俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


I'm at Shizuoka, but....
静岡のある山奥?に、話を伺いにきていますー

これは路線バスで向かう道中のどっかのサービスエリア。

ああ~いいですね、自然。





しかし、ちょいと調査に関係ないこと書きます。時間ができたので気持ちの整理系ネタです。
(これを、今回お話聞かせてくださった方や、いつもお世話になってる方見たら失礼かもな・・・こんな根性のヤツに話をしていたのかと。いやいや、お話や対応は、ほんとにありがたかったんです。確実に、今後の研究にかなり参考になる観点が沢山あった。感謝。この記事はあくまで、私の心の中の問題として。))


今、宿でテレビ見ながら書いています。川のせせらぎを聞きながらというなんとも贅沢な時間。寝るにも時間早すぎて寝られないし、かといって勉強したりする力もでない…。虫が部屋にはいってきちゃってやばいです…!!

こんないい感じの自然、感じちゃうと、やる気なくなっちゃいますよね、日々の部屋にこもっての勉強に。


なんだかなぁ、こうやって呑気に勉強できるのは、めちゃめちゃ恵まれてること。

でも正直、私ならここまで根つめて頑張らなくても、そこそこ働いてそこそこ幸せにに生きられる。
それは、私がきちんとした家庭に生まれて、きちんとした教育が受けられたからね。

でも今は、あえて現状の一歩先に行って、何者かになって、何かしたいと思っている。


これは私が選んだ道だけど、

時々、なんで私が、ここまでやらなあかんのだ!?と、正直思う。

いや、やめることもできる。別に私が勝手に頑張ってるだけだから。


もっともっと、自分の為に、やりたいことがある。
でも今は、ちょっとした事情もあるけど、「まず自分のことはさておいて研究に専念しないといけない」という精神状態。


でも、「まず」研究に専念したら、後に私のやりたいことができるのだろうか??
できない気がしてきた。すごい全てが順調に進むという、一見かなり成功の道を想い浮かべてみても、どんどん責任や役割が増えて、頑張り続けてつらくなってしまいそう。


一旦、働いて何でもやってみたり、めちゃめちゃ遊んでみてから、今の道に進んでもよかったかなー、なんて。

散々、勉強させてもらって、わがまま言わせてもらってるのに、まだわがまま言うんかいと思われるかもしれないけどさ。
でも、私がやっと自分に自信が持ててきて、自分らしく、楽しく日々を過ごせるようになったと自覚できたのは、大学学部でNPOとか関わり始めてからだよ。

んで、そっからもう、突っ走ってる感じ。なんか、常に「やらなきゃ!」みたいな。

その「やらなきゃ!」って、自分で言うのはおこがましいけど、誰かの為に「やらなきゃ!」なんよ。
無論、人の役に立つことをしてお礼言われたいみたいなエゴもあるだろうけどさ。

なんてお人よしなんだ私は!!と、ツッコミ入れてしまう。


*********
ま、たぶん、研究者でも実践家でも、日々頑張ってる人ほど、「なんで私がここまでやらないといけないの…」というバーンアウト現象は、時に起きる。
そのたびに、同じ境遇にある人と励まし合って乗り越えたり、ちょっと休んでまた復帰したり、なんだろう。


ちょっと、精神的に頑張り過ぎたかも。
研究状況的にはまだまだ、こんなんじゃ頑張ったって言えない感じだけど、その他、もろもろ自分なりに頑張ったところがありまして。



私はちょっとしたところで、我慢をしすぎで、無駄にストレス抱える部分がある。
これには、まぁ本当に自分の思うどおりに贅沢なんかできない諸事情もあるけど、自分の弱さに負けたくない・弱さを認めたくないっていう、強がりかも。

もう少し、楽しよう。もっと、無理なことは無理と、嫌なことは嫌と、素直になろう。


そういや昔、「ストイックだねぇ」といくつかの分野で言われたことあったな。

ストイックはいいけど、もうちょい、しなやかに生きたいな。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。