俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政府紙幣だと!?
政府紙幣、マジで議論されてんの!?
政府紙幣に関するニュース:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/government_notes/

良くわからんけど、そんなことしてもだめなんじゃない??

私は以下の懸念を持っています。基本反対です。
①政府紙幣作ったところで、結局日銀券に頼るんでしょ?
②インフレが起きるのでは??

・・・ってとりあえず書きましたが、結局よくわかってないと気づきました(汗)頑張れ経済系のゼミ生!!(すんません私です)しかし、こうやって気づいていないと気づける点にも、ブログの素晴らしさがあるのです。
①政府紙幣作ったところで、結局日銀券に頼るんでしょ?

日銀券ってのが、今普通に使われてる、日本銀行が発行してるお金です。

政府紙幣の単位を、仮に「券」としますと、

「この10万券(=政府紙幣)は、日銀券の10万円と同じ価値ですよー」っていきなり言われても、信用できますか???ただの紙切れですよ?

「別にそれで買い物できるなら信用するし」って思った人、その信用はきっと、10万券の政府紙幣そのものに対しての信用ではなく、裏にある10万円の日銀券に対する信用です。

政府発行の紙幣だから大丈夫ですよーって麻生政府が言っても、いつ別の内閣になって、「あれはなかったことにしましょ」ってなるかわからんしね。

信用ないから、早く使おうって思って、確かに一時消費は活性化されるでしょう。でも商品を売って政府紙幣を受け取ったお店だって、そんなのもっていたくないから、どっかに使いますよね?

ここからはよくわからないけど、最終的にどこか銀行とかに政府紙幣が集まって、そこでいきなり政府紙幣の信用がなくなって紙切れになり銀行ヤバくなり、それを支えるために政府が補助金出して・・・って、結局政府の借金また増えるんじゃね?


今日のお昼に、「ミヤネ屋」って言うテレビ番組で偶然政府紙幣のことやってたからこの記事書いてます。

その番組の中で言っていて、よくわかってないけどたぶん上記の考えを支えるものだと思うけど、どんなに政府紙幣出しても、政府紙幣と日銀券が相互に交換できるのだとしたら、結局日銀券が買い支えているに過ぎない状況になるらしいです。

要するに、政府紙幣の価値なんていつまで続くかわからんから、一万券で100円のものを買って、さっさと9900円でおつりもらって、日銀券に変えたがるでしょってことらしいです。

現に、日本銀行が発行してるのはお札(紙幣)だけで、硬貨(10円玉とか)は政府が発行してるんですって!!!

でもお札と硬貨は、相互に交換できますよね。不思議なことに。

なので政府紙幣も、日銀券と交換できるようになる可能性が大いにある、らしい。

一応、政府が財源に困ったー!!っていってジャンジャンお金作って歯止めが利かなくならないように、日本銀行というものを政府から独立させて作ってお金の管理をしてるんですが、じゃあ何で未だに政府が硬貨の管理をしてるかは、勉強不足で知りません。。。



②インフレが起きるのでは??

金を増刷すれば、今まで100円だったものが1000円になるとか、インフレが起きる。

政府紙幣は今までの日銀券とは違うもんだからインフレは起きない?いやいや、①に書いたとおり、政府紙幣の信用はきっと日銀券に支えられるので、つまり政府紙幣発行は日銀券増刷と同じ意味を持つので、インフレ起きる気がします。

でもテレビで、森永卓郎っていう、政府紙幣大賛成の経済学者は、インフレは起きないといっていました。

でもでも、その理由不安すぎるんよ!!

「小泉時代に、30億円市場に出回るようにした(?どうやって出回るようにしたのかはちょっと聞き逃し。規制緩和の流れで・・・かなぁ?)けれど、インフレは起きなかった。それほど今の日本経済は深刻だ。だから今回の政府紙幣も、50億円分くらい出して大丈夫!


・・・・えええええ!?!?もっと経済モデルとかで説明してくれよ!!!!

テレビで、反対派のコメンテーターは、「ある時代の1事例が、別の事例に当てはまるなんて言えない」と。そりゃそうよね。状況は毎回違います。

一応森永氏は、政府紙幣発行は、50年くらい前から経済学者の間では不況緩和の手段として議論されてきた、といってました。

でも私はそんなの信じないもーん!

よく学者は使うんじゃないの?「いや、うちら専門家の中ではこんあってるんすよ」って。

なんかえらそうなこと言って、知らなかったうちらが悪いみたいに見下してるような。

だいたい学説なんて、ひっくり返ること多々あるんですから。「健康にはこの栄養素がいい」とかいって、「すみません実は有害でした」なんてね。

だからねぇ皆も、えらそうなこと言う人ほいほい信じちゃだめだし、まして「自分がバカなんじゃないか」ってひるんじゃだめよ?自分で考えて、確かめなきゃ!!!!それに今の問題だらけの世の中を変えれない今の偉い人たちなんて、たいしたことないって!!!!


==========================

ついでに言うけど、テレビ番組って情報伝えるの下手だなー。

さっき私が見たと書いた、「ミヤネ屋」っていうテレビ番組は、司会者がパネルを用いて、「これこれこんな問題があります。どー思いますコメンテーターの皆さん??」っていう感じで進んでいきます。

パネルでの説明もわかりやすく、(かなり大雑把にしか説明してないと思うけど)、コメンテーターひとりひとりはいいこと言おうとしてるんですが。

まず、せっかくコメンテーターがいいこといっても、司会者がそれをきちんと拾わない。軽く流したり、下手すると冗談で混ぜ返す。

また、コメンテーターのしゃべり方もへた。「これが問題なんですよ~っていうのはね、例えばあの時代にこうだったようにね・・・」

・・・なんかさぁ、簡潔性ないよね。自分の知識ひけらかすためにしゃべってるの?って思っちゃう。

だからねぇ皆、テレビでしゃべってる人の言うこと理解できなくても、自分の勉強不足だぁ・・・って落ち込んじゃだめよ?バカがみてもわかるように説明できる人が、本当にわかっている人なんだから。説明できない方が悪いの!

勿論、私たちもわかる努力必要だけどね。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。