俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ご報告】修論提出~
【ご報告】
修士論文、1月11日に無事、提出いたしました!!

提出後、博士課程出願書類準備⇒急いで投函⇒そのまま学内の研究プロジェクトの合宿へ、というところで、

ご報告遅れましてすみません。。。やはり疲れがたまっていたようで、キーボードを打つ手が震えていました(苦笑)

以前書いたかもしれませんが、テーマは「EUにおける「社会的経済」の政策的位置づけ」というもので、
EUが1980年代に政策の中に「社会的経済」という考え方及びその実体(協同組合・アソシエーションなど)を導入して、
それが片方では行き詰まり、一方で地域レベルの雇用政策と結びついた時に、けっこう発展していったあたりを書きました。


今でこそ、「地域発展」とか「ローカル・イニシアチブ」という文脈で、「社会的経済(ソーシャル・エコノミー)」が語られていることが目につきますが、
今回私が紹介したEUの政策は、その方向性の中で社会的経済が活用される発端だったのでは、と思っています。
(他にも流れがあったようなので、EUの政策だけが影響を及ぼしたとは、言い切れませんが。)

また、「社会的経済」と一言でいっても、その概念自体もかなり時代により変化している点に、ちょっと触れることはできた、、かな?

うーん、しかしまだ終わった実感がないのですが、
なにげに楽しかったです。

具体的なアドバイスから、応援から、Facebookやらブログやらででグチを漏らしたときに応援してくれた方を含め、
本当にたくさんの方に支えていただきました。

論文自体は、本当にギリギリ終わった状態で、かなりボロのあるものですが、
いろんな方に支えていただいた事への感謝と嬉しさでいっぱいです。

ほんとうにありがとうございました!!

自分の修論を読み直すのは、結構しんどいのですが、眺めていると色々な方の顔が浮かんで、ニヤニヤしてしまいますね^^

とはいえこれから口頭試問なので、まだ終わってないのですが。。

これから随時、関係各位の皆様には、私の修論を勝手に送付させていただきますので、
ご笑覧いただければ幸いです。
(ただ、明日〆切の奨学金関連の申請書もあるので、2、3日後になってしまうかもしれません。すみません。)

もしくは、「読んであげてもいいよ」という稀有な方がいらっしゃれば、メッセージください!



◆あと実は、博士課程に進学するつもりではあったのですが、
ちょっと迷っています。
ひとまず、出願だけはしておきました。

色々人間関係であったのは、自分の中で整理されて、もう大丈夫なのですが、
今度は、あまりに恵まれすぎている環境に、疑問を感じ始めています。

もうちょっと、外で苦労したいな、とか。
恵まれている環境にのんのんとしてしまって、自分のやりたいこと・自分の研究を、きちんと貫く事ができるかなぁ、などなど…。

この2・3月は、外で色々と修行しつつ、自分の進路を見極めたいなと思っているのですが、
意外と博士入試の試験も難しいとのことで、その準備もする必要があり、意外と忙しいじゃん!と気づいた今日この頃。

ちょっと甘いものでも食べにいってから(笑)、また発進しようと思いますーー!!

そういうわけで、どうぞ皆様、今後とも何卒、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。