俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研究やだやだ症候群中
表題の通り,

ゴビョーキ中です笑

だってやなんだもん。論文とか書くのほんといや。
これ書いて行ったい何になるの??読み手のターゲットがよくわからない,っていうかいたとしても別にそこまで訴えかけたくない相手。エネルギーでない。

基本現段階での論文は,ポジティブにとらえれば,自分の思考をまとめて足りない部分を見出すことが主な目的なんだろう。
あとはようするに,,,クソ論文でも業績を積んで,自分の就職に結びつけることか。

・・・じっさい,第一目的は後者なんだろう。
「書きたい」ではなくて「書かねばならない」理由は,けっきょく自分の博論執筆や就職ウンヌンのため。

「博士号」もらって何になるの?って,これも結局は,普通のルートにのるとすれば就職のため。


またいくつか今後に控えている学会報告も,短期的には「業績のため」だったり,中期的に見てもここで得た指摘を元に「よい論文をかくため」になっている。(ゆえに上記サイクルにつながる。)

***

あぁめんどくさいことこの上ない。
私は現場にコミットしたい。

じゃぁ博士課程なんてやめればいいのに,そもそも進まなければよかったのに。
・・・それはそれで,その時々で何となく自分の「役割」があったり,今も現段階でやめてうらぎりたくない人がいたりで,思いとどまってしまう。

博士課程まできて勉強した,メリットはそれなりにあった。
色々と私が思い描いていることや,思想のコアの部分をクリアにする,フレームがみえてきた。
(それが現場にいけば破壊と創造のくり返しでさらに鍛えられるんだろうけど,丸腰でゆくより私的にはよかったのかも。)

現時点の私の立場・力でできることは少しずつやってきたつもり。

***

まぁこういったもどかしさはきっと世の中の多くの人が抱えている。

こんなことがしたい,でも現状はこうなっている。

そこを,自分の「やりたい」が実現できるように逆算しながら,現実を理想に近づけてゆく必要がある。

そう考えると私は今なにをしないといけないのか。


その「やりたい」の形をどこに置くか,にもよる。

ちょっと背伸びして,今ある私の資源を最大限いかした「やりたい」をやるとなると,たぶん世の中にはあんまりないから,けっこうたいへん。

そこまで頑張らないでもいいじゃないか,と思う自分もいる。っていうか,疲れてきた。


・・・と,もはや書くことにも疲れてきてしまった。自分で書きだしたのにもし読んでる人いたらスンマセン。

いったん休止。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。