俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近やってること
夏休みに入ってから、世の中を知るため&なりたい自分になるためにやり始めたこと!!

①新聞をしっかり読む!!
②英語のニュースを聞く!!
③英語で一人スピーチをする!!



①:本っっっっ当に恥ずかしいんですが、私は今まできちんと新聞を読んできませんでした!!!!
「読まなきゃ」って思って何日間か頑張ることは多々あれど、続かず。

だってさぁ・・・つまらなかったんだもん。よく理解できなくて。政治系のニュースはもう「大人たちがぐちゃぐちゃやってる」って感じで難解だったし、経済はもうわけわかんなかったし、国際情勢にしても国内の事件にしても心が暗く重くなるだけだったし・・・。

しか~し!世の中知るにはまずは新聞だろどう考えても!!ってことで、嫌がる自分を全力で引っ叩き、日経新聞を手に取ったのであります!(一応、経済系勉強してるし興味が強かったので。。)

そしたら意外と面白い!びっくりしました。ニュースでなんとなく聞いていたあのことがわかるわかる。もちろんわからないこと(用語とか、前提知識が必要なやつね)の方が多かったけど、そういった記事にも一対一で向かい合うことで、なんとなく親近感がわいてくるのです。これは続けて読んでいけばわかってきそう☆男女の仲と同じです。初めは「何だか不思議な人・・・」という、わからないけど気になる、って感じから始まり、徐々に数を重ねお互いを知ってゆく中で、気づいたら離れられなくなってくるのです。そんな恋の予感がしました。相手新聞ですが。

とりわけ日経新聞は、事実を整然と語っているようですっきりした印象で、今まで新聞から感じていたイライラがなかったです。余計な主観が少ないというか。他の新聞をじっくり読んだわけでもないのであくまで感覚ですが。

しかしながら家では埼玉新聞しかとってないので、毎日図書館行って読んでます。行けない日は後日まとめてね。あとなるべく、比較のためにも他社の新聞も読むようにしてます。

とにかく英語はできるようになりたくて。そしたらいろんな国の人と話せて、いろんな視点からの意見も聞けるじゃない?今までもちょこちょこ英語は勉強してましたが、どうにもこうにもリスニング力がなかったので、早稲田のオープン教育センターに行って「どうすればいいですか」って。

そしたらリスニング力を鍛えるにはひたすら聞くだけでなく語彙を増やさなきゃならないそう。そりゃ知らない単語は聞き取れませんな。

そこで勧められたのがネット配信されてる英語のニュース。無料だし、私は「英語でディスカッション」できるようになりたかったので、時事英語は重要。

というわけで『NHK WORLD English』http://www.nhk.or.jp/daily/english/)っていうのを聞いてます。なんといってもスクリプト付き!!とりあえず聞いて、わかんなかったら読んで知らない単語調べて、あまりに知らない単語多かったらスクリプト印刷して隙間時間に読んで・・・。

それを8月中ごろから始めました。しかし8月下旬から始まった夏季集中の英語の授業が課題含め意外ときつくて最近やってませんでしたやっとおととい授業終わったので、またやり始めたいです!!

③:その授業で薦められたのが、寝る前にその日の出来事とか何かのテーマについてとかを英語でしゃべり、さらにそれを録音すること!!やってみたら、もう何もしゃべれなくてほんと情けなかったけど、だんだん慣れてきました。一人でやってていいところは、ぱっと思い出せない単語はそのつど調べてメモできること。案外、思い出せないかつ自分の使いたい単語は日にちを置いても同じもので、やっていく内に言いたいことがスムーズに出てくるようになります。

レベルアップとしては、英語の映画見たり実際に会話してたりして他人の言い回しを盗んで、どんどん自分のスピーチに取り入れていくことかな。とわいえこれも最近雑事にかまけてさぼりがちだったので・・・またやります。ああ宣言しちゃった。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。