俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる
思っていることを活字にすることでなにかが変わるんじゃないかと期待を込めて書いてみたり時にただの愚痴だったりするブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おしらせ/my recent upshpot
【ご報告】
先日受験した、博士課程への入試ですが、無事に合格していました。
いろいろと、日々励ましやアドバイスをいただいている皆さま、ありがとうございました!

I've safely passed the entrance exam for a Docteral programme of Meiji-postgraduate school.
Thank you for your warm messages and advices!!

進学自体どうするか、かなり悩んでいましたが、このまま今までの指導教員のところに、進学しようかなと考えています。
... 色々と考えて、この間自分なりに「実験」をしてみての、結果です。

…でもでも、まだ初年度前期分の学費を納入するまでは、予定は未定だもん!!
というのは、常に自由でいたいので、何かを確定するのがとにかく遅いんです、アタシ(笑)ふらふらした奴ですんません。

所属はどうあれ腹は決まっています。頑張ります。


I might go on straightlly and continue my research under the same academic adviser.

(Actually, I have so many wonderful "Academic advisers" inside and outside of my university!)

I look forward to studying with you guys again!
Or, when you want to come back to our university, I'm waiting for you!:)





(…にしても学費高いよなぁ。。まーた払い込まねばならんのか・・・。学費のもととる為に、色々助成とか奨学金とか、もぎとってやるんだもん!!!)



(130223)「社会的」を勉強中。。
本日、あるシンポジウムで、久々に湯浅誠さんのお話を聞いた。
その趣旨とは少しずれるが、 「社会的排除を引き起こしているのは、「私たち」なんです」とはっきりご指摘されたことに、スカッとした。

私は、「社会的排除」の「社会的」ってなんだよ!?というところに、もともと違和感があったので。


そうそう、「社会」って、つまり「私たち」のことなんですよね。
「社会的に排除されている人」は、つまり「私たちが排除している」ということ。

例えば「もっと子育て支援をすべき!」とか、「もっと政府は○○すべき!」なんて、誰もが言うけれど、
じゃあ誰がそのコストを負担するの?となった時に、「私が負担する(税金上がるなど)のは嫌だ!」となるようなこと。

つづきを表示


反省反省~(130204)
ふむーーーーー。

今日はなんだかポヤポヤとあったかくて、仕事ペースまでのんびりしてしまったーー。

反省!

今日は一日家にいて、種々たまっていた作業をしたり、大学院博士課程の入試の準備したり、あれこれと・・・
って結構やることたまってるんだけどーーー全然片付いてないやーん!!!

…ってもはやどの状態が「片付いた」状態なのかもわからん。やろうと思えばどこまででもやれる。
全体の仕事量(=対価は特にないけど、自分が仕事と思ってること!)や目標の中で、
時間設定をして、時間と体力の配分をするのです。

難しいなぁ。自分ですべやること決められて、ペースとかも決められるってのは、
縛られない分、残酷ですよ。

うまくいかなかったら、すべて自分に跳ね返りますからねぇ。


しかも大学院生、今のところ自分のスキル(=研究とか)をもちいて、何か対価を得られるわけでもなし。
見習い期間が長くて、結果がでるまでが恐ろしく長い職業を目指そうとしてるからねぇ。

そしてそんな長期戦の中で、コツコツ自分を律して、かといって無理して体を壊すことなく、やってゆくのはムズカシイ。

どうなる事やらねぇ~~それにしても今日はメリハリなかった。反省~


【ご報告】修論提出~
【ご報告】
修士論文、1月11日に無事、提出いたしました!!

提出後、博士課程出願書類準備⇒急いで投函⇒そのまま学内の研究プロジェクトの合宿へ、というところで、

ご報告遅れましてすみません。。。やはり疲れがたまっていたようで、キーボードを打つ手が震えていました(苦笑)

以前書いたかもしれませんが、テーマは「EUにおける「社会的経済」の政策的位置づけ」というもので、
EUが1980年代に政策の中に「社会的経済」という考え方及びその実体(協同組合・アソシエーションなど)を導入して、
それが片方では行き詰まり、一方で地域レベルの雇用政策と結びついた時に、けっこう発展していったあたりを書きました。
つづきを表示


ごあいさつ(130102)
あけてしまったのですね、おめでとうございます(笑)
徹夜で論文書いてて年越しましたww ちなみにまだ終わってません!w
オロナミンCが手放せない。。

新年早々、来年から年賀状復活させよーって、思いました。

実はこの6、7年?、年賀状お休みしてたんです。出す意義がわからず。
昔は習慣で出してたんですが、ある時「めんどくさい」と思ってしまったんですね。

そこで、自分の心の声に従って、なんでめんどくさく思うのか、掘り下げてみましたw

つづきを表示


『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』(121218)
こんな本出てたらほっておけないー

『ソーシャルエコノミー 和をしかける経済』
阿久津 聡 (著), 谷内 宏行 (著), 金田 育子 (著), 鷲尾 恒平 (著), 野中 郁次郎 (監修, その他)
2012年

ざっと見ただけですが、
これは要は、最近の日本の消費行動が、今まで個人の好きなものを単に買うだけーの個人消費から、
もっと誰かを巻き込んだプロセスを含めたものを求める消費に変っている、ということらしい。
例としてAKB45から初音ミクからB-1グランプリから、いくつか出てました。以下メモ的に内容をば。


●p.12 B-1グランプリのこと
「仕掛ける側も仕掛けられた側も「和となって参加する」という構造。
…つまり出展者も参加者も、一体感があり、お祭りみたい。
従来の消費者・生産者が市場で単に交換を行うという、無機質な関係性以上のものがある、という感じ。


●p.54 「欲望のカタチのパラダイムシフト」が起きているとのこと。
欲望の形として、
①「育て愛」・・・「未完成なものを、より完成なものにするプロセスを味わいたい」(p.53) 
(例:AKBとかだっけ?応援しながら、消費する。バーチャル上のキャラクターを育てるゲームもはいるのかな。)

②「連帯愛」・・・「好きな人同士が好きな人同士で、「共に創造・育成・消費することで得られる一体感」を味わいたいと願う欲望のカタチ」
(例:忘れましたが、同好会的なので集まってイベントやって飲む、一連の消費、たしか。)


●口絵カラーの解説
「いきなりの消費より和の共創費を狙う」
…ようは、上記に述べたように、いろんな人とつながりながらのプロセスも含めた消費を最近の人はもとめてるし、
これからビジネスやるひとは狙い目だということ。
つづきを表示

TrackBack0 Comment0 page top


ねむい。。
あ。ごめんなさい、感情のままのタイトル(笑)

ずいぶん更新していませんでしたねぇ。修論追い込み時期です!!

いや、そのはずが、イギリス行ったりフランスからあこがれの研究者来日でわきゃわきゃしてたり、わけわかんない感じです!(笑)


修論は、「EUにおける「社会的経済」の位置づけ」という感じのテーマです。
もはやタイトすら微妙に決まっていない笑

うーん、「EUにおける「社会的経済」概念の受容と政策展開~1970年代から90年代を中心に~」とかかな、かっこよくすると。


フランス発の「社会的経済」という概念が、EUでどのようにして/どのような意味で使用されるようになったのか、
そしてそれは、EU全体の政策が変遷してゆく中で、どのように変わっていったのか・・・ということを、調べてます。


でもまず、EUの基礎知識で時間かかりすぎた。
そしてEU発行の資料を、ほしいものを適切に見つけられるようになるまでが、長かった。。。(っていうか今もまだよくわかってない。。。)

正直、資料とか全然足りてないし。

今来ている、某フランス人の研究者さまにいろいろ相談したら、

なんか「難しそうなテーマで選んじゃったね」って感じで、同情されたし!(笑)


なんでも、EUにおける「社会的経済」は、かなりいくつかの団体からのロビー活動に影響を受けるみたいで、
政治的力関係によって、出たり引っ込んだりしているのだそうです。

私が調べた限りでもそんな印象で、普通にある政策の変遷を追うだけでも大変。



欧州委員会で採択されたと思ったのに、なんか全然実行している気配がないな――と思ってネチネチ調べると、
閣僚理事会で反対されていつの間にか消えてたり。

また「採択」された事項については、資料はあるんだけど、
廃案になったりしたものは資料がでてこないんだよねーーーー><


むう~~。

なんか、もっと別のこと勉強するつもりできたけど、EU資料(←じっと読むの苦痛)に埋もれて終わりそうやわぁ。。。
まぁこれはこれで、見えることもあるし、修行だと思って選んだテーマでもあるけど。。
もうちょっと後に続く理論的基盤になるような本も、ガッチリ読みたいんだけど、全然手が回ってない!


ま~、そのフランス人研究者が同情(?)してくれて、いろいろ資料教えてくれたり、
なんかEUにかかわってた要人紹介してやるからメールでインタビューしなよって言ってくれたり、チャンスはありそうです。

でも急展開過ぎてあんまりついてゆけてない!(笑)



ってもうあと一か月ちょっとだしなーーーーーーまあやれるだけがんばりましょ。





ゆっくり歩く。(121017)
やっと風邪なおってきた。。一週間。長引いてますな。
修論やその他もろもろ、1ミリも進んでおらず、やばい。
しかしまったくもってやる気も出ず。この1週間、超寝てました。起きて、何かしてみようかと思っても、すぐだるくなるので、そうなったら無理せず、横になってました。超幸せやった…。

めまいも結構して(月曜は用事があったので頑張って大学行ったら、歩くだけでめまいがして、歩行困難を感じた…)、以前からの症状もあるし、その他体調面で心配ごともあるし、もう体の事・頑張り方をしっかり見直さないとなーーという感じ。

あ、病院も、ちゃんと行きますよ。風邪の症状落ち着いたので、行きます。

とりあえず気になっていた自律神経について、夕方本屋さんに行って立ち読みして(←買わない(笑))、
そんで書いてあった、「ゆっくり歩く」ことから意識しようと。
つづきを表示




Copyright © 俗なことは嫌いと俗っぽく言ってみる. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。