俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちいきふくしっ☆
昨日、立教大学の院で地域福祉を主に学んでる方とお話する機会がありましたっ
(2月11日の記録)

その方は、院生でもあるんですが、あるボランティアセンターで働いている社会人でもあり、更にたっっくさんのボランティア団体のお手伝いとかに顔を出してる、なんともエネルギッシュな人です。

色々語りすぎて、到底まとまらないですが・・・「うおおぉぉなるほど!!!」と思ったことをいくつかピックアップして、Q&A形式で書きます

今思い返せば、全ての会話が孔子と弟子の論語のようじゃった・・・・(笑)ほんと、こんな大学生を相手にしてくれた孔子さんに感謝です。

(まぁとりとめもなく、世の中のどうしようもない部分を話していって・・・例えば今の官僚の縦割りなやり方じゃどうにもなんないとか、政府も企業も会計が不透明で何やってるかわからんとか、根本から変えるには教育で長い月日をかけないとか・・・途方もなさ過ぎて私はもう本気で絶望(苦笑))

Q:じゃ・・・じゃあどうすればいいんですか(泣)

A:行政とか政府とか、でかいところを変えるのは大変。でも小さいところからなら変えられる!!!

例えばある小学校で、いじめ防止の授業を独自に展開しているところがあったり、精神障害者が自分達のペースで昆布の販売してたり(←べてるの家っていうところ)。

もっと、社会の運営を地域に根ざした形にすれば、市民一人ひとりが参加せざるを得なくなる。また、規模が小さいので、不透明性がない。

そうやって実績をつくっていって、助成金なんかももらったりして、世に認められて。それで地方分権が進めば、だいぶ地域の特色にあった、無理のない生活の仕方を追求できるんじゃないか!?




Q:そういえば地域福祉ってなに?

A:近所のおばさんの、井戸端会議もそう。地域でつながりがあることで、「今日齋藤さん来ないわねぇ・・・どうしたのかしら?」みたいに、社会からおき去られそうになった人を拾い上げることができる、ってイメージ。(まぁ「みんなで助け合い」ってことかしら・・・?)

さらに重要なのが、地域の中で、ちょっと自分とは違う人(精神障害者、ホモセクシュアリティーなど)とにつながるのも含んでるってこと





Q:でも、地域で自分とちょっと違う人を理解するようにするより、特定の人たちが集まってコミュニティー作っちゃえば?アメリカみたいに、「ここはホモセクシュアリティーが住む地区」「ここはイスラム教徒の地区」と分けるように。

A:そしたら偏見が強まっちゃう。普通に理解するのも難しいのに、ことさら隔離するようなことしたら・・・
(そっか!偏見からまた争いが生まれちゃうかも・・・!相互理解が大切というのは、歴史が証明している気がする)

Aつづき:大体、昔は自分と違うような人も地域で受け入れてた。例えば、今で精神障害者って言われてるような人にも、「おーい、キチガイの言うこと聞きに行こうぜー!」ってノリで人が集まり、その地域の一員として認められていた。

Aつづき:また、精神障害者なんて、環境が悪いから「障害者」とみなされるんだ。つまり、世の中が画一化されてて、そこに上手く適用できないってだけで、「障害者」なレッテルを貼られてしまう。みんなで認め合っていく社会なら障害者なんていないはず!!






Q:具体的に、どうすれば地域福祉ができるの?

A:例えば、ボランティアセンターが地域住民にけしかけるとか。ある問題にたいして、対処してはい終わり、でなくて、もっと住民を巻き込んで永続的に対処できる人間のつながりを作っていってはどうか?

Aつづき:あと、ニーズはありそうだけど、本当に救うべきかわからない・ましてや利益なんて出そうもない、ってことに、いち早く取り組めるのが、「ボランティア」という方法。そういう意味で、ボランティアの役割はますます重要に!

Aつづき:まぁ本当は、地域のつながりがしっかり網の目のように張り巡らされていて、行政の制度も柔軟に市民が享受できるようになったりより強力なボランティアセンターのような団体ができて、それでも漏れてしまう人は、ソーシャルワーカーが個別対応してつながっていく・・・って形がいいのかも!




=============================

私の理解不足で、だいぶなんとなく補って書いてるところ多々ありますが。。。

うーーん、もうちょっと勉強して、時間のあるときにもっときちんと地域の可能性を伝えたいなぁ。。


ほんと、最近、地域の可能性に気づき始めて、常に私の脳内が興奮状態というか、ほんと眠れない症状が続いてます(笑)やばいなぁ・・。

今回は、居酒屋でお会いして話してたんですが、もう話すのに夢中で、食べてる場合じゃなかった(笑)すげぇ、すげぇよ地域!!!面白い!!!そして興奮で眠れず!!!!翌日の省庁内の事務バイト眠くてもおぉぉぉおおお。


あーそれとお母さんお父さん、最近、特に夜、家にいなくてごめんなさい。。どうも心配おかけしてます

でも今自分、楽しいんです。頑張ってるんです。しかも人とサシで会って話すなんて、前の自分には考えられないことできてて、自分で感動してるんです。

そしてこんなことつらつら書けて、ホント幸せです読んでる皆さんありがとう・・・!

====================

・・・しっかし今思うと、始め絶望させといて後で地域の力を売り込むって、戦略だったのかな・・・?(笑)
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。