俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よい番組ですね
今、NHKの『日本の、これから テレビの、これから』っていう番組を見ていました。

家族で見てて、私はやることあったんで途中で引き上げちゃったんですが、どうやら私の見てない間に私が出たらしいです

以前、この番組の街頭インタビュー受けたんすよ(笑)(2月26日のブログ記事)録画してあるから後で確認します


私の見た範囲で、思ったことがあったので書きます。

番組は、テレビのこれからについて、一般市民と民放各社の製作者さんが一同に介し、意見を言い合う感じです。

①テレビ局も頑張ってるんだなぁ・・・
②市民の意見を取り入れることの利点難点色々

テレビはなくなるのか?
①テレビ局も頑張ってるんだなぁ・・・

散々今のテレビはダメって言ってきたし、現状ダメだと思うものもあるけど、

テレビ局側が頑張っている様子もちょっと放映されてました。

具体的には、民放がゴールデンタイムにニュース番組やってみたり、同じニュースでもバラエティーテイストでやってみようとしてたり。

なぜ変わっているのかといえば、テレビ製作者の情熱も勿論あるでしょうがそれ以上に、

世論の流れとして、「最近のテレビ番組はどれも同じ」「質が低い」等の意見があって、視聴率も下がっていて、テレビ局側も頑張らざるを得ないという事情があるのでしょう。


そこで気づいたのは、私達視聴者(=一般市民)が変われば、テレビも変わる、ということ。


今まで、テレビがくだらないとかって嘆くばかりでしたが、私達がくだらない番組に流されないようになれば、よい番組が淘汰され、生まれるんですね。


私達から変えられるんです。
それを再確認しました。

同様に政治だって、私達が変われば選挙結果も変わり、なんとかよい方向になるかもしれないですもん。


「テレビくだらない」と思ったら、それを周りの人に伝えることからはじめりゃいいんすね。うん、そうだそうだ。危うく「自分から変えることなんかできない」と思いがちですが、できるんですね。




②市民の意見を取り入れることの利点難点色々

一般市民側からの発言で、「もっと市民の声を伝えるような番組が欲しい」との意見が。

私も大賛成です。

でも結構難しいなぁ~って感じました。(でもこの番組は、司会の三宅さんのナイス采配で、上手く進んでいたと思います!!)


色々な意見がでておもしろいけど、まとまりや深みはなかなか出てこないし、
番組に直接市民を呼んで、議論形式ってなると、どうしても議論が拡散しちゃう。


テレビは会議ではないので、ホワイトボード使って整理、というところまで行かないし。。。
市民参加者も言いたい放題言って終わりになりがちだし。。。
時間の制約のある中で、十分に自分の主張ってできないと思うし。。。



だから、テレビで市民トークとかやるにしても、そこで得られるのは、あくまで問題提起や興味深い意見へのとっかかり。


そこは十分意識しなきゃなぁと思う。
議論だけして、やった気になってはいけない。

肝心なのはその後、自分で、周りの人とかと、一緒に考えるかどうか。


結局、最終的に求められるのは、小さいコミュニティーの中での対話だなぁと思った。



もちろん現段階で、市民の声を届ける番組なさすぎだから、もっともっとつくるべき!!

でもそれが目的なんではなくて、そういった番組を見て、ひとりひとりが考えるようになることが大切!!!


同時に、そもそも人と人との対話がもっと活発になれば、テレビ製作者だって市民なんだから、知らず知らずに番組作りに市民の意見が入るでしょう。。

例えば、
番組制作者「オレ今この問題のことこう思っていて、結構ヤバいと思うから、今度番組で取り上げようと思うんだ~」
近所のおばちゃん「その問題、私はこう思うよ~。でもね、私としてはその問題はどうでもよくて、それよかこっちの問題とりあげてほしいねぇ~」

みたいな!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんでこんなことたらたら書いたのかといえば、私の中で、地域コミュニティーの重要性を感じてそれを形成する方向で勉強したりしている反面、「メディア」の問題もすごく気になっていて、

「メディアも変えなきゃならんけど、地域社会作りも大切。でもどっちも両立できないから、しかなたないメディアはほっといて私は地域社会やろう・・・」って思っていたのですが、


実は市民社会づくりもメディアを良くすることにつながっていることに気づいて、
「なぁ~んだどっちもできるじゃん!!」
って純粋に嬉しくなっちゃっただけですえへへ。



そうだ、番組の冒頭、「あなたは、将来、お茶の間からテレビが消えると思いますか?思いませんか?」っていう質問があったのですが、皆さんはどうでしょう??
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。