俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついに博士課程。。
先日、無事に修士の卒業式を終え、修士号(経済学)を授与されました。

いやぁ、数学大っきらい・市場経済大っきらい(笑)な私が、経済学修士なんて・・・
我ながら、似合わない!笑

まさかこんな道に来るとは思ってもみませんでしたよー。


そしてこの4月から、ついに博士課程です。
とっても同大学・同研究室の持ちあがりなので、特に変わり映えもしない・・・かと思ってたら、

今日はガイダンスの後に、博士課程の院生用の研究室を案内してもらい、自分の部屋&机をチェック、

更に院生によって構成される「院生協議会」の役員決めなども行って、あーやっぱり博士課程に来ちゃったんだなぁ~と再確認。

(ちなみに役職は、お堅く会計w まぁ、皆さん忙しいのは同じなので、全員でうまく分担してやってゆきたいですね!!)


私が所属する研究科の今年の博士課程入学者は、6名。


学部や修士の感覚からしたら、やっぱり少ない!と思いますよね~
もう、事務の方とかも顔パスなんです(笑)これが博士課程。。。(?)

「院生」とはいえ、「研究者(の卵)」と見なされるんですもんねぇ。まだまだそんな力はなく、おそろしい響きにしか聞こえない。。
(いや、それに見合うように、自分が成長しないといけないんですけど)


「2年間」と時限が決まっていた修士課程と違い、これからは各人のペースで、長丁場。

うーん、どうなるんかなぁ。何かに埋もれないように、しっかり自分をもって、着実に研究を進めていかねばなりません。

まず未だに課題になっているのが『語学』という危機!(苦笑)こんなん修士のうちになんとかしとけよ!って話なんですが。。
英語はもう、もうええやろ!というか飽きた状態なんですが(笑)、問題はフランス語だなぁー。

やっぱりフランス語文献情報あるのとないのとでは、視野が違うな、、。まだ読解、むっさ遅いけど、読解すらす~ら、且つしゃべりもぺらぺ~ら、になれるように、がんばろー。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。