俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分の境界線
前回の記事の続きみたいなのです。

色々な人・情報にもまれて、自分が見えなくなる。

それを防ぐためには、「自分の境界線」をしっかりもつこと、だと、ある人との会話から会得しました。

自分の境界線をもつことは、決して自分のことしか考えていないのではなく、まともに生活していくために、絶対必要なものであるのだ。



これを教えてくれたのは、今日のホームレスさんの夜回り団体であった方です。


ホームレスの方とお話したり、お薬や支援窓口の情報先をのせたビラを配ったりする、いわゆる「夜回り」の活動にちょろちょろ顔を出しているのですが、

そうやって、生活環境が違うかたと話しているうちに、自分の生活感までもがものすごい揺さぶられてきていたんです。


例えば、そうやって夜回りをした帰りに、新宿駅構内に立ち並ぶお店のきらびやかな雰囲気につつまれるわけです。そのギャップに、ボーっとしちゃう。(友人は、「まるでいきなり映画の中にいったみたいだねー」と。)

ふきっさらしの外で野宿生活をする人もいれば、きらびやかな雰囲気で楽しいひと時をすごす人もいる。


また、これは私に特有の例ですが、長唄っていう古典芸能の世界と、路上生活者の実態のギャップにも、なかなか自分を保てなくなる。


決して、「野宿する人がいる一方で、きらびやかに買い物する人がいる格差がうんぬん」という議論をしたいのではありません。



上手く言えないけど・・・自分は、どっちなんだ、みたいな。

=======================

そういう、自分の立ち位置が揺さぶられる感じは、ボランティア活動などをしている人には共通のものらしい。

例えば、阪神・淡路大震災のときは、全国各地からボランティアが集まり、「ボランティア元年」と題されているくらいだったらしいが、

どうじに、多くのボランティア精神を失った時でもあったらしい。



なぜなら・・・。多くの人が「何かやりたい!!」っていってボランティアに来たのはいいものの、あまりの現実の重さ・えぐさに対応しきれず、結局自分がつぶれてしまったそうだ。そのつぶれた経験から、「もう自分にはボランティアなんか無理なんだ」と、諦める人も多く出てしまったそうで・・・。

特に震災ボランティアは、週に一日数時間っていうのと違って、行ったら一日中やるので、精神にかかる負担はものすごいそうだ。

また、むごい現実っていうのは、「地震のとき自分は寝ていて、自分はたんすのスキマになって助かったけど、隣を見たらだんなに鏡台が突き刺さってて~」みたいなことを淡々と語られるんだって。あくまで一例だけど。




要するに、「ここまでは自分できるけど、これ以上のことはもうできません!知りません!」っていう自分の境界線を、しっかり持つ必要があるってこと。

それがなかったら、それを越えられたら、自分がつぶれる。


「ミイラ取りがミイラになってどうする?」と、今日お話した方はおっしゃってました。

そのとおり。もし自分がつぶれたら、それを世話する別の人が必要になって、お荷物と化すのかもですよ。

====================
ホームレス支援を通じて知った、野宿者の生活と、自分の生活やら長唄(趣味なんだろうけど・・・もはやサークル運営の関係で簡単にやめるわけにもいかないというプレッシャーつき)とかの世界。

色々人と出会って勉強すればするほど、問題がどんどん出てきて、「この問題に取り組もう」とおもった矢先に別の問題にも気づいてしまったり。


最近の私は、揺さぶられすぎでしたなぁ。


自分の境界線、それは自分にしかわからないもので、そのことをお話してくれた方も、「自分の中の自分の境界線を、他人に伝えるのは無理」とおっしゃってました。

自分の境界線は、感覚とか経験で、自分で見つけていかねばならない。


うん、見つけていこう。これから。

もうちょっと、自分を大切に!そうだそうだ。

逆にホームレスの人にとっても、そこまでして支援されても・・・なんかねぇ・・・っていう気持ちになるんではないかな・・・。




・・・あいまいな感じで、上手く文章化できない自分がもどかしいな。



話は変わるけど、自分を保つという意味で、ものすごく一人暮らしがしたくなりました。。。


あ、今日はこの辺で。ええ、これからはブログ更新も無理しないで、ちゃんと睡眠も確保してやります!!
明日は午後からサークルの練習です。朝寝坊したいけど、部屋の予約とかしなきゃです。中間管理職はつらいです。

がんばろ、おー!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


名刺をもらった、、かなりや です、、。。
スープの会の帰りに、、新宿駅地下であった者です、、。
わたくしのほ~は、、ビッグイシュー販売者のコニタンと一緒でした、、。

もし良かったら、、
ウチのほ~も、、見に来ませんか??
http://d.hatena.ne.jp/konekoshyoji-kanariya/
ビッグイシュー関係の話題を沢山、、書いてます、、。。

ボランティアは、、背負いすぎず、、
自分にできる範囲でやるのがイイと思いますよ、、。。
他人を救うコトがライフ・ワークの方もいらっしゃいますが、、
ふつ~は、、自分の生活が、、まず大切ですし、、。
子猫商事かなりや | URL | 2009/03/19/Thu 01:02 [EDIT]
>かなりやさん

こんにちは~!メールもいただきありがとうございました!

そうですね、自分は背負ってやってないって思い込んでいましたが、知らないうちに背負い込んでました(汗)

ちなみに私がライフワークとして、社会から取り残されちゃうような人ができるだけなくなるような社会作りを、模索していきたいなと思っています☆
micchiyo | URL | 2009/03/21/Sat 21:55 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。