俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネコと研究(120912)
研究に近道はない。

わかってるんだけど、たぶん無意識に避けていたのか、そもそもそんなに険しい道を行ったことがなかったからどこを突き進めばいいのかわからず、右往左往してただけなのか。

諦めないで一歩一歩着実に調べて行けば、たいていのことはわかる、はず。
その「一歩一歩」の感覚というか、歩き方に感があるかどうかが、プロと修行中の身との違いかな、なんて。

今やってることは、私の苦手なこと。っていうか今までまじめにやった経験のなかったこと。
今目の前にある現実を見るのではなく、過去をひも解いて因果関係を探る作業。
膨大な資料を有する機関から、ある程度全体を見ながら必要な部分を適切にピックアップして、読みこんでゆくこと。

頭がいいとか発想がいいとか言われる人も、こういう作業は避けられない。
こういった作業は、天性の才能というより、技術というか慣れというか。


地道に慣れてやっていけば必ずだれでも、一定程度はできるはず。

・・・ということに気づくのがやっぱり遅かった、紀要論文〆切一週間前(笑)
今まで頑張ってたようで、やっぱり本当にゆくべき険しき道の前での「右往左往」が多かったみたいで、やっぱり本質的な、バチっとくる知識・文献・事実確認ができてない。
事実が確認できてなかったら書けないじゃん!どんなに、「だいたいこんなことがありそう・・・」ってところまでは行ってもさぁ。。。


ま、これも経験。
何が必要な下準備で、何が怠け心が顔を見せている右往左往で、どのタイミングで突進すればよいのか、もしくはいったん休むべきか、を体で覚えてゆく。
どの仕事でもそうなんじゃない?「この商談、このあたりで一気に相手にたたみかけて…」みたいな?(←テキトー)


まー、こんなことを、今日も疲れ果てて帰宅した後、珍しくアルコール投入しながら書いている訳です(苦笑)
(普段は家ではぜんぜん飲まないよ!!たまたま残りがあったから。)

いや、多少酔えば、また違ったものが見えるかなって(笑)
いやーねむい。。。

***

ところで今日は、東大の図書館にいたのだけれど、夜になって疲れて、外で出てぼーっとしつつ、もってた菓子パンでもかじろうかなぁと思ってたら、
控え目にネコがやってきて、なんにも言わずに目の前に座られた。

どう考えても何かを欲している。不思議だ。まだパン出してないのに・・・。

しょうがないなぁ分けてあげるかと、差し出すと、びくっとして逃げるし、
ちょっと人の足音があると(っていってもめっちゃ遠かったのに)、またビクビクするし、
不思議なねこちゃんでした@東大安田講堂前・・・。
ふつうキャンパスにいる猫って、人懐っこくない?

あ、でもビクビクしながらもペロッと食べてましたけどね、パン。一カケずつ食べるごとに、「まだ食べるの?」と確認しつつ、やっぱりまだ食べたそうなのを確認して、あげてたのだけれども。
最後の一カケは、何かお気に召さなかったのか、食べずに駆けて行ってしまった。
最後に「まだ食べるの?食べるのね???」と何度も確認したのに、もったいない。

しかし妙に悟ったようなネコだったな…。私の中の何かを見透かされたような気がしてなからなかった。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。