を見ていると、そう思う。全然意識するところが違ってるかんじで、どんどんステキになってゆく。


でもだいぶブランクだなぁ。。OB会も誘われるけど、半人前の身で、社会人として頑張っていらっしゃる方々に交じってやるのは、正直ちょっとあわないと思う時がある。長唄を通じて老若男女・様々な職種の方と知り合えたのはよかったけどね!とりあえず論文が学会誌に3本くらい乗るまでガマンという自分ルール(笑)あーでも先生が元気なうちにもっと恩返ししたい…ってか恩返しすべき方々が沢山いるなと気付く今日この頃です。

さて、現実逃避はここまでにして、勉強せねば・・・。。。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。