俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


霞ヶ関バイト
あのっ、霞ヶ関の省庁でバイトできるって知ってますか?

大学生がやるようなやつは主に事務で、各省のHPの採用ページから、「臨時採用」とかの欄に行くとたまにあります。ほとんど1日拘束の日給制ですね。9時始まり17時45分終わりとか。

っつーことで、今日面接行って来ました。一応、国Ⅰも興味あるんで・・・雰囲気知れたらいい経験になると思って。って本気で国Ⅰで新卒採用目指すなら、とっくに勉強してなきゃまずいんですけど。まだ自分が見えないのでね、目先の目標に飛びつかないで、自分で本気で「こうしたい!」と思えるまで、自分を創る時間なんですよ今は。

まぁそれはさておき・・・
私が行ったのは、経済産業省の中小企業庁商業課って所です。地方活性化って、大切ですよね。

事前に電話して、履歴書送って、今日担当の方と会ったんですけど、なんとその担当の方、私と同じ大学しかも同じ学部の出身でした(笑)しかも今年1年目ってことで、去年まで同じ校舎にいということに・・・

めちゃめちゃ気さく~なお兄さんな雰囲気でしたが、そしてなぜかおでこに、机に突っ伏して寝たときにつくような痕がありましたが、公務員試験パスしたんですよね。官僚ってやつっすか。へぇ~うちの学部でもいるんだなぁ。
ある時大学行くまでの道で、「早稲田のクセに国Ⅰ目指すのかよあいつ!」ってしゃべってる男子学生がいて、やっぱ東大の天下なんかなぁと、学歴社会の厚い壁に負けそうになってたので、なんとなくうれしかったです。

まぁ余談ですが、私は東大だろうとなんだろうと、国公立大学の人は尊敬しちゃいますね。やっぱ受験で、5教科7科目とか、色んな科目を勉強していくのって管理難しそうですもん。私は結局3科目でしたから。頭の出来とかじゃなくて、範囲広くてめんどくさそうな勉強に取り組んだ、ってだけで、そのガッツを評価したいですね私は。

仕事場(商業課)の雰囲気は、こじんまりしてて、ふつーの事務所、でした。別に期待してたわけじゃないけど、もう少し広いのを想像してた。私の高校の職員室よりせせこましいんじゃないの?
なんかデスクにはごちゃごちゃモノ積んであるし、壁には日本地図と世界地図のそれぞれ地域ごとに分割されたでっかいのが張ってあって、さらにその上に付箋紙がべたべたーーーっと。うちの市役所とぱっと見変わらんな。まぁ、小さい課だからかもね。

あ、でも節電のためか、夜7時って時間のためか、廊下が薄暗かった。あと部屋の番号の付け方がどう考えてもわかりにくかった。。。


何より印象に残ってるのは、私が行ったとき担当の人は席をはずしてて、入り口で「どーしよっかなぁ」って中を見渡していても、誰も気に留めない。入り口付近の人が電話中で、しょうがないから奥の人に声かけようと思って、デスクとデスクの間の狭い隙間を突き進んでもなお、だれも気に留めない。

うーーん。廊下歩いてて結構バイトっぽい人多かったから、こういう所在無げな人が来るのは珍しくないのか、官僚的な「それは私の課の管轄ではありません」みたいな、なるべく他人のことには関りたくないって態度の表れなのか・・・


面接の方は、事務所の隅で、面接って言っても軽く業務紹介されて「今までどんなバイトやってきたの~?」とか聞かれて。2月だけの短期だったんですが(って採用情報には書いてなかったけど)、ちょっと希望の曜日が合わないから今回は無理かもな。うーん、また違う課に応募しようかなぁ。


もし興味ある人いたら、
おそらく4月採用とかこれから出てきたり、私の知り合いは1年間通してやってたっていうことですので、平日授業のない日がある人はいいんじゃないでしょうか。だいたいどこも、1日8300円、交通費込み、でしたね。

経済産業省のほかにも募集してる省もたぶんあったけど、週5とかだったような・・・とりあえず経済産業省が1番沢山募集してたな。

以上、霞ヶ関潜入レポートでした。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。