俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オタクに関する考察
2月9日

本日は、さいたま新都心に初上陸し、普段会うには微妙に遠いところに住む友人と、飲みました。

都市のきらきらしたところは久しぶりで、目の保養になりました。

モルツとプレミアムモルツが半額でしたので、プレミアムにしました。

4時間の会話の中(ラスト2時間はお冷でねばってたような…)で特に私の心に焼き付いているのは、「オタクって社会的にすげぇ!」かも?!ってことです。

目次
①経済効果
②心のスキマを埋めるキャラたち
③キャラは神に通づる


  
①経済効果

オタクがいなければ、日本にオタク文化がなければ、経済はもっと停滞していたのではないか。

オタクグッツを買ったり、何かイベントがあるごとに地方から出てくるため交通機関を使ったり、外国から秋葉原目当ての観光客を引き寄せたり、かなりの経済効果があると思われる。そういういうことを書いた本がある、と友人談。


②心のスキマを埋めるキャラたち

オタク文化の中の、アニメやゲームのキャラ(キャラクター)は、「自分なんかどうでもいい人間なんだ・誰からも必要とされないんだ」という沢山の現代人が抱える寂しい思い=心のスキマを、埋めてくれます。

例として、ツンデレキャラが用いられました。

ツンデレキャラは、「もうあなたなんて知らない!」と突き放しつつ、「でもやっぱ好きかも・・・!」のようにあなたに語りかけます。

するとあなたは、そのキャラに愛を語られることで、自分の存在意義を見出すことができるのです。



コミュニケーションがなくなり、孤立化が進む社会。自分の価値は、人に認めてもらわないとわかりにくくありませんか?

誰かに愛されて初めて、「ああ、自分も誰かに必要とされているんだ。」と気づいたりするのではありませんか?


また、たとえこちら側に愛を投げかけてくれないキャラも、愛を注ぐ対象になる、という点で、心のスキマが埋められます。(愛を投げかけてくれないキャラとは、おとぼけキャラでのほほんとしているだけのタイプ。またキャラを表象する媒体が、プレイヤーが主人公の行動を決められる参加式のゲームではなく、マンガやアニメなど受け手は変えられないものでは、キャラが愛を投げかけることが困難になるであろう)


愛することそのものが、生きる意味になることもあります。

難しく考えずとも、「ハルヒ命!!!」のようにあるキャラに夢中になり、キャラグッツを買うためにバイトをするなど、生活がキャラを主軸にまわっている人もいるでしょう。

現代社会の虚無感の中で、生きる意味をキャラに見出すことで、日本はかろうじて社会のバランスを取っているのかもしれません。


③キャラは神に通づる

キリスト教で、神様は私たちみんな、ひとりひとりを、愛してくれている、という風になっています。(たぶん)

その教えにより、どんな困難なときでも「神様が私を愛してくださっているから、大丈夫!」と頑張れます。


同様にオタクたちの間では、キャラが自分達を愛してくれています。

つまりオタクたちの間では、キャラが神のような存在なのです。


キリスト教でなくとも、恋人に「君のこんなところが素晴らしくて、愛している」といわれたり、友人間でも、「君のこういうところいいよね!」といわれたら、勇気が出るでしょう。

人は、誰かに愛されるということが、必要なのです。



ただ、神やイエスは愛だけでなく、人生を通して道を指し示す真理を示していますが、キャラはまだまだ人生の道を指し示すまでにはいたっていないように思います。

ですが考えようによっては、「オタク教」も発展しうると思います。


クリスマスにご馳走を作って神をたたえるのと、二次元のキャラの誕生日のためにケーキを作ること、何が違うのですか?


==================
あーーー!すみません。以上のオタク論はホント冗談半分、いえ大半冗談ですからー!

でもちょっと一理あるかも・・・って所もありません!?

私自身はまったくオタクアニメ等は知らないので、なんとなくマスコミに垂れ流されている知識や、知り合いの証言を元に考えたまでです。

そして私はクリスチャンでもありません。

冗談で書いたと言いつつも、何か(まじめな)つっこみが欲しいので、皆様コメントぷりーず~。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


なんか真面目にとられても…(苦笑)

1はほんとに大真面目に、経済効果はあるとは思うよー

2,3は…僕はおたくではないのでわかりません…
でも、昔(江戸とか明治とか昭和)では、村の人とのつながりが強かったり、「家」制度であったこともあり、近所付き合い、他人との結びつきは強かった。
しかし今は、核家族化、一人世帯の増加、他人との接触機会の減少、晩婚、非婚化が進んでいることもあり、オタク産業は精神的にもかなり大きな貢献をしているように思えてしまいます。
と、真面目にコメント…
kaz | URL | 2009/02/10/Tue 15:13 [EDIT]
Re: タイトルなし
いや、あえてまじめに述べてみたのよi-179

経済効果はもちろんですよねー。

そうそう、精神的な貢献ね。昨日話すまで気づかなかったから、ホント驚きでした!!
micchiyo | URL | 2009/02/10/Tue 20:30 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。